ETF 投資

海外ETF VYMから楽天全米株式インデックスファンド(楽天VTI)に乗り換え!

投稿日:

eMAXIS Slim新興国株式登場を受けて、長らく手動積み立て投資を行ってきた新興国株式ETF(VWO)への積み立てを止めたことは以前お伝えしました。

その後、噂の楽天バンガードシリーズに楽天米国高配当インデックス(楽天VYM)が新規設定される事が明らかになり、今度はVYMからの乗り換えを検討する段階に入りましたがその結論が出たので報告します。

 SPONSORED LINK

VYMから楽天VTIへの積み立てに移行。

間違いではありません。米国高配当株式ETF(VYM)への手動積み立てを止め、楽天全米株式インデックスファンド(楽天VTI)への自動毎日積み立てに移行しました。

これまでの積み立て資産配分は、

このようになっており、このVYMの部分をどうしようか。というのが今回のお話です。

 

ETFへの手動積み立て投資は手数料の関係から毎月という訳にはいかず、現状の積み立て額を考えると最低でも4ヶ月分の積み立て額を一括買付けする必要が生じていました。また、投資を自動化できないデメリットは常々感じており、新興国株式クラスへの積み立てを海外ETFをであるVWOからeMAXIS Slim新興国株式への自動毎日積み立て投資に変更した折に、

やっぱり自動はラク〜!!!

とその利便性を痛感したものでした。

投資の継続性を考えると手間や煩わしさを如何に排除するかは重要なポイントであり、意識せずとも自動的に資金が投入できる投資信託への投資はある意味理想です。

コストや中身に圧倒的差があるのならともかく、現在のインデックスファンドは極めて低コストになってきており、楽天バンガードシリーズのように中身はETFと全く一緒。という商品まで登場しています。コスト差が許容出来る範囲ならば、インデックスファンドを用いた方が圧倒的に投資がラクです。

その観点から、以前楽天VYMが出た際に本家ETFであるVYMから乗り換えるべきか検討しました。

恐らく配当を出さないであろう楽天VYMに投資するならば楽天VTIに投資した方が理にかなっており、キャピタルゲインを重視するのかインカムゲインを重視するのか。自分の投資スタイルを改て再考するきっかけになりました。

結論は、インカムゲインを重視するにはまだ早い。という事。

本家VYMに投資していたのはインカムゲイン投資を体感する意味合いも強く、もちろん追々インカムゲインを主軸に据えた投資に移行するのは間違い無いとしても、まだまだキャピタルゲインを狙って投資をすべき年齢であると判断。

結果、今回の乗り換えに至りました。

楽天VTIを毎日積立投資

とは言え、今まで積立てきた本家VYMはそのまま保有。いずれ時が来たら楽天VTIからリレーしてもいいですし、新規の資金投入は無いにせよじっくり育っていけば良いと考えます。

 

楽天VTIへはSBI証券にて自動毎日積立投資を実行。パフォーマンス的には月一回の積み立てよりも僅かに毎日積み立ての方が良くなる傾向にある様ですが、それよりも毎月積み立ての精神安定効果の方が高い。

下落局面でも余すこと無く買っていける安心感。これに尽きます。

今回の乗り換えによって、残る海外ETF積み立て銘柄は米国情報技術セクターETF(VGT)のみ。楽天VGTが出たら迷わず乗り換えますが、この実現性はいかに。

 

新興国株式の積み立てを海外ETFからeMAXIS Slimに切り替えた話はこちら↓

新興国株式の積み立ては海外ETFじゃなくeMAXIS Slimに任せる。

 

VYMから楽天VYMへの乗り換え検討記事はこちら↓

楽天米国高配当株式(楽天VYM)が登場。本家ETFから早速乗り換えるべき??

 SPONSORED LINK



関連記事

コアサテライト戦略 投資 資産配分・ポートフォリオ

コアサテライト戦略がしたいんです。

積立インデックス投資をスタートして9ヶ月。 順調に(ちょっとずつですが・・)資産も増えて来ている今日この頃です。チビチビ増えている含み益を眺めていると「あぁ始めて良かったなぁ」なんて思いますね〜   保有しているファンドは当然イン ...

投資 毎月家計簿

2015年の年間家計と積立投資額予定。目標貯蓄率は44%!

既に2015年は残り11ヶ月となりましたが、遅ればせながらひとり暮らし家計簿2015年の年間計画を公開したいと思います。 ってそんな大それたもんじゃないんですけどねっ   ひとまず2014年の家計簿実績シートをまるまるコピーして使 ...

投資 資産配分・ポートフォリオ

資産配分がわからないので、8資産分散投資に変更します。

上記のように資産配分を変更します。  

投資

「毎日」積立投資の精神安定効果はバツグン。積立額を2倍に増額しました。

SBI証券では2017年9月頃から既存の毎月積立設定に加えて、 毎週積立 毎日積立 複数日積立 隔月積立 の4つの積み立て方法が新たに追加されました。 月一回の積み立て以外に、毎週決まった曜日に積み立てたり、日付を指定したり、隔月にしたり、 ...

投資

ほったらかし投資の本領発揮中。

前回の記事に書いたようにわたくしモッティーは転職活動の真っ最中であります。 実は昨日も片道100km程の距離をひとり、車を走らせて面接を受けてきた所であります。   「転職をしよう!」と決めてからは、あれこれと調べものをしたり履歴 ...

ETF

手動積立開始!SBI証券での海外ETF買付け手順をまとめ。

ついに僕の投資歴史上初の海外ETFへの手動積立投資が開始しました! ドキドキわくわくの初買付け。   その手順をまとめておきたいと思います。

ETF

海外ETFおすすめバンガードのリターン・コスト・配当利回りランキング!

VTやらVGTやらVYMやらVOOやらと、先進国株式クラスで買い付けるべきETFを模索中のわたくしモッティ。 今まではVT一本で済ませていた訳ですが、「VOOかVTIでいいんじゃないか」「いやVGTとかVYMも面白いぞ」とバンガードのETF ...

ETF 投資

新興国株式の積み立ては海外ETFじゃなくeMAXIS Slimに任せる。

つみたてNISAのスタートに合わせて、各インデックスファンドが軒並み信託報酬を引き下げる展開が続いています。 まずは先進国株式や日本株式クラスにおいて低コスト化が進み、米国株式や新興国株式のコスト低下はまだまだ時間が掛かると踏んでいましたが ...

国民年金 投資

年金受取見込み額、861600円という結果に。

前回、老後の生活にいくら必要なのか試算してみる。 で、自分の場合老後にいくら必要なのかを試算し、途方に暮れた訳ですけども。 「あ、年金もらえるじゃん!」 という事に気付きました。 笑 うっかり。

-ETF, 投資

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2018 All Rights Reserved.