国民年金

国民年金、追納・後納した場合の受取見込み額。

更新日:



前回、
年金受取見込み額、861600円という結果に。にて。

「年金ネット」で将来の年金見込み額試算を行いましたが、
この時の試算は

  • 追納・後納は一切せず

というのを条件のひとつとして試算していました。

SPONSORED LINK

追納・後納全て行った場合を試算

現在の自分の追納・後納可能月数は
追納可能、18ヶ月
後納可能、3ヶ月
合計21ヶ月。金額は308950円です。

追納制度と後納制度の違い

後納制度

  • 平成24年10月1日から平成27年9月30日までの間に限り、過去10年以内の「未納」分を支払える制度。

追納制度

  • 過去10年以内の「免除期間」分を支払える制度。

後納制度は現在は特別に過去10年の未納分まで遡って納付出来るけども、
27年10月からは今まで通り過去2年まで。
ということになるみたいですね。

追納制度に関しては特に期限なく、過去10年間の保険料免除されていた分を遡って支払えると言うことですね。

学生納付特例制度にて保険料支払いをしていなかった内の
9ヶ月分は既に追納期限が終了し追納不可になっています。

あとの9ヶ月はまだ追納可能。
といっても先々月追納した分、 は10年前の9月分まで。

つまり今年の10月からひと月過ぎるごとに、10年前の追納可能月が減っていくということになります。

それまでに追納することが出来たらいいのですがね。。
んー厳しいなぁ。。。

後納可能な3ヶ月分も来年27年の9月末までに後納しなければ、
後納不可となってしまいます。

21ヶ月分を全て追納・後納した場合

将来の年金額がどうなるか試算しました。
結果は、
blog_import_5368fbd4e858c

このようになりました。

追納・後納しない場合が
月額 71799円でしたので、差額約3000円といった所でしょうか。

3000円×12ヶ月=36,000円

10年で36万円。30年で108万円、年金が増えるんですね。

追納・後納可能額、
約31万円ですから 約8.5年間の年金受取で元は取れるわけですね。

大きな額ではないけど、じわじわ効いてきそうな額ですね。。
う~む。。

 SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

資産形成・投資を始めたい、始めなきゃいけないのは分かるんだけど、一体何から始めればいいかわからない。 そんな悩みにお答えして、全く何も手を付けていないゼロ状態からのスタートを順を追って解説したいと思います。 「正解は無い」と言われる資産形成 ...

2

確定拠出年金は公的な年金と私的な年金のちょうど中間にあるような国の制度で、節税メリットも非課税メリットもあるとってもオトクな制度。 非正規雇用が個人型確定拠出年金(iDeCo)をやるべき3つの理由!https://www.money-mot ...

3

目次1 年末調整とは?その役割と仕組み1.1 所得税の確定1.2 住民税の確定2 年末調整で還付金はいつ、いくら戻って来るか計算。2.1 還付金があるのはどんな場合?2.2 逆に追加徴収金が発生する場合2.2.1 扶養家族が減った2.2.2 ...

4

車、買っちゃった。 分不相応?俺は300万円のBMWを買ってもいいのか?? 散々悩んだ末、なかば勢いも手伝って購入の手続きを行っちゃいました!   分不相応かどうかんなんて関係ない。今乗りたい車に乗る。ただそれだけだ!

5

ジェイリバイブというファンドがあります。日本株式中小割安銘柄に投資するアクティブファンドですが、これがなかなか素晴らしいパフォーマンスを叩き出す割に注目度が低いと言うか市民権を得ていないと言うか・・。 もう少し各方面で取り上げられても良いの ...

-国民年金
-

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2018 All Rights Reserved.