もっとお金の話がしたい

30代の資産形成、投資、家計管理をお届けするブログ

pc

Excelツール 資産配分・ポートフォリオ

ノーセルリバランス時の必要最低投資額も計算できるExcelツール公開!

投稿日:

PAK88_iroenpintuyoko500

久しぶりのエクセルツールを作りました。

今回はリバランスの際に便利な計算シート。

資産を売却しないノーセルリバランスにも対応してます。

面倒なリバランス計算に

「リバランスは12月に行うのがベスト」という説があったり、

今年度のNISA非課税枠の利用期限が迫っていたり。

ワタクシ事ですが、積立投資の開始からほぼ1年経とうとしていたり。

 

  そんなこんなで僕も12月中にリバランスをしようと思いまして。(ちなみに初めて)  

色々計算をしなくてはいけなくなりそうなので、、エクセルツールを作成してみました。  

 

このエクセルツールで出来ることは・・・↓

通常の売買リバランス計算

リバランスと言えば、

目標の資産配分比率をオーバーした資産クラスをオーバした分売却して、ショートした資産クラスをショートした分買い付ける。

というのが一般的ですね。

 

僕自身の数値を入力したキャプチャがこちら↓ スクリーンショット 2014-12-21 0.14.44

やることは、、、

  1. 一番左の「目標比率」欄に各資産の配分比率を入力します。
  2. 真ん中の「現在の評価額」欄に現時点での各資産クラスの評価額を入力。

以上!

 

そうすると一番右の「リバランス額」に各クラスの売買金額が表示されます。

緑字(プラス表示)が購入するべき額、赤字(マイナス表示)が減らさなくてはいけない額、つまり売却額です。

ノーセルリバランス計算(必要最低額)

次に資産を売却せずにリバランスする「ノーセルリバランス」計算です。

こちらがキャプチャ↓ スクリーンショット 2014-12-21 0.23.46

売買リバランスと同じく、目標比率と現在の評価額を入力すると、、 ノーセルリバランスを完了するための必要最低額が表示されます。

必要最小限の資金でノーセルリバランスを行いたい方はこの金額(僕の場合¥225,308)を用意して緑字で表示されてる金額で各資産クラスに振り分けて購入すればオッケーです。

簡単でしょ!

ノーセルリバランス(任意の金額で)

次に必要最低額を上回る資金を投入してリバランス&スポット買付けもやっちゃいたい方向け。

例えば僕の場合、今年のNISA非課税枠が随分余ってたので、必要最低額を少々上回る資金を投じてリバランスしつつ更にスポット購入もする予定。

キャプチャ↓

スクリーンショット 2014-12-21 0.32.15

左の赤マスに投資したい額を入力すると、その金額でのノーセルリバランス購入額が表示されます。

 

リバランスと同時に買い増したい方は利用してみて下さい。

ダウンロードはこちらから

以上、割りとシンプルな作りなので簡単に使えるかと思います。

ご意見・質問等ありましたら何なりと。

そして今回はいつものWindows用Excel版に加え、MAC用Numbers版もダウンロード可能です。 MAC御用達の方は是非Numbers版をどうぞ。

いずれもGoogleドライブ上にあります。

※MAC版はGoogleドライブ上でプレビュー出来ませんが気にせずダウンロードを。

 

ではでは、リバランス頑張りましょう〜

pc

SPONSORED LINK

関連コンテンツ

関連記事

投資 資産配分・ポートフォリオ

資産配分がわからないので、8資産分散投資に変更します。

上記のように資産配分を変更します。  

Excelツール 家計 毎月家計簿

家計簿エクセルツールを公開。(ダウンロード可)

当ブログでも毎月公開している僕の家計簿。 そのエクセルツールを公開して欲しいという有り難き声を最近ちょいちょい頂くので早速公開したいと思います。

資産配分・ポートフォリオ

債券クラスはゼロに。積立リスク資産は株式とREITのみの資産配分へ。

投資内容をブログで公開している人の中にはしっかりと「投資方針書」とか、「資産運用規則」なるものを書いてそのルールに則った運用をされている人がいます。 かく言うわ ...

Excelツール 資産配分・ポートフォリオ

アセットアロケーション(資産配分)ツールをExcelで作りました。※DL可

投資信託を用いた資産運用において自分の資産配分(アセットアロケーション)を決める事は非常に大事なプロセスとされています。 そして自分好みの資産配分が完成→ファン ...

守りについて 資産 資産配分・ポートフォリオ

マイ資産配分が債券比20%でハイリスクな理由。無リスク資産も含めた考え。

先日コメント欄より以下の様な質問がありました。 アセットアロケーションを見せて貰ったのですが、ずいぶん株式が多いという印象です。 REITもそれなりの比率で入っ ...

-Excelツール, 資産配分・ポートフォリオ

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2017 All Rights Reserved.