もっとお金の話がしたい

30代の資産形成、投資、家計管理をお届けするブログ

Excelツール 投資

今年も100万円分のノーセルリバランスを実施。※エクセルツールあります。

更新日:

-shared-img-thumb-ELFA_IMG_1512_TP_V

毎年12月、1月あたりでリバランスを実施しています。

 

前回はNISA枠消化も狙って2014年12月に実施しました。

2015年のNISA枠はすでに消化していたので、今回は2016年のNISA非課税枠を使ってリバランス実行したいと考えています。

 SPONSORED LINK

便利なエクセルツールを使います。

いくらほったらかし投資とは言え、年に1回くらいは資産の状況をチェックし目標とする配分と乖離していないか点検する必要があります。

これがリバランス。

 

現在の実績資産配分と目標資産配分を照らしあわせて、目標よりオーバーしたものは売り、足りないものは買う。

通常はこんな感じで売買しながらリバランスを行います。

 

NISAの非課税枠内であれば当然売却益課税もなく非課税で行えるのですが、なんとなく資産の売却に抵抗があったりする場合は、売却をしないリバランス=ノーセルリバランスを選ぶことも出来ます。

 

わたくしモッティ自身もなんとなく資産の売却には抵抗があるもので、前回もノーセルでリバランスを実行しました。

今回も迷わずノーセルリバランス。

折しもちょうど市場が下落気味ですし、ちょうど良いスポット購入にもなりそうです。

ノーセルリバランスツールあります。

とは言っても各資産クラス、いったいいくらずつ買い増せばいいのか計算がややこしい。面倒くさい。

 

そんな時のために去年作ったエクセルツールがあります。

今回もバッチリ活用してノーセルリバランス額を計算します。

目標資産配分

まずは目標とする資産配分をおさらい。

本エクセルツールにその比率を入力します。

 

僕の場合はこちら↓

スクリーンショット 2016-01-14 12.36.24

現在の評価額

次に現在の評価額を入力・まとめ。

こんな感じになりました↓

スクリーンショット 2016-01-14 12.43.04

だいぶガタガタですね。

ひふみプラスの頑張りにより、日本株式クラスが大きくアウトパフォームしています。有り難い事ですが少々修正が必要ですね。

ノーセルリバランス最低額

本エクセルツールではもちろん通常の売買リバランス額ぼ算出できますが、今回はノーセルリバランスに焦点。

 

乖離を直すためにノーセルリバランスを実行すると、最低いくら資金が必要か。という計算が出来ます。

スクリーンショット 2016-01-14 12.44.51

こちら。

今回の僕の場合ですと、、計¥753,117が必要最低投資額。

この金額がでノーセルリバランスを完了することが出来ます。

中々の金額ですね。

任意の金額での購入額

そしておまけの機能として、「任意の金額でのノーセルリバランス」。

例えば100万円をノーセルリバランスも兼ねて追加投資したい場合に、その配分が計算出来ます↓

スクリーンショット 2016-01-14 12.49.50

このような結果になりました。

以上、リバランスツールはこちらのページよりDL可能です↓

 

この計算を踏まえて今回のノーセルリバランスは追加投資を兼ねて100万円を新規に投資予定です。

上記、試算結果を元に各資産クラスにスポット購入をしていきます。

 

具体的には住信SBIネット銀行「外貨両替キャンペーン」と合わせて1月下旬に実行予定です。

 SPONSORED LINK



関連記事

投資

63歳母のヘソクリ運用にeMAXIS Slimバランス8資産均等型を勧める。

昨年末に実家に帰省した折、私モッティが投資する米国個別株エヌビディア(NVDA)のイベントの話になり、そこから母と資産運用や投資活動の話になりました。   以前にもお伝えした通り、投資というものに元々興味が強い家系なのか、うっかり ...

ETF 投資

三井住友DCとニッセイ「購入・換金手数料なし」シリーズの攻防。いよいよ海外ETFいらなくなる!?

事件です。 低コストインデックスファンドの雄、ニッセイアセットマネジメントの「購入・換金手数料なしシリーズ」が三井住友DCインデックスファンドシリーズとガチで張り合うつもりらしいです。 これはこれは。。。有り難い限りですね。

投資

何も考えてなかった25歳の自分にも声を大にして言ってあげたい。

もしも25歳だった自分に会うことが出来たなら。   以前、自分が100歳まで生きてしまった場合の年金意外の必要額と、その金額を用意するための毎月積立額を試算しました。 参考:複利のパワーで毎月の積立額を試算したら、老後の生活にだい ...

個別株投資 投資

今更ながらAmazonへの個別株投資を開始。120万円分ほど買付けしました。

今更も今更ですが米国NASDAQに上場しているAmazon(AMZN)への個別株投資を開始しました。 2018年2月現在1,450ドルという株価を付けている物流・ECの巨人Amazon。 インデックス投資活動を始めるかなり前からそのサービス ...

投資

超簡単お金の運用法2015年版が発表されたぞ!(その1)

山崎元氏の著書に「全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)」という大変良い本があります。 この本はいきなり冒頭から本の要点となる核心部分を列挙していたりと、中々おもしろい構成だったりします。   元々、山崎氏自体が知識や見識を ...

ファンドあれこれ 投資

国内債券ファンドの積立をニッセイ「購入・換金手数料無料」シリーズに乗り換え!

2015年11月の大ニュースといえば、、、 間違いなくこれでしょう。 「ニッセイ、購入・換金手数料無料シリーズ3ファンドのコスト低下!」 既に多くの方が記事にしておられますね〜 ニッセイ外国株式インデックスファンド等3ファンドが信託報酬を大 ...

投資 確定拠出年金

確定拠出年金、今月の掛金67000円を拠出しました。正直しんどい。。

先月、 確定拠出年金、初の掛け金拠出しました!に引き続き、今月も掛金を拠出しました。

ETF 投資

楽天米国高配当株式(楽天VYM)が登場。本家ETFから早速乗り換えるべき??

2018年1月10日付けで、楽天バンガードシリーズに新たなファンドが加わります。 その名も「楽天・米国高配当株式インデックスファンド」 はい、バンガードの米国高配当株式ETF(VYM)に投資するファンドです。   全米株のVTI、 ...

NISA 投資

2018年はつみたてNISAではなく現行NISAを継続します。

つみたてNISAか現行NISAか。 どうしよう。。移行か?継続か? なんて悶々としている内に年が明け、気づけば2018年がスタートしていました。   結論から言うと、、 2018年も現行NISAを継続します。

-Excelツール, 投資
-

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2018 All Rights Reserved.