もっとお金の話がしたい

30代の資産形成、投資、家計管理をお届けするブログ

ETF

iシェアーズ 米国優先株式 ETF「PFF」はいずれ投資したい魅惑的な毎月配当ETF。

投稿日:

PFFという海外ETFがあります。

正式名称を「iシェアーズ 米国優先株式 ETF」と言い、米国の優先株式に投資するETFです。

 

特徴は何と言っても高い配当利回り。最新の配当利回りは税引前でなんと5.67%(!)

ここに30%課税され、確定申告で外国課税分を取り戻し実質20%の課税とすると税引き後でも約4.5%もの配当利回りを得られることになります。しかも毎月配当です。

1,000万円を運用した場合年間の実質配当が45万円、月あたり3.75万円。

2,000万円運用ならば年間90万円、月あたり7.5万円の配当です。魅惑的です。

 

米国優先株ETF「PFF」、果たして現段階で投資するべき商品なのでしょうか。

 SPONSORED LINK

iシェアーズ 米国優先株式 ETF「PFF」は毎月分配ETF

優先株式とは?

PFFで投資できる「優先株式」とは一体なんなのでしょうか?

PFFの商品紹介資料によると・・・

優先株とは、株式と債券の中間に位置する有価証券。主な特徴としては、証券を発行する企業が倒産した際の法的弁済順位が普通社債よりは下位であるため、一般に普通社債よりも高い利回りが期待される点、および議決権を持たないため普通株式よりは法的弁済順位が上位である点が挙げられます。

だそうです。議決権が無く経営への参画は出来ない代わりに、一般的な株式よりは企業が倒産した際の法的弁済順位が高い。しかし社債よりは下位に位置するのでその代わり利回りが高い。なるほど、それで「株式と債券の中間」と言われるんですね。

こんなイメージのようです↑

 

iシェアーズ 米国優先株式 ETF「PFF」

その「優先株式」にまとめて投資出来るのがiシェアーズ 米国優先株式 ETF「PFF」です。

基本情報

  • 純資産額  約170億ドル
  • 経費率   0.47%
  • 組入銘柄数 296

純資産規模は充分ですが、経費率0.47%は低コストな良品が多い海外ETF市場においてはかなり高い部類です。バンガードの米国株ETFならば0.05%〜0.17%そこらでS&P500に連動するETF(VOO)や高配当株ETF(VYM)などインデックスファンドとは比べ物にならない低コストのETFが列挙されています。

優先株式という特殊性と、それに投資できるETFは他に無いことから経費率は少々高めです。近頃のインデックスファンドよりも高めです。

国別構成比率

  1. 米国 87.2%
  2. 英国 8.7%
  3. オランダ 3.5%
  4. その他 0.7%

「米国優先株式」となっていますが、国別構成比率を見てみると実は英国とオランダにも投資されています。

組み入れ上位銘柄

組み入れ上位銘柄はご覧のようにほぼ金融系銘柄で占められており、

業種別投資内訳を見ても、

  1. 銀行業  40.64%
  2. 各種金融 19.61%
  3. 不動産  10.69%
  4. 保険業  9.18%

と言うように、金融・不動産系銘柄が全体の80%ほどを占めています。

よって「株式と債券の中間」としながらも「〇〇ショック」のような株価暴落局面では株式並に下落する傾向にあるようですし、業種の偏りがかなりあるETFです。

試しにリーマンショック期を含めた値動きをチェックしてみると・・

がPFF、がS&P500インデックスです。赤矢印で示したリーマンショック時を見てみるとガッチリ下げていますね。むしろS&P500より下げています。やはり金融銘柄が多く含まれるだけにその下げ幅はかなりのものですね。その後の値動きはご覧の通り。株式と債券の中間、というよりほぼ債券のように値動きがありません。

配当利回り

こちらも商品紹介資料にあった配当利回り推移を参照すると、過去5年間での利回り水準は低下傾向にあります。それでも現時点で税引前5.67%の配当利回り。

にしても、利回り8%に達していた頃もあったんですね。凄まじい。

PFFの活用法。

上記の通り、ETF自体の価額にほとんど動きは無いので、値上がり益=キャピタルゲインは期待できないETFです。

5年トータルリターンは年率換算で6.29%ですがそのほとんどがキャピタルゲインではなく、配当によるインカムゲインです。S&P500に連動するバンガードのVOOは5年トータルリターンが年率換算14.59%もありますから、その差は歴然。しかも配当からは税金も引かれるので実際のリターンは更に劣後します。

よって、「時間」を武器に資産を増殖させていく長期投資に用いるべきETFではありません。資産を「形成」するETFと言うより、資産を保全&取崩する段階で候補のひとつとして検討してみてもイイかもしれません。しかし、それも今後の政策金利が上昇に転じれば債券よろしく価額は低下するでしょうし(その代わり利回りは上がる)、そうなると資産自体の保全という目的は微妙になってきます。

私モッティは現在34歳ですが、ひとまず60歳を区切りとしても運用期間はまだ26年ほどあります。超長期投資と言っても過言ではない期間です。給与所得以外の収入源として「配当所得を得る」ことも目標のひとつなので、「毎月分配ETF」はことさら魅惑的に感じます。ですが、よくよく検討してみるとトータルリターンもかなり低く、自ずと「今の段階での利用は適切で無い」という結論に達します。

40代後半以降、そろそろ出口も考える段階で活用するくらいが吉かもしれません。それまではVYM等、インカムゲインもキャピタルゲインも両方狙えるETFをコツコツ積立るほうがベター。

 SPONSORED LINK



関連記事

ETF

手動積立開始!SBI証券での海外ETF買付け手順をまとめ。

ついに僕の投資歴史上初の海外ETFへの手動積立投資が開始しました! ドキドキわくわくの初買付け。   その手順をまとめておきたいと思います。

ETF

海外ETFおすすめバンガードのリターン・コスト・配当利回りランキング!

VTやらVGTやらVYMやらVOOやらと、先進国株式クラスで買い付けるべきETFを模索中のわたくしモッティ。 今まではVT一本で済ませていた訳ですが、「VOOかVTIでいいんじゃないか」「いやVGTとかVYMも面白いぞ」とバンガードのETF ...

ETF

VT、VWO、VGT、VYM!保有するバンガード海外ETFからの分配金を集計。

現在4つの海外ETFを保有しています。 いずれも米国バンガードのETFで、 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT) バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF (VWO) バンガード・米国情報技術セクターETF(V ...

ETF ファンドあれこれ

バンガードVTとニッセイ外国株式インデックスファンド。トータルで見ると実際どっちが低コストなの?

気になる気になる。 気になりだしたら止まらない。。   米国ETFへの手動積立投資を始めて早3ヶ月。   やっぱ手動はめんどくさいな〜 インデックスファンドの利便性高いなぁ〜   なんて思いつつ。でも低コストだ ...

ETF

いよいよ海外ETFへの積立投資にチャレンジします!手動ですが・・

インデックスファンドを用いた積立投資を始めて早1年ちょい。 様々な情報に触れる内、徐々にETFを使った長期投資にも興味を持ち始めていましたモッティーです。   ETF。特に海外ETF。特に特に米国ETF。 更に言うとバンガードのE ...

ETF

海外ETF手動積立投資。バンガードVWOを2ヶ月分購入完了。

先ほど海外ETF手動積立を実行しました。   ちょうど1年前にスタートした海外ETF積立投資。 現状、自動で積立てる術は無いので泣く泣く手動で積立を実行中。   当初は毎月手動買付け ↓ 面倒くさくなって3ヶ月に1度買付 ...

ETF NISA

NISA口座のファンドを初売却!バンガードETFにリレー投資しました。

初めての売却! 気が向いた時にアップしている保有ファンドの月末パフォーマンス記事。   4月から海外ETF、米国バンガードのVT&VWOへの積立もスタートしたことで5月末時点での保有ファンドは計18ファンドにもなりました(!) & ...

ETF 投資

米国セクターETFと高配当ETF。気になるVGTとVYM。

こんにちは。 以前、「VTに投資するよりアメリカ株ETFであるVTIやVOOに投資した方が良いのではないか」という主旨の記事を書いたのですが、 今回もその続報です。   先進国株式クラスとしてバンガード®・トータル・ワールド・スト ...

ETF 投資

三井住友DCとニッセイ「購入・換金手数料なし」シリーズの攻防。いよいよ海外ETFいらなくなる!?

事件です。 低コストインデックスファンドの雄、ニッセイアセットマネジメントの「購入・換金手数料なしシリーズ」が三井住友DCインデックスファンドシリーズとガチで張り合うつもりらしいです。 これはこれは。。。有り難い限りですね。

-ETF

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2018 All Rights Reserved.