もっとお金の話がしたい

30代の資産形成、投資、家計管理をお届けするブログ

投資

初めての下落相場体験。正直ワクワクしたので迷わずスポット購入!

投稿日:

お疲れ様です、モッティーです。

 

8月は随分とブログお休みしちゃいましたが超繁忙期も一段落ということでぼちぼち再開でございます。

 

仕事に集中していてテレビもTwitterもろくに見ない日々が続いていましたが、

それでも耳に入ってきた世界同時株安のニュース。

 

長期積立ほったらかし投資実行中の身ですが、さすがに何かアクションを起こしたくなっちゃって追加積立投資を実行!

 SPONSORED LINK

初めての下落相場にワクワク

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK88_tumikasanattakinkai-thumb-1000xauto-16224

2014年1月から始めた積立投資。

周知の通りここまでの1年8ヶ月はあげあげの上昇相場が続いていました。

 

投資を始めてこのかた上昇相場しか経験していなかったんですよね〜

そして今回のプチ下落。

 

保有する各ファンドのほとんどが(ひふみプラスはそれでもプラスだった)含み損を抱えた状態は人生初の体験です。

そこで自分自身の気持ちがどう振幅するのか。

今までは常に含み益を抱えていた各ファンド達が含み損を抱える状態になったところで、どう思うのか。

これはいいリトマス試験紙になりますね。

そこで狼狽してソワソワ夜も眠れなくなるようならば、そもそもの資産配分が自分とフィットしていないということに。

そこでも変わらず淡々と投資や普段の生活を続けられるのならば、現在の資産配分や投資額は自分自身の身の丈と合っていてよくフィットしている。ということになりますね。

 

さあどうなったかと言うと・・・

下がってる方が嬉しい。

実はバンガードETFの手動積立投資を毎月から3ヶ月に1回に変更したタイミングで、毎月末の資産状況チェックも止めていました。

6月末までは月末に各保有ファンドのパフォーマンスチェック&資産配分チェックをしていたんですが、リバランスは年1回12月にやる予定だしパフォーマンスや損益額を毎月把握したところで大した意味はないかな。と思ったのがその理由です。

ブログのネタにはなるし、グラフなんかを作成して個人的には面白かったんですが、長期積立ほったらかし投資の本筋には大した意味を持たないですよね。

それに今はコツコツと未来に向けて積立を実行する段階。

ファンドを売却する予定も無いわけだし、ならば毎月パフォーマンスチェックして意味無く心を揺さぶる必要も無いですよね。

 

てな訳でつい最近になって「日経平均が・・ダウが・・」「世界同時株安だ!」というツイートを散見しだすまで、各保有ファンドの資産状況には一切関知しておりませんでした。

 

で、久々に口座にログインして状況をチェックしてみると・・

おおぉ!下がってる下がってる!(・∀・)

 

 

なんでしょう、今までずっと高値で買い続けていた印象があったんですよね。

だから資産状況がマイナスに転じるくらい値が下がっている状態で買い続けたいと思っていたんですよね。

あわよくばリーマンショック級の大暴落、大バーゲンセール期間に数年突入してもらって、その間に粛々とがっちり積立投資をしたい。そんな風にいつも思ってまして、、

だって「資産を使う」期間じゃなくて、「資産をつくる」期間ですから。。

できる限り安い値段で買い付けられた方がいいに決まってるんです。

なので今回のプチ暴落を受けて自分の中で沸きあがった感情は

「買わねばっ!」というものでした。

お客様感謝デーだっ!

そんなこんなで突如始まったバーゲンセール。

結果的にはわりと短期間で終わってしまい、下げ具合もさほど激しくなかったのでバーゲンセールというか「お客様感謝デー5%オフ」位のものになった感じでしたね。。

まあでもここ最近では大きめの下げだったみたいなので追加投資を実行しておきました。

具体的には普段の積立額と同額、同資産配分で買い付け。

今月は積立投資を2回行ったイメージでしょうかね。

 

ちなみに現状の毎月積立額はこんな感じです↓

スクリーンショット 2015-09-01 8.38.30

ただ確定拠出年金内のファンドに追加投資することは出来ないので、その分も上乗せしてNISA内で投資。

  • VT
  • VWO
  • ひふみプラス
  • SMT国内債券
  • SMT J-REIT
  • ニッセイグローバルREIT
  • SMT新興国債券
  • ニッセイ外国債券

の8ファンド・8資産クラスに計90,000円を以下目標アセットアロケーション↓どおりに配分。

スクリーンショット 2015-09-01 8.43.53

とここで問題。

今年のNISA枠をチェックしてみると既に残り15万円程になっていることが判明!

 

僕がNISA口座を持っているSBI証券では、海外ETFのNISA内買付けは「購入時手数料無料」になります。

なのでNISA枠は海外ETF購入の為に温存しておきたい。

 

ということで、今回の追加投資分は全て特定口座にて行う事になりました。

と同時に、9月〜12月のファンド積立分も特定口座にて行うコトが決定。

 

少々残念ですがしょうがないですね。

来年からは非課税枠120万にアップするみたいですし、今年は我慢。

小口の追加投資はややこしい

そしていざ実際に追加投資を行うにあたってまた問題が。

SBI証券にログイン後、積立中の各ファンドをスポット購入しようとしたんですが・・・

よくよくチェックしてみるとこのような記述が↓

スクリーンショット 2015-09-01 9.02.11

なぬ。

 

積立の場合は500円以上で買付けが可能。

が、しかしスポットでの金額買付けは1万円以上から。

 

そうか。そうなんですね。

今回のような少額では買付け単位を満たさずスポット購入が出来ない!

ならばということで、、積立額と積立日を一時的に変更して再設定。

 

通常毎月15日に設定している積立日を直近の日付に変更&積立額をスポット購入の額に変更して設定。

購入完了後、また元の設定に戻す。

という作戦でなんとか実行しておきました。

 

ややこしい。。

ほったらかしが一番だね・・

と、いう訳で初めての下落相場。

たかだか90,000円でしたが、追加投資をなんとか決行して対処。

 

でもやっぱり思うのはほったらかしで淡々と毎月自動積立を行ってる方がラク。

初めてのことでちょっと盛り上がって色々やってみましたが、それだけでもこの1週間は脳内容量をだいぶ投資に割いてしまいました。

 

それ自体は悪いことじゃないと思うけれど、なんでしょう。

自分的にはあまり気持ち良くはなかったですね。

やっぱり忘れるように投資を継続するのが一番。

 

相場の流れであれこれするのは性に合わないなと痛感。

でもね、安くなったら誰でも買いたくなりますよねぇ。。

多分次の暴落もまた買いに走っちゃうと思う・・・

 SPONSORED LINK



関連記事

思うことあれこれ 投資

お金が無いからこそ投資をスタートさせよう。今すぐ!

思えばちょうど1年前の今頃、職場での昇給額が小幅に留まったことを発端に、「将来の不安」という大波が突如として急激に押し寄せた事を覚えています。 自分はこれからどういう暮らしをしていくのだろうか、金銭的に大丈夫なんだろうか、今の給与水準で老後 ...

投資 資産配分・ポートフォリオ

資産配分がわからないので、8資産分散投資に変更します。

上記のように資産配分を変更します。  

投資 確定拠出年金

「バリュー平均法」が気になる気になる・・

少し前になりますが、相互リンク先でもある水瀬氏のブログにて気になる記事を発見。 「自分でやさしく殖やせる 確定拠出年金最良の運用術」(岡本和久著)でバリュー平均法を学ぶ   自分含め恐らく多くの方がこの記事によって「バリュー平均法 ...

ETF 投資

新興国株式クラスは依然バンガード・FTSEエマージング・マーケッツETF(VWO)の圧勝!

前回記事へWATANKOさんからコメント頂きました。 三井住友DCとニッセイ「購入・換金手数料なし」シリーズの攻防。いよいよ海外ETFいらなくなる!?https://www.money-motto.com/smam-nissay/事件です。 ...

投資

拝啓、30歳過ぎてもまだインデックス投資を始めていないキミへ。

やあやあ、元気にしてるかね。久しく会ってないけど生まれた子供も元気かい?この前会った時は生まれたてほやほやだったから、今頃ハイハイくらいはしてるかな。また近いうちそっち遊びに行くよ。おれ?おれはこの前宮古島行ってきたよ〜。2泊だったけど大満 ...

投資 確定拠出年金

確定拠出年金の積立をバリュー平均法に移行するシュミレーション。

面倒臭そうだの、資金が足りなくなったらどーすんだ!だの、なんやかんや言いつつもやっぱりバリュー平均法が気になって気になってしょうがない私。。   そんな私が確定拠出年金の運用をスタートしたのは今年1月。まだまだ新人、7ヶ月目です。 ...

コアサテライト戦略 投資

朝日Nvest グローバルバリュー株オープンとインデックスファンド比較。

コアサテライト戦略がしたいんです。第3部。   コアサテライト戦略がしたいんです。  日本株アクティブファンド選びはひふみ投信で決まり!? 先日の日本株アクティブファンド検討に続いて今回は外国株式のアクティブファンド選びです。

ETF 投資

米国セクターETFと高配当ETF。気になるVGTとVYM。

こんにちは。 以前、「VTに投資するよりアメリカ株ETFであるVTIやVOOに投資した方が良いのではないか」という主旨の記事を書いたのですが、 今回もその続報です。   先進国株式クラスとしてバンガード®・トータル・ワールド・スト ...

ETF 投資

新興国株式の積み立ては海外ETFじゃなくeMAXIS Slimに任せる。

つみたてNISAのスタートに合わせて、各インデックスファンドが軒並み信託報酬を引き下げる展開が続いています。 まずは先進国株式や日本株式クラスにおいて低コスト化が進み、米国株式や新興国株式のコスト低下はまだまだ時間が掛かると踏んでいましたが ...

-投資

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2018 All Rights Reserved.