もっとお金の話がしたい

30代の資産形成、投資、家計管理をお届けするブログ

pc

ファンドあれこれ 投資

国内債券ファンドの積立をニッセイ「購入・換金手数料無料」シリーズに乗り換え!

更新日:

6b386e453dc2e1e831b9b9067b50ede2_m

2015年11月の大ニュースといえば、、、

間違いなくこれでしょう。

「ニッセイ、購入・換金手数料無料シリーズ3ファンドのコスト低下!」

既に多くの方が記事にしておられますね〜

 

※「ニッセイ 信託報酬 引き下げ」の検索結果上位ブログを掲載させて頂きました。

 

まもなく、11月21日㈯に引き下げが実施されます。

現在該当ファンドを保有中の方も、これから積立を開始する方もみんなが恩恵を預かれる。素晴らしいことですね〜。

すでに国内ETFと同水準に達するファンドもあるようで、リレー投資不要時代が始まったのかもしれません。

これを受けて積立ファンドを変更。

さて、わたくしモッティの状況はというと・・

スクリーンショット 2015-11-17 9.14.12

ニッセイ外国株式インデックスファンドは以前積立保有していたものの、VTへの手動積立に移行する過程で全て売却。

ニッセイ国内債券インデックスファンドは一切未保有。

ニッセイ外国債券インデックスファンドは積立は休止中だけれど保有中

こんな状況です。

 

今のところニッセイ外国債券インデックスからのみ今回の信託報酬引き下げの恩恵を享受できる見込みです。

積立ファンドを変更。

外国株式クラスにおいては引き続きVTへ手動積立を継続する予定です。

ニッセイの信託報酬が現状の0.39%から0.24%と0.15%低下する訳ですが、

実質コストも現状の0.49%から0.15%低下したとして0.34%

 

まだまだVTの0.17%の方が優位。もうしばらく海外ETFのお世話になります。

が、これももしかしたら時間の問題かもしれませんがね。。

以前お伝えした様に「三井住友・DC外国株式インデックスS」が一般販売化するシナリオが実現したら・・・恐らくニッセイは再度引き下げに走るでしょう。多分。

そうなればVTとはおさらばになります。

 

そして国内債券クラス。

現在はSMT国内債券インデックスファンドにて積立・保有中。

コストを比較すると以下のように↓

スクリーンショット 2015-11-17 9.35.06

国内債券クラスは信託報酬と実質コストが同等になる傾向ですね。

そうなるとニッセイ国内債券インデックスも実質コストはそのまま0.15%の可能性大。

 

今まで最安だったSMTの軽く半分以下に一気に下がります。

これはもう乗り換えでしょう。

 

という訳で早速来月からの積立設定を変更完了しました!

SMTも売却はせずしばらくは保有。頃合いを見て売却したいと思います。

余談。SBIの投信マイレージはニッセイにも・・・

さて余談ですが、これだけ低コスト化したニッセイのインデックスファンドですが、例のSBI証券「投信マイレージサービス」が適用されるのだろうか?

という疑問が。

低コストで有名なEXE-iシリーズはさすがに投信マイレージの対象外ファンドに指定されています。

スクリーンショット 2015-11-17 9.40.31

EXE-iは系列のSBIアセットマネジメントが運営しているから、という理由なのでしょうか?

 

しかし、このリストに今のところニッセイは含まれていませんね〜。

言うことは・・・ !

 

これはすごいですね〜

※どうやら対象外になるようです

pc

SPONSORED LINK

関連コンテンツ

関連記事

投資 資産配分・ポートフォリオ

資産配分がわからないので、8資産分散投資に変更します。

上記のように資産配分を変更します。  

投資

Financyへの寄稿「家計を黒字化して生活防衛資金が無くても投資をスタートする」を投稿しました。

2月より寄稿させてもらっている「Financy」というマネーキュレーションサイトに3記事目の投稿を行いました。 今回は「投資のスタート」について。

投資

拝啓、30歳過ぎてもまだインデックス投資を始めていないキミへ。

やあやあ、元気にしてるかね。久しく会ってないけど生まれた子供も元気かい?この前会った時は生まれたてほやほやだったから、今頃ハイハイくらいはしてるかな。また近いう ...

ファンドあれこれ

気になる新規ファンド「SMTインデックスバランス・オープン」を比較。

既に多くのブロガーさんが記事にされていますが、日本を代表する低コストインデックスファンドシリーズ、「SMTインデックスシリーズ」より新規ファンドが登場するらしい ...

投資

複利のパワーで毎月の積立額を試算したら、老後の生活にだいぶ希望が見えてきた!

先の記事で、自分が老後に必要な金額と年金の見込み受取額 を試算。

-ファンドあれこれ, 投資
-

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2017 All Rights Reserved.