もっとお金の話がしたい

30代の資産形成、投資、家計管理をお届けするブログ

NISA 投資 資産配分・ポートフォリオ

初めてのリバランスを兼ねて今年のNISA非課税枠を使い切りました。

投稿日:

PAK55_glassnimizusosogu500

積立投資開始からほぼ1年ということでリバランスを執り行いました。

今回はノンセールリバランス。

せっかくなので今年分の非課税枠を活用してNISA口座に新規資金を投入、リバランスを兼ねたスポット購入となりました。

 SPONSORED LINK

初めてのリバランス

僕がインデックス積立投資を始めたのは2014年1月。

厳密には11ヶ月目ですが「リバランスは12月に行うのがベスト」説もあることだし、12月中にリバランスを行うことにしました。

 

リバランスは現在の実績資産配分比率を当初目標とした資産配分比率に戻す・修正する作業。

やり方は主に、

  1. 膨らんだ資産を売却して、縮小した資産を買い戻す
  2. 売却はせずに追加購入だけで配分を修正する

の2パターンがあります。

前者が通常よく言われるリバランスの仕方、後者は「売らないリバランス」=「ノーセルリバランス」と呼ばれたりします。

 

通常の売買をともなうリバランスであれば当然新たに資金が生じることがなくラクなんですが、今回僕は余剰資金を投じたかったので新規資金が必要となるノーセルリバランスにて実施しました。

 

僕の余剰資金についてはこちらを↓

参考生前贈与を受けることになりました。

 

そうなんです、生前贈与でまとまった資金が手元に入ったものでして、、これを自分の資産に投入する機会にリバランスも一緒にやってしまおう!ってな考えです。

せっかくなのでNISA非課税枠を使う

現在僕がファンドを保有している口座は

  • NISA口座
  • 確定拠出年金口座

の2つだけでして、、もちろん確定拠出年金には臨時に新規資金を投入することが出来ませんので、必然的にNISA口座に投じることになります。

 

で、じゃあ、今年のNISA非課税枠はどれくらい残っていたかな〜とチェックしてみると、、

12月分の積立を終えた時点で残り76万円

わお。ほとんど残ってるがな。。

 

この76万円の非課税枠は使わなければ消滅しちゃうからもったいない!

じゃあこの76万円分、ノーセルリバランスを兼ねてNISA口座のファンドを買い増ししちゃおう!

ってな訳で76万円の追加投資&リバランスを行いました。

タイミングは図れないと思っている

ここで勃発するのが

「果たして今は買い時なのか?」

という疑問。

76万円もの資金を投じる訳なので、当然ファンドの価額が下がっている時に買いたいと思うのが投資家心理。

いわゆるタイミング投資。

 

でも、そんなgoodなタイミングなんて。。。

わかるの?ほんとに??俺にもわかるの?いや絶対わからないでしょ。

ってか分かったら苦労しないし。

 

今は相場が好調なのは周知の事実。現状では高値掴みになるように見えるけど、でも30年40年後から今2014年を見てみたら実はまだまだ上昇過程の中盤だった。なんてことにもなるかもしれない。(もちろん逆もあるかも・・)

結局未来のことは誰にも分からない。

だから適切なタイミングを図ろうと無駄に時間を費やす(機械損失)よりも運用期間が長期になるほど大きくなる複利の効果に期待して、出来るだけ早めに資金を投じていった方がいいんじゃなかろうか。と思っている。

 

と、言うわけで。

今の相場がどうとかこうとは考えず投入できる資金は早めに投入することにします。

ノーセルリバランス計算

出ましたノーセルリバランス計算。

この為に実はExcelツールを作ってしまいました。

参考ノーセルリバランス時の必要最低投資額も計算できるExcelツール公開!

我ながら中々これは使えるぞと自画自賛中。。笑

必要最低額

では僕の資産配分比率から↓

スクリーンショット 2014-12-22 16.43.40

まだ1年弱なので評価額も小さいですね。

一番乖離が大きいのは新興国債券クラスです。これは積立開始当初に積立額を多めに設定していたミスによるもので、リターンによって膨れたと言うより単純に元本が大きいせいですね。。

で、これを修正するために最低いくらの新規投資額が必要かと言うと↓

スクリーンショット 2014-12-22 16.47.43

22万5000円。これがノーセルリバランス必要最低投資額。

あれ、思ったより必要なんだな。ってのが率直な感想。

 

実はこのノーセルリバランスの必要最低額はどう計算するかと言うと、

最も乖離額が大きい金額÷その資産クラスの目標比率

で求めることが出来ます。

 

僕の場合最も乖離額が大きいのは新興国債券、その額¥15,096(マイナスは取ります。絶対値で)。

で、新興国債券クラスの目標比率は6.7%。この数字を入れると、

¥15,096÷6.7%=¥225,313

ということになります。

 

と、言うことはですね、例えば目標比率が20%だったとすると

¥15,096÷20%=¥75,480で収まります。

 

つまり、目標比率が小さい資産クラスが最も乖離していると必然的にノーセルリバランス必要額は肥大してしまうんですね。

もちろん乖離額が大きければその分必要額も大きくなります。

 

そう考えると10年20年後に元本が積み上がって評価額も増えていった時にノーセルリバランスを実施するには資金的に不可能な時期が僕にもくるかもしれません。

そんときは諦めて売買を伴う通常のリバランスにするしかないですね。

76万円投入時

さてようやく本題。

今回のNISA残り非課税枠分76万円の新規投資額でリバランスも兼ねて追加購入するには、、↓

スクリーンショット 2014-12-22 17.01.04

ご覧の金額を各資産クラスに振り分けることになります。おおぉ。

 

というわけでこの金額をNISAで既に積立ている各インデックスファンドに追加投資!

これで今年の非課税枠使いきり&リバランス完了!!

以上!

 SPONSORED LINK



関連記事

投資

「毎日」積立投資の精神安定効果はバツグン。積立額を2倍に増額しました。

SBI証券では2017年9月頃から既存の毎月積立設定に加えて、 毎週積立 毎日積立 複数日積立 隔月積立 の4つの積み立て方法が新たに追加されました。 月一回の積み立て以外に、毎週決まった曜日に積み立てたり、日付を指定したり、隔月にしたり、 ...

投資 確定拠出年金

確定拠出年金、今月の掛金67000円を拠出しました。正直しんどい。。

先月、 確定拠出年金、初の掛け金拠出しました!に引き続き、今月も掛金を拠出しました。

コアサテライト戦略 投資 資産配分・ポートフォリオ

コアサテライト戦略。債券比率変更&ひふみ投信でやるぞ。

悩みに悩み続けたコアサテライト戦略。 コアサテライト戦略がしたいんです。  日本株アクティブファンド選びはひふみ投信で決まり!?  先進国株式はアクティブファンドよりインデックス?  計3記事にてその過程をお届けして参りましたが、この度僕の ...

確定拠出年金 資産配分・ポートフォリオ

ジェイリバイブ積立開始!株式クラスは全て非課税枠内に。

SBI証券個人型確定拠出年金プランに運用商品が追加されて早一ヶ月半。   気になるファンドがいくつかあったのと、今までより明らかに低コストなファンドも追加されていたので掛金配分設定を多少変更しました。 そのご報告。

国民年金 投資

年金受取見込み額、861600円という結果に。

前回、老後の生活にいくら必要なのか試算してみる。 で、自分の場合老後にいくら必要なのかを試算し、途方に暮れた訳ですけども。 「あ、年金もらえるじゃん!」 という事に気付きました。 笑 うっかり。

投資

【保存版】ゼロから始める資産形成。iDeCo、NISAの口座選びからファンド選び、資産配分は?

資産形成・投資を始めたい、始めなきゃいけないのは分かるんだけど、一体何から始めればいいかわからない。 そんな悩みにお答えして、全く何も手を付けていないゼロ状態からのスタートを順を追って解説したいと思います。 「正解は無い」と言われる資産形成 ...

投資

超簡単お金の運用法2015年版が発表されたぞ!(その2)

山崎元氏の楽天証券サイトでのコラム「超簡単お金の運用法を改訂する」を使って僕自身の状況やらなんやらを色々と考えています。 前回記事はこちら↓ 参考超簡単お金の運用法2015年版が発表されたぞ!(その1)

ETF 投資

三井住友DCとニッセイ「購入・換金手数料なし」シリーズの攻防。いよいよ海外ETFいらなくなる!?

事件です。 低コストインデックスファンドの雄、ニッセイアセットマネジメントの「購入・換金手数料なしシリーズ」が三井住友DCインデックスファンドシリーズとガチで張り合うつもりらしいです。 これはこれは。。。有り難い限りですね。

コアサテライト戦略 投資

朝日Nvest グローバルバリュー株オープンとインデックスファンド比較。

コアサテライト戦略がしたいんです。第3部。   コアサテライト戦略がしたいんです。  日本株アクティブファンド選びはひふみ投信で決まり!? 先日の日本株アクティブファンド検討に続いて今回は外国株式のアクティブファンド選びです。

-NISA, 投資, 資産配分・ポートフォリオ

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2018 All Rights Reserved.