もっとお金の話がしたい

30代の資産形成、投資、家計管理をお届けするブログ

pc

書評

30歳で「28歳からのリアル」を読んで人生変わったのかも。

更新日:

blog_import_5368fb84d5d1d

昨年11月、1冊の本に出会いました。
実は投資や資産運用というものを始めようと思ったきっかけはこの本が始まりでした。


毎年11月は勤務先で給料の昇給がある月です。個人経営の飲食店に勤務していますので明確な査定方法があるわけでもなく、すべて社長の考え次第なのですが、ありがたい事に毎年給料を上げてもらっています。
ただ、2013年11月の昇給に関しては前年、前々年を下回る上げ幅となりました。
昇給額は5000円。年間にして60000円です。

もちろん昇給があったことに感謝しありがたい気持ちがあった一方で、自分の将来に急激な不安を覚えました。ひとり暮らし。独身で、彼女はいません。。すなわち結婚の予定もありません。貯金もたいしてありません。もしかしたら生涯独身なのかもしれない。ひとり暮らしの老後かもしれない。お金は足りるのだろうか等々。
漠然とした大きな不安が突如襲ってきた感じがしました。

まず金銭的に将来をどう見通せばいいのかという不安の中で出会った本がこの「28歳からのリアル」です。



タイトルの通り一般的な28歳が今後直面するであろう人生の転機、局面。それに対する心構えや金銭的にどれくらいの負担があるのか、と言った事を独特の語り口調で淡々と列挙してくれます。
「あなたにはこれからこんな大変なことが待ち受けていて、それには実はこんなにお金がかかるんです。大丈夫ですか?ま、私には関係ないですけど 笑」
と言った調子でどんどんと現実を見せつけてくれます。
その語り口は軽妙で挑発的なんですが、そこが逆に危機感を持ってすんなりと自分の中に入ってくるポイントでもあります。
ましてや30歳で「28歳のリアル」を読んだのですからその時点で2年遅れだしwww

で、最後の方に「若いうちから頑張って始めればそのうちにお金が雪だるま式に増えていく」という具合に資産運用が紹介されていました。
雪だるま式=すなわち複利の効果ですが、当時の自分にはそんな知識はありませんでしたのでその文言にはとても興味を惹かれた事を覚えています。
それがきっかけでその後投資信託や確定拠出年金へと歩んでいくことになりました。

本の内容自体は、決して中身が濃いわけでも勉強になるわけでも無い部類のものだとは思いますが、結果的に自分のその後に影響を与えたという点に関しては思い出の1冊になると思います。
数十年後に振り返った時「あの時、あの本に出会えて良かったな」と思うような気がします。

もし同じ境遇にある方がいらっしゃったら是非読んでみてください。

pc

SPONSORED LINK

関連コンテンツ

関連記事

お金の話 書評

いつかは賃貸併用住宅か!?コツコツ信用を作るために信用組合に口座を開設&給与受取口座に。

いやはや久々の更新になってしまいました。   なんてったって仕事が忙しい! 今日でやっと8月2回目の休日だぞ! 毎日9時から23時まで働いてるぞおい! ...

書評

藤原てい著、「流れる星は生きている」を読んで。

今回はお金の話しとはあまり関係ない、けれどとっても大事な本のお話。読書感想文です。 ご興味がありました是非是非。

守りについて 書評

「投資戦略の発想法(2010)」を読みながら生活防衛資金について考えてみる。

以前書いた記事の中でもサラッと触れていますが、今回は投資をする際に必ず必要だとされている「生活防衛資金」について改めて考えたいと思います。 参考マイ資産配分が債 ...

思うことあれこれ 書評

読書って素晴らしい。しょうもない本が人生を変えるきっかけになる。

言っちゃ悪いですが、しょうもない本だったと思います。   僕は今インデックス投資+αで資産形成の真っ最中ですが、始めたのは約2年前。 それまで投資の「 ...

書評

秋の夜長におすすめしたい、人生を考えさせられる良書3冊。

読書が最も進む季節にぜひ読んでおきたい「人生を考えさせられる良書」をモッティの独断と偏見でピックアップ。 愛!感動!夢!希望!そんな24時間テレビみたいな厚かま ...

-書評
-

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2017 All Rights Reserved.