書評

「投信投信はこの8本から選びなさい」を読んだけどその8本はどれも購入しなかった。

更新日:

blog_import_5368fb8c29177

前回記事
30歳で「28歳からのリアル」を読んで人生変わったのかも。
で紹介した1冊が資産運用、具体的には投資信託での資産運用を始めるきっかけになったのでが、今回はその次に読んだ本のご紹介です。

さあ投資信託を始めるぞとなって、とりあえずタイトルに興味を惹かれてAmazonで注文したのがこちら。

 


購入時は知識がなく知りませんでしたが著者はセゾン投信の社長様です。
なぜ投資が必要なのかに始まって、投資信託を購入する際の注意、投資信託の基本的な仕組みやコストなど 私のように全く知識がない読者に大変やさしい内容となっています。

もしこれから投資信託を始めようと思う方、基本の基本が押さえてあると思うので良い勉強になると思います。

そしてタイトル通り後半に著者おすすめの8本が紹介されていますが、もちろんそのうちの2つはセゾン投信の商品です。
著書の利害が絡む商品紹介をどう受け取るかという点は多少慎重でいたほうが良い気がしました。
その後色々と情報収集したり勉強したりした中で、残念ながら私自身はこの8本の中からの購入はありませんでした。
最後まで購入しようか迷ったのは「セゾンバンガードグローバルバランスファンド」。
このファンドは総資産額が潤沢にある点が魅力に感じましたが債券比率50%のバランスファンドという点で自分的に却下。
セゾン投信もうひとつの商品、「セゾン資産形成の達人」はアクティブ型ファンドにつきコストが少々高くつくため却下。
その他のものも、あくまで自分の趣向に合致しなかったというだけですが、購入するには至りませんでした。
ただこうして具体的なファンドが出てくると初心者としては「なるほどこういう視点で選ぶのか」ということがわかってくるのでとても参考になったことは事実です。

投資という行為や、投資信託の入門編としては良い1冊かと思いましたが、やはり著者が投信会社の社長という点を考慮してもう1、2冊違う方の本を読むべきかと。

 SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

資産形成・投資を始めたい、始めなきゃいけないのは分かるんだけど、一体何から始めればいいかわからない。 そんな悩みにお答えして、全く何も手を付けていないゼロ状態からのスタートを順を追って解説したいと思います。 「正解は無い」と言われる資産形成 ...

2

確定拠出年金は公的な年金と私的な年金のちょうど中間にあるような国の制度で、節税メリットも非課税メリットもあるとってもオトクな制度。 非正規雇用が個人型確定拠出年金(iDeCo)をやるべき3つの理由!https://www.money-mot ...

3

目次1 年末調整とは?その役割と仕組み1.1 所得税の確定1.2 住民税の確定2 年末調整で還付金はいつ、いくら戻って来るか計算。2.1 還付金があるのはどんな場合?2.2 逆に追加徴収金が発生する場合2.2.1 扶養家族が減った2.2.2 ...

4

車、買っちゃった。 分不相応?俺は300万円のBMWを買ってもいいのか?? 散々悩んだ末、なかば勢いも手伝って購入の手続きを行っちゃいました!   分不相応かどうかんなんて関係ない。今乗りたい車に乗る。ただそれだけだ!

5

ジェイリバイブというファンドがあります。日本株式中小割安銘柄に投資するアクティブファンドですが、これがなかなか素晴らしいパフォーマンスを叩き出す割に注目度が低いと言うか市民権を得ていないと言うか・・。 もう少し各方面で取り上げられても良いの ...

-書評
-,

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2018 All Rights Reserved.