もっとお金の話がしたい

30代の資産形成、投資、家計管理をお届けするブログ

pc

書評

「投信投信はこの8本から選びなさい」を読んだけどその8本はどれも購入しなかった。

更新日:

blog_import_5368fb8c29177

前回記事
30歳で「28歳からのリアル」を読んで人生変わったのかも。
で紹介した1冊が資産運用、具体的には投資信託での資産運用を始めるきっかけになったのでが、今回はその次に読んだ本のご紹介です。

さあ投資信託を始めるぞとなって、とりあえずタイトルに興味を惹かれてAmazonで注文したのがこちら。

 


購入時は知識がなく知りませんでしたが著者はセゾン投信の社長様です。
なぜ投資が必要なのかに始まって、投資信託を購入する際の注意、投資信託の基本的な仕組みやコストなど 私のように全く知識がない読者に大変やさしい内容となっています。

もしこれから投資信託を始めようと思う方、基本の基本が押さえてあると思うので良い勉強になると思います。

そしてタイトル通り後半に著者おすすめの8本が紹介されていますが、もちろんそのうちの2つはセゾン投信の商品です。
著書の利害が絡む商品紹介をどう受け取るかという点は多少慎重でいたほうが良い気がしました。
その後色々と情報収集したり勉強したりした中で、残念ながら私自身はこの8本の中からの購入はありませんでした。
最後まで購入しようか迷ったのは「セゾンバンガードグローバルバランスファンド」。
このファンドは総資産額が潤沢にある点が魅力に感じましたが債券比率50%のバランスファンドという点で自分的に却下。
セゾン投信もうひとつの商品、「セゾン資産形成の達人」はアクティブ型ファンドにつきコストが少々高くつくため却下。
その他のものも、あくまで自分の趣向に合致しなかったというだけですが、購入するには至りませんでした。
ただこうして具体的なファンドが出てくると初心者としては「なるほどこういう視点で選ぶのか」ということがわかってくるのでとても参考になったことは事実です。

投資という行為や、投資信託の入門編としては良い1冊かと思いましたが、やはり著者が投信会社の社長という点を考慮してもう1、2冊違う方の本を読むべきかと。

pc

SPONSORED LINK

関連コンテンツ

関連記事

お金の話 書評

金森重樹氏のコラム「コップの水を飲む人は、富裕層になれない」がスゴイ。

プレジデントOnlineにて掲載されたコラムが興味深かったのでご紹介。 金森重樹という方のコラムでしたが、低中所得の我々にも響く部分が多くかなり充実した内容でし ...

思うことあれこれ 書評

読書って素晴らしい。しょうもない本が人生を変えるきっかけになる。

言っちゃ悪いですが、しょうもない本だったと思います。   僕は今インデックス投資+αで資産形成の真っ最中ですが、始めたのは約2年前。 それまで投資の「 ...

書評

秋の夜長におすすめしたい、人生を考えさせられる良書3冊。

読書が最も進む季節にぜひ読んでおきたい「人生を考えさせられる良書」をモッティの独断と偏見でピックアップ。 愛!感動!夢!希望!そんな24時間テレビみたいな厚かま ...

書評

藤原てい著、「流れる星は生きている」を読んで。

今回はお金の話しとはあまり関係ない、けれどとっても大事な本のお話。読書感想文です。 ご興味がありました是非是非。

書評

30歳で「28歳からのリアル」を読んで人生変わったのかも。

昨年11月、1冊の本に出会いました。 実は投資や資産運用というものを始めようと思ったきっかけはこの本が始まりでした。

-書評
-,

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2017 All Rights Reserved.