お金の話 投資

インデックス投資だけでは実現できないキャッシュフローの拡大。

更新日:

先日ツイッターでとても興味深い記事を見つけました。

こびと株.comさんの記事

なんかこう、今自分自身がなんとな〜く考えていて、なんとな〜くモヤモヤしてるんだけど、うまく言葉に出来ていない心境を全部書いてくれた様なそんな記事でした。

「給与所得に依存せず4つの財布をもつ」という基本コンセプトも大いに共感。同じくそういう事がしたいのです。

 SPONSORED LINK

キャッシュフローを増やす戦略

僕モッティ自身が4つの財布を持ちたい理由については過去記事に思いっきり書きました。

このあたりのモヤモヤした感覚、「なぜインデックス投資だけじゃだめなのか?」という自分自身への問いの答えを前述のこびと株.comさんの記事が全て書いてくれたような気がします。

インデックス投資ではキャッシュフローは増えない。

引用記事でも説明されていますが、インデックス投資は長期に渡ってジワジワと、しかし確実に資産を拡大させる手法です。その点については同じくとっても効率的というか力のある投資方法だと感じますが、日々のキャッシュフローという点だけで見ると我慢が必要な投資手法なわけですね。

例えば、インデックスファンドに年間100万円の積立を30年行う場合、キャッシュフローは29年間毎年マイナス100万円の赤字です。なぜなら、含み損益はキャッシュフローに影響を与えないからです。最終年にファンドを解約し、全額キャッシュに変えた時に初めて莫大な黒字キャッシュフローが計上されることになります(運悪く暴落が起きていなければですが。)。

こびと株.com「インデックス積立をしないで配当金投資を実践している理由」より

そう、そうなんですよね。なんとなく感じていたモヤモヤをズバッと言葉にして頂いたような爽快な気分です。

未来の、ある一点に向けてひたすら資金を投入していって、ひたすら含み益を拡大させていくインデックス投資。「住宅購入費に」とか「教育費に」「自分年金に」というように、まとまったお金が必要になる未来の、ある一点の為に資産を築く方法としては適した投資方法でしょう。こびと株さんの言葉を借りると「資産拡大を重視する投資」ということ。

現に、そうした目的で自分自身もインデックス投資を実践しています。

しかし、こびと株.comさんが言うように

「キャッシュフロー拡大を重視する投資」としてはインデックス投資は不向きです。

と言うか、そもそもそういう設計の投資方法ではない。というだけの事で、インデックス投資の欠陥だとか、短所だとか、そういうことでは無い。しかし、3年ほど積立インデックス投資を行ってきて最近なんだか感じるモヤモヤの正体は、この一点にあるような気がしています。

給与所得に依存しない為のキャッシュフロー拡大

とは言え、「資産拡大を重視する投資」としてはインデックス投資に分があると考えるので、引き続き淡々と資金を投入していくつもりです。

しかし、何より「給与所得に依存しない人生」の実現の為にはキャッシュフローの拡大が急務です。「所得」というものも、自分の時間なり資金なり能力を投入した結果のリターンだと考えるとひとつの投資活動です。その点で言えば給与所得も「キャッシュフロー拡大を重視する投資」です。

僕の場合は能力というよりも、単純に自分が持つ「時間」を投入し、走り回って這いずり回って誰にでも出来る事を延々と続けることで「給与所得」というキャッシュフローを毎月得ています。しかし「拡大」という意味ではとても上限値が低い、脆弱な状態であると考えています。なぜなら好きな事ではないから。

という事は、「キャッシュフローの拡大」を他の所得にも求める必要があるのではないか。そうすれば給与所得への依存度を下げることが出来る。具体的には働く時間を減らすことが出来る。というのが今最も考えていることであります。

収入源を複数確保する

生活が良くなっている実感を得るために、また日々使えるお金を増やすためには「資産を拡大させる投資」よりも「キャッシュフローを拡大させる投資」の方が有効。

言われてみれば至極当然ですが、言われるまでは実感できなかった事に前述の記事を読んでいて気づきました。

僕自身は

  • 「日々使えるお金を増やして」→「生活を良くするため」

と言うより、

  • 「日々使えるお金を増やして」→「労働に費やす時間を減らす」

と言う目的のためにキャッシュフローの拡大を実現したいと考えています。

その為に収入源を増やす事が絶対条件。

  • 給与収入
  • ブログ収入
  • 配当収入
  • 不動産収入

この4つの収入源が必要。もっと具体的に言えば、

  • ブログ収入
  • 配当収入
  • 不動産収入

を少しずつ拡大させて、その拡大した分、給与収入を少なくしていきたい=労働時間を減らす。のが今の大きな目標です。現在、僕がどういう労働時間で給与収入を得ているかというと、朝10時から夜10時までの12時間拘束という状態。途中1.5〜2.5時間の休憩を挟むと実働時間としては9時間10時間になるのでしょうが、休憩時間だって立派な拘束時間です。自由な時間ではありません。

こういう生活を40歳になっても続けていたいか?

答えはノー。

まだ体力もある若い内に給与収入への依存度を何としても下げる仕組みを構築せねばいつまでたってもラットレースからは抜け出せない。

インデックス投資を用いて「資産を拡大する投資」を続けながら、同時に「キャッシュフローを拡大する」道筋をどうにか描かないと。

日々模索。

 SPONSORED LINK



関連記事

投資 毎月家計簿

2015年の年間家計と積立投資額予定。目標貯蓄率は44%!

既に2015年は残り11ヶ月となりましたが、遅ればせながらひとり暮らし家計簿2015年の年間計画を公開したいと思います。 ってそんな大それたもんじゃないんですけどねっ   ひとまず2014年の家計簿実績シートをまるまるコピーして使 ...

ETF 投資

海外ETF VYMから楽天全米株式インデックスファンド(楽天VTI)に乗り換え!

eMAXIS Slim新興国株式登場を受けて、長らく手動積み立て投資を行ってきた新興国株式ETF(VWO)への積み立てを止めたことは以前お伝えしました。 その後、噂の楽天バンガードシリーズに楽天米国高配当インデックス(楽天VYM)が新規設定 ...

投資

何も考えてなかった25歳の自分にも声を大にして言ってあげたい。

もしも25歳だった自分に会うことが出来たなら。   以前、自分が100歳まで生きてしまった場合の年金意外の必要額と、その金額を用意するための毎月積立額を試算しました。 参考:複利のパワーで毎月の積立額を試算したら、老後の生活にだい ...

コアサテライト戦略 投資

日本株アクティブファンド選びはひふみ投信で決まり!?

前回記事「コアサテライト戦略がしたいんです。」の続きです。   さて、前回記事でポートフォリオ全体の20%程をアクティブファンドへ投資すると結論づけました。 記事投稿後、色々なブロガーさんからとっても勉強になるツイートをいくつか頂 ...

投資

超簡単お金の運用法2015年版が発表されたぞ!(その1)

山崎元氏の著書に「全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)」という大変良い本があります。 この本はいきなり冒頭から本の要点となる核心部分を列挙していたりと、中々おもしろい構成だったりします。   元々、山崎氏自体が知識や見識を ...

お金の話

「経済的自由」よりまずは「経済的余裕」を目指そう。

ファイナンシャル・フリーダム。経済的自由、経済的独立。 甘美な響きです。 日々の労働がなくとも生活と余暇を維持する充分な収益を得ている状態。経済的に自立、自活している状態。いつかはこの状態になりたい!!いや、ならなくてはいけません。 広い意 ...

ETF 投資

新興国株式の積み立ては海外ETFじゃなくeMAXIS Slimに任せる。

つみたてNISAのスタートに合わせて、各インデックスファンドが軒並み信託報酬を引き下げる展開が続いています。 まずは先進国株式や日本株式クラスにおいて低コスト化が進み、米国株式や新興国株式のコスト低下はまだまだ時間が掛かると踏んでいましたが ...

投資

拝啓、30歳過ぎてもまだインデックス投資を始めていないキミへ。

やあやあ、元気にしてるかね。久しく会ってないけど生まれた子供も元気かい?この前会った時は生まれたてほやほやだったから、今頃ハイハイくらいはしてるかな。また近いうちそっち遊びに行くよ。おれ?おれはこの前宮古島行ってきたよ〜。2泊だったけど大満 ...

お金の話

心配するな!「お金がないからこそ結婚する」ということ。

相互リンク先ブログ「Time is money  キムのお金日記」金村さんの記事に触発されてボクも一記事書いてみようかと。   元記事はこちら↓ ブログ記事更新しました~。収入と支出を同時に改善させる方法 https://t.co ...

-お金の話, 投資

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2018 All Rights Reserved.