もっとお金の話がしたい

30代の資産形成、投資、家計管理をお届けするブログ

投資

複利のパワーで毎月の積立額を試算したら、老後の生活にだいぶ希望が見えてきた!

更新日:



先の記事で、自分が老後に必要な金額と年金の見込み受取額

を試算。

  SPONSORED LINK
 60歳以降の毎月の生活費を21.5万円として、
国民年金額毎月約7万以外に、自分で毎月14.5万円を資産から取り崩しながら生活しなくてはなりません。

仮に100歳まで生きれたとすれば
14.5万円×12ヶ月×40年間=7000万。

60歳までの30年間、自分でコツコツ、銀行にも預けず貯金して7000万貯めるには
毎月約19万4000円を積立なくてはいけません。

無理っす。。

資産運用の出番です。

投資信託を通じ、複利の効果を存分に利用して
60歳から100歳までの40年間、
資産から毎月14.5万円を取り崩しながら生きるには
これから60歳までの30年間に毎月いくらずつ積み立てれば良いのか。

便利なシュミレーションツールがございます。

楽天証券 積立かんたんシュミレーション

モーニングスター 金融電卓を使って

あれこれとシュミレーション。。
40年間、毎月14.5万円取り崩すには、このようになるようです。

モーニングスター 金融電卓にて。
blog_import_5368fbef49309
3000万円を5%の利回りで運用しながらであれば、
毎月14.5万円引き出しても40年持つってことですね。

3000万を30年間で用意するには?

楽天証券 シュミレーションにて。
blog_import_5368fbf03b5f8
利回り5%ならば毎月36046円を30年間積立で3000万円。

てか複利の効果すごい!
積立元本は1297万円なのに複利パワーで最終積立額3000万。

約36000円でいいのか。
これなら余裕で積立られそうだ!

希望が見えてきた。。

SPONSORED LINK

関連記事はこちら↓

おすすめ記事

1

資産形成・投資を始めたい、始めなきゃいけないのは分かるんだけど、一体何から始めればいいかわからない。 そんな悩みにお答えして、全く何も手を付けていないゼロ状態か ...

2

確定拠出年金は公的な年金と私的な年金のちょうど中間にあるような国の制度で、節税メリットも非課税メリットもあるとってもオトクな制度。   iDeCoという愛称まで ...

3

早いもんで今年も残すところあと1ヶ月ちょい。師走を迎えようとしております。   さて、この時期の「お金の話し」と言えば、、、そう。あれです。 年末調整です。   ...

4

車、買っちゃった。 散々悩んだ末、なかば勢いも手伝って購入の手続きを行っちゃいました!   分不相応かどうかんなんて関係ない。今乗りたい車に乗る。ただ ...

5

ジェイリバイブというファンドがあります。日本株式中小割安銘柄に投資するアクティブファンドですが、これがなかなか素晴らしいパフォーマンスを叩き出す割に注目度が低い ...

-投資
-,

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2017 All Rights Reserved.