もっとお金の話がしたい

30代の資産形成、投資、家計管理をお届けするブログ

コアサテライト戦略 投資

朝日Nvest グローバルバリュー株オープンとインデックスファンド比較。

更新日:

dd7f8ac5f23b79f8756eb1589d66f4e9_s

コアサテライト戦略がしたいんです。第3部。

先日の日本株アクティブファンド検討に続いて今回は外国株式のアクティブファンド選びです。

 SPONSORED LINK

外国株式アクティブファンド検討

前回記事にあるように保有する全8資産の内、日本株式と先進国株式クラスにサテライト投資としてアクティブファンドを選択しようと考えファンドの比較等を行っています。

今回もモーニングスターのファンド検索機能を使い、候補となるアクティブファンドをピックアップしたいと思います。

 

検索条件は

  • 国際株式・グローバル・除く日本(為替ヘッジなし)
  • 償還までの期間 30年以上
  • 純資産総額  3000百万円以上

とし、検索。出てきたリストを「リターン(長期)」で並べ替えます。

 

その結果は・・・

スクリーンショット 2014-10-01 7.41.29

やはり来ましたね。「朝日Nvest グローバルバリュー株オープン 『愛称:Avest-E』」

 

相互リンク頂いている「ノーロード投資信託の比較サイト」さんに「存在価値のあるアクティブファンド」というキラーコンテンツがあります。

その存在価値のあるアクティブファンドとしてこの「朝日Nvest グローバルバリュー株オープン 『愛称:Avest-E』」がラインナップされていたことから実はだいぶ気になっていました。

「先進国株式アクティブファンドで最有力」と紹介されていましたが、このモーニングスターの検索結果はまさにそれを証明する結果となっています。

 

検索結果は5年リターンの良い順に並んでいます。

その2位、3位は毎月分配型の為、長期資産形成を目的とした運用には明らかに不適合です。(複利効果の恩恵を受けられないため)続いて4位、5位のファンドを見てみると・・・

あらあら、インデックスファンドではありませんか。

 

ちなみに10年リターンの良い順に並べ替えた結果でも・・・

スクリーンショット 2014-10-01 7.54.32

朝日Nvest グローバルバリュー株オープン以下は全てインデックスファンドです。

※SMTグローバル株式インデックスファンドは運用期間が10年未満の為リストから外れています。

 

このことから言えることはひとつ。

「投資価値ある先進国株式アクティブファンドはひとつしかない!」

ということです。

「朝日Nvest グローバルバリュー株オープン」以外にもアクティブファンドは多々有りますが、残念ながらその全てがインデックスファンドのパフォーマンスに負けています。こうなると他のアクティブファンドを選択する意味は全く無いですね。インデックスファンドを上回るパフォーマンスを獲得するのがアクティブファンド選択の目的ですから。

 

ただ、多くの先進国株インデックスファンドがMSCI-KOKUSAIという指標をベンチマークとしている中 、朝日Nvest グローバルバリュー株オープンはMSCI-ACWIという指標をベンチマークとしている様に、その他のアクティブファンドもインデックスファンドとは異なる指標をベンチマークに設定している可能性はあります。

そういう意味では単純に「他のアクティブファンドはインデックスファンド以下だから投資価値無し!」と決めつけるのはいささか乱暴かもしれません。

でも、、まあ、僕は買わないですね、絶対。

パフォーマンス比較

というわけで事実上一択となった先進国株式アクティブファンド。

ではこの「朝日Nvest グローバルバリュー株オープン」は過去にどれくらいのリターン実績を残してきたのか、インデックスファンドと比較したいと思います。

比較対象とするインデックスファンドは

  • emaxis全世界株式インデックスファンド
  • 野村外国株式インデックスファンド

の2つです。

 

emaxis全世界株式インデックスファンドは朝日Nvest グローバルバリュー株オープンと同じMSCI-ACWI(オールカントリー・ワールドインデックス)をベンチマークとするファンド。

野村外国株式インデックスファンドはMSCI-KOKUSAIをベンチマークとするファンドなので単純比較対象としては疑問が残りますが運用期間が長く(MSCI-ACWIで運用期間が長いファンドが見つからなかった)長期間の比較対象に出来そうなのでピックアップしました。

※ちなみにSMTグローバル株式インデックスと野村外国株式インデックスのリターンパフォーマンスはほぼぴたりと一致します。

 

余談ですが・・・

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)は、日本を除く先進国株式指数であるMSCI コクサイ インデックスと新興国株式指数であるMSCIエマージング・マーケット・インデックスとの合成指数です。 
先進国株式と新興国株式の比率は現在約88:12です。 

ノーロード投資信託の比較サイト より

つまり新興国株式も若干含んでいる点には注意が必要ですね。

 

それでは3年リターンから

スクリーンショット 2014-10-01 8.15.11

青が朝日Nvest グローバルバリュー株オープン

オレンジが野村外国株式インデックス

緑がemaxis全世界株式インデックスです。

 

あれ?何だかインデックスファンドの比較みたいですね・・・ほぼ似たようなパフォーマンス。。

野村外国株式インデックスファンドだけベンチマークが違いますが、そもそもMSCI−ACWIはMSCI-KOKUSAIを88%程含んでいるのでリターン成績はかなりリンクしてきますね。

 

続いて6年。

スクリーンショット 2014-10-01 8.15.18

emaxis全世界株式はまだ4年間程の運用期間しかありませんので脱落です。

 

あれあれ??あんまり大差ないですね、、6年間のリターン累計では

  • 朝日Nvest グローバルバリュー株オープン  78.42%
  • 野村外国株式インデックスファンド     69.78%

でした。10%いかない位の差です。

 

続いて8年

スクリーンショット 2014-10-01 8.15.24

あれあれあれ?? やっぱりほとんど変わらない。

実は朝日Nvest グローバルバリュー株オープンは信託報酬が1.80%(実質コストは約2%)とかなり高コスト。やはりこれが足かせとなっているんでしょうか。

日本株式アクティブファンドの場合と違って大きく差を広げる結果にはなりませんでした。

 

8年間の累計では

  • 朝日Nvest グローバルバリュー株オープン  61.49%
  • 野村外国株式インデックスファンド     51.80%

と10%弱の差に留まりました。 これを「10%も!」と考えるか「たった10%だけ?」と考えるか。僕は「10%だけ?」の方です。

 

リーマンショック以降はかろうじてインデックスファンドを上回るパフォーマンスを見せていますが、それまでの2年程は概ねインデックスファンドを下回るパフォーマンスを記録しています。

上昇相場ではまずまずとしても下降相場ではやはりその高コストが影響してか残念なパフォーマンスだったことがわかります。

この、「8年たってたった10%程のリターン差」にアクティブファンドとしての魅力は感じませんでした。

まとめ

朝日Nvest グローバルバリュー株オープンに関しては多方面で賞賛の声を聞くことが多く、先進国株式クラスのアクティブファンドとして期待していましたが。。。

こうして実際にインデックスファンドと比較してみると僕にはそこまで魅力的なファンドに思えませんでした。

 

日本株アクティブファンドくらい歴然としたリターン差が出てくると「投資する価値はあるかな」と思えるんですが、今回はその可能性を感じず。

 

結論、

「先進国株式はインデックスファンドで」

どうやらコアサテライト戦略のサテライト枠は日本株アクティブファンドのみを割り当てる事になりそうです。

さいごに・・・

と、実は先日の記事「コアサテライト戦略がしたいんです」を投稿後相互リンク頂いている「インデックス投資日記@川崎」の管理人kenz氏よりこのようなツイートを頂きました。

ふむふむ、債券比率を?下げて株式比率を上げて?でアセットアロケーション全体の期待リターンを上げる・・・?

 

・・・・・・・ってまじか!!!そうじゃん!その手があるじゃん!!

 

わざわざアクティブファンドに手出して期待リターンを上げるんじゃなくて、インデックスファンド100%のアセットアロケーションのまま債券比率下げれば期待リターン上がるじゃん!!!

と、なぜそこを考えなかった自分!と猛烈に頭を壁に打ち付けたい衝動に駆られてしまいました。。。

 

そうなんです。

期待リターンを上げる為にはコアサテライト戦略以外にも方法があるじゃないですか。

 

という訳でコアサテライト戦略を実行する場合のスタンスは決定してるんですが、

現在、それを実行に移すか、kenzさん指摘の様に債券比率を下げてリターンを上げるかどうかを検討中。悶々中です。。

 

どっちの戦略にするか、はたまた両者ミックス戦略にするか。もうちっと考えて追々記事にしたいと思います。

それでは今回はこの辺で。

 SPONSORED LINK



関連記事

個別株投資 投資

今更ながらAmazonへの個別株投資を開始。120万円分ほど買付けしました。

今更も今更ですが米国NASDAQに上場しているAmazon(AMZN)への個別株投資を開始しました。 2018年2月現在1,450ドルという株価を付けている物流・ECの巨人Amazon。 インデックス投資活動を始めるかなり前からそのサービス ...

コアサテライト戦略 投資

日本株アクティブファンド選びはひふみ投信で決まり!?

前回記事「コアサテライト戦略がしたいんです。」の続きです。   さて、前回記事でポートフォリオ全体の20%程をアクティブファンドへ投資すると結論づけました。 記事投稿後、色々なブロガーさんからとっても勉強になるツイートをいくつか頂 ...

投資

ほったらかし投資の本領発揮中。

前回の記事に書いたようにわたくしモッティーは転職活動の真っ最中であります。 実は昨日も片道100km程の距離をひとり、車を走らせて面接を受けてきた所であります。   「転職をしよう!」と決めてからは、あれこれと調べものをしたり履歴 ...

コアサテライト戦略 投資 資産配分・ポートフォリオ

コアサテライト戦略がしたいんです。

積立インデックス投資をスタートして9ヶ月。 順調に(ちょっとずつですが・・)資産も増えて来ている今日この頃です。チビチビ増えている含み益を眺めていると「あぁ始めて良かったなぁ」なんて思いますね〜   保有しているファンドは当然イン ...

投資 確定拠出年金

54歳で老後資金確保完了するのも可能みたい。。

  老後資金として現在のところ毎月4万円を確定拠出年金にて積立投資をしています。 現在31歳。 毎月4万円の積立投資を5%の利回りで運用できた場合、 28年後、59歳時点で目標とする3000万円に到達する見込みです。   ...

ETF 投資

三井住友DCとニッセイ「購入・換金手数料なし」シリーズの攻防。いよいよ海外ETFいらなくなる!?

事件です。 低コストインデックスファンドの雄、ニッセイアセットマネジメントの「購入・換金手数料なしシリーズ」が三井住友DCインデックスファンドシリーズとガチで張り合うつもりらしいです。 これはこれは。。。有り難い限りですね。

投資

拝啓、30歳過ぎてもまだインデックス投資を始めていないキミへ。

やあやあ、元気にしてるかね。久しく会ってないけど生まれた子供も元気かい?この前会った時は生まれたてほやほやだったから、今頃ハイハイくらいはしてるかな。また近いうちそっち遊びに行くよ。おれ?おれはこの前宮古島行ってきたよ〜。2泊だったけど大満 ...

投資

超簡単お金の運用法2015年版が発表されたぞ!(その2)

山崎元氏の楽天証券サイトでのコラム「超簡単お金の運用法を改訂する」を使って僕自身の状況やらなんやらを色々と考えています。 前回記事はこちら↓ 参考超簡単お金の運用法2015年版が発表されたぞ!(その1)

投資

初めての下落相場体験。正直ワクワクしたので迷わずスポット購入!

お疲れ様です、モッティーです。   8月は随分とブログお休みしちゃいましたが超繁忙期も一段落ということでぼちぼち再開でございます。   仕事に集中していてテレビもTwitterもろくに見ない日々が続いていましたが、 それ ...

-コアサテライト戦略, 投資

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2018 All Rights Reserved.