もっとお金の話がしたい

30代の資産形成、投資、家計管理をお届けするブログ

税関係

ふるさと納税。お得だ節税だって言うけどそーかな?

更新日:

9d53e87865f969e9771327ffddd463b7_s

最近ますます存在感を増してきたふるさと納税。

各ブログやテレビ等では盛んに「節税でお得!やらなきゃ損!」の論調でプッシュされてます。

 

でも・・ホントに得か?節税になってんのか?と思ってしまったので書いてみます。

 SPONSORED LINK

低所得者にはいまいち。

あーー肉ウマそう。。アイキャッチ画像がチラチラ目に入って集中できん。。

失礼。

 

ふるさと納税の仕組みそのものについては各所で説明されてるので端折りますが、

要は

「2000円を超える全額が税金から控除される上限ぎりぎりの金額」

をどこかの自治体に寄付することがポイントですよね。

で、その2000円の負担でどんな特産品を頂けるか。

ここがふるさと納税の要点かと思います。

まず「節税」ってのがいまいち

なんて言うんですか、ふるさと納税=節税っていう図式でよく説明されますけど

それって正しい表現ですかね?

僕的には

節税=支出が減る

っていう状態だと定義しています。

 

でもふるさと納税はどうでしょう。

翌年の住民税が減っても、結局その前年にはその額+2000円を寄付という形で「支出」しています。

「住民税が減るわけだから節税じゃないか」という理屈なんでしょうが、家計の支出としてはプラマイゼロ。

いやむしろ2000円の支出増の状態です。

それを「節税!節税!!」と言うのはいかがなもんでしょうか。

所得によって変わる

話は戻って、負担額を実質2000円に抑える寄付金額は各自の所得や家族構成によって変わります。

スクリーンショット 2014-06-27 9.52.34

(総務省:ふるさと納税など個人住民税の寄付金税制より)

僕は給与300万:独身に該当しますので概ね16,000円。→平成27年に改正で上限額UPしてます!

ふるさと納税応援サイト:税金控除シュミレーターで細かく試算すると15,000円のようです。

 

もちろんこの金額以上の寄付をすることももちろん可能。

ただその場合は「自己負担額が増えますよ」って事。

負担額を下限の2000円にするには上記の額って事ですね。

15,000円の寄付でもらえる特産品

各自治体で貰える特産品。多種多様にありますが、

ひとり暮らしで高級肉とかカニとか酒とか贅沢品をもらってもお得感は全然無いので、やはり生活必需な米をもらうのが一番現実的。

じゃあ15,000円の寄付(2000円の負担)でどれくらいの米が貰えるのかと言うと、だいたい概ね10kg〜15kg。

(1万以上の寄付で。という条件がほとんどなので1万円の寄付で充分かも)

中には1万円以上寄付で20kgという自治体もあるが(長野県阿南町)、そうした所は当然人気が高く申込打ち切りになるのも早い。

運良く2000円の負担で15kgゲット出来たとしてそのお得度はいか程なもんでしょうか。

3000円弱の得。

最近良くスーパーで買う県内産コシヒカリは10kgで3,200円程。15kgならば4,800円程。

つまり特産品をゲットによる実質お得額は2,800円ということになります。

もし10kgしかゲット出来なかった場合だとわずか1,200円の得となります。

確定申告をしてまで・・

うーむ。いかがでしょう。

寄付をする自治体を探しだして選んで、申込をして、納入して、、

更に税額控除を受けるために必ず確定申告をしないといけません。

注:改正で確定申告不要になりました!

その手間に見合うだけのお得額なのかなぁ。。。

 

もちろんこれは僕の場合であって、収入が高ければ高いほど2000円負担で寄付出来る額も大きくなります。

そうなればもらえる特産品も多くなるわけで。

そういう方にはお得感は存分にあるんでしょうけどね。

特産品ありきでなんだかね・・

今現在住んでいる街だけじゃなく、自分が「すきな街」「お世話になった街」「応援したい街」へも納税=寄付が出来る。

あるいは、使途を限定した寄付をすることでその使い道に納税者=寄付者が関与できる。

というのがふるさと納税本来の趣旨のはず。

 

ところが最近では「2000円で高級食材がゲット出来る」錬金術のような扱い方をされて、多くの人がそれ目的で利用しているのが現実です。

本来の趣旨に沿って特産品を出さない自治体もたくさんありますが、恐らくそういう自治体はほとんど寄付金を集められないのが現状じゃないでしょうか。

 

なんて言う僕も「どれくらい得なのかな?」という視点でこの記事を書き始めたのは事実だし、

もし収入が今の倍位あったら間違いなく特産品目当てで利用したでしょうしね。。褒められたもんじゃないですが。。

 

なんですかね、、なんかしっくりしませんねふるさと納税。。

みなさんはどう思いますか?

 SPONSORED LINK



関連記事

家計 税関係

年収293万円。住民税額は12万円ぴったりでした。

税金の季節。6月です。   先日の国民健康保険税に続き、住民税の通知書もめでたく到着しました。

保険 税関係

個人年金保険料控除の活用にはJA共済「ライフロード」がベスト。

税の割引券=所得控除の中に、生命保険料控除という項目があります。 前回記事で書いたように生命保険料控除は更に 一般生命保険料控除 個人年金保険料控除 介護医療保険料控除 という3つの「子」控除を内包する仕組みです。   ひとつ目、 ...

ブログ運営 税関係

普通徴収できない!?住民税の通知で危うく会社にブログ収入がバレる所だった。

「サラリーマンが副業収入を確定申告した場合、職場への住民税の通知によって副業がバレる。」 と言われています。   これを回避するために、確定申告書類の住民税納付方法を給料からの天引き納税である「特別徴収」ではなく、 自分で納付する ...

税関係

知らない人が多すぎる!年末調整を知りましょう。還付金を試算。

年末年始恒例のお金の話と言えば、、そう。あれです。 年末調整です。 つい先日僕も職場へ書類の提出を終え、税金の還付額&来年の住民税を試算して楽しんでいる所です。 ところで、 「どうもいまいちわからないんだよなぁ」とか「で、年末調整するとどう ...

税関係

MFクラウド確定申告の使い方、ここが失敗だった。

初めて個人事業主として青色申告を行ったのですが、、 簿記知識ゼロ!個人事業主ブロガー初めての青色申告65万円!https://www.money-motto.com/yes-bluetax/紆余曲折を経て、初めての青色申告がようやく完了しま ...

税関係

税の割引券「所得控除」を使い倒して節税する!

所得控除。 給与所得や事業所得、不動産所得、雑所得・・・。自営、勤めに関わらず仕事を持っていて収入を得ている大半の人には必ずなんらかの所得が発生しているはずです。そしてその量に応じて所得税が課せられ、所得税の量に応じて更に住民税が課せらる。 ...

確定拠出年金 税関係

確定拠出年金(iDeCo)効果で今年の住民税は大幅ダウン!!計算方法もまとめ。

税金の季節。 5月の自動車税納付に続いて6月は住民税ですね。   社会保険加入の一般的なサラリーマンは給与天引きされているはずですが、 僕は今年まで社会保険未加入の月給フリーターでしたのでしっかりと納付書が届いております。

ブログ運営 税関係

【ブログ収益の税金】今年はいよいよ人生初の確定申告を行います。

2014年のブログ運営開始から早2年。 2014年は確定申告の必要などまるで無い位の収益しか上げられませんでしたが、2015年はそこそこいい感じに収益が伸びました。 と、言うことはいよいよ確定申告を考えないとお上に叱られる訳でして。今まさに ...

税関係

年末調整後の還付金計算間違ってるし!!やっぱり自分で計算してて良かった・・

結構前の話になりますが年末調整ネタをもうひとつ。   僕が勤務していた職場で年末調整を実施後、戻ってくるはずの所得税還付金の計算が間違っていた。というお話です。

-税関係
-

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2018 All Rights Reserved.