もっとお金の話がしたい

30代の資産形成、投資、家計管理をお届けするブログ

ETF NISA

NISA口座のファンドを初売却!バンガードETFにリレー投資しました。

更新日:

初めての売却!

気が向いた時にアップしている保有ファンドの月末パフォーマンス記事

 

4月から海外ETF、米国バンガードのVT&VWOへの積立もスタートしたことで5月末時点での保有ファンドは計18ファンドにもなりました(!)

 

なんか・・・ちょっと・・・多すぎる。。

確定拠出年金とNISAで資産クラスが重複して積立てているファンドもあれば過去積立てていたけれど現在は休止中のファンドもあったりで色々なんですが、、

多すぎです。

 

という事で一部ファンドを解約。そしてETFへリレー投資しました。

 SPONSORED LINK

初の利益確定&リレー投資

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-C824_akabarentain2-thumb-1000xauto-15026

人生初のファンド売却となりましたが、見出しにある「利益確定」的な売却というより、ただ単に保有ファンドを整理して管理をしやすくしよう。という趣が強い今回の売却。

だって18ファンドもあったらさ〜面倒くさいじゃん色々。。

 

確定拠出年金内のファンドは置いといて今回はNISAで保有中のファンドを整理整頓。

あれを売ってこっちに回して〜

これもこっちに回して〜

ってな訳で、計3ファンドを売却処分&既存保有ファンドへ再投資しました。

 

NISAで現在保有中ファンドは11。多いです。以下その内訳。

スクリーンショット 2015-06-23 11.18.18

金額は5月末時点での評価額です。

ひふみプラスが際立ってますね〜。

日本株クラスは確定拠出年金内での保有が少なくひふみプラスでの保有がほとんどです。ちなみに現在含み益は44,000円ほど。

ニッセイ外国株式インデックス→VT

さあこれをどうしましょうかということで、、、

まずは先進国株式クラス。

海外ETFであるVTの手動積立を開始したことで「ニッセイ外国株式インデックスファンド」への積立は現在ストップしています。

コスト的にもVTの方が圧倒的に優位。ならばということで、、

解約売却!!→VTへリレー投資!!

 

約20万円の売却。ちなみに5月末時点で含み益は13,000円ほど。

もちろんNISAなので売却益は非課税でした。

あ、ちなみにVTには約8%の日本株式、9%の新興国株式も含まれていますね。けどちょっとややこしいので「ニッセイ外国株式インデックス」の売却分全部VTに突っ込んじゃいました!年末のリバランスで調整しますからね〜

SMT新興国株式インデックス→VWO

続きまして新興国株式クラス。

こちらも米国バンガードの新興国株式ETFであるVWOへの手動積立を始めた事で「SMT新興国株式インデックス」への積立は現在ストップ中。

ならばということでこちらも解約売却!→VWOへリレー投資!!

 

評価額約198,000円。含み益は17,000円程ありました。

SMT新興国株式インデックスファンドは前回決算分の実質コストが1.14%とインデックスファンドにあるまじき驚愕の高コストになり注目を集めましたね。

その後2015年5月の決算にて0.87%と元に戻ったようですがやはり新興国株式クラスとあってコストが高めです。

以下kenz氏のサイトに詳しいです。

→インデックス投資日記@川崎:「SMT グローバル株式インデックス・オープン等9ファンドの実質コストまとめ(2015年6月)」

 

それに引き換えバンガードVWOは0.15%という驚愕の低コストETF。

一般的にETFへのリレー投資は売買手数料の影響を考慮して100万円分単位で。と言われますがこの点SBI証券のNISA口座内ならば売買手数料無料なので気にすること無くリレー出来ますよね。

という訳で20万円そこらでしたが早々にリレー再投資いたしました。

もちろん今後もVWOへの手動積立で新興国株式クラスへの投資を実行していく予定です。

SMT TOPIXインデックス→ひふみプラス

こちらも同じく、日本株式クラスへの積立を「ひふみプラス」に任せている関係で積立ストップ、塩漬け状態になっていた「SMT TOPIXインデックスファンド」。

いい機会なので解約売却!→ひふみプラスにリレー投資!

 

といってもほんの一時期しか積立をしておらず評価額も8,300円ほど。

 

ひふみプラスについては現在保有するファンドの中では唯一のアクティブファンド。

しかしひふみは数少ない存在価値のあるアクティブファンドだと思っています。

参考日本株アクティブファンド選びはひふみ投信で決まり!?

 

ま、JASDAQインデックスファンドやETFなんかが登場したらその優位性は薄れるなんて話もありますが・・(笑)

優秀なひふみ投信も、ジャスダックETFが登場したら敵わないという事実・・・

 

今のところはね、なかなかイイと思ってますよ。

あとはETF手動積立を続けるのみ!

てなわけで計11もあったNISAでの保有ファンドは計8個になんとか圧縮。こんな感じになりました↓

スクリーンショット 2015-06-23 12.07.46

心情的にだいぶスッキリしました〜

 

ただ、計40万円ちょっともNISA口座にて再投資したので今年の非課税枠も一気に減少。

2015年はあと6ヶ月もあるというのに既に残り30万円ちょっとになってしまいました(笑)

 

んま〜しょうがないですな。

このままいくと年末前に非課税枠を使い切り、一部積立分が通常口座で行うことになりそうですね、、。

ただし海外ETFの売買手数料無料はNISA口座での買付けに限るので、NISA枠は優先的にETFに。ファンドはやむを得ず特定口座に。という事になりますね。

 

中々ややこしいなぁ。。。早くNISA枠増えないかなぁ。恒久化まだかなぁ。。。

あとやっぱ毎月手動積立面倒くさいから3ヶ月ごとにまとめようかなぁ。。

 

考える事は多いですね!では!

 SPONSORED LINK



関連記事

ETF

全世界株式より米国株式。VTからVOO、VTIへの乗り換え検討中。

現在、先進国株式クラスへはバンガード®・トータル・ワールド・ストックETF(VT)を用いて投資をしています。 言わずと知れた海外ETFで米国をはじめとする各先進国と日本・新興国も含み、さらに大中小型株式へと広く分散投資されている全世界型のE ...

ETF

VT&VWOへの海外ETF手動積立を3ヶ月に1度、年4回に変更!

4月からスタートした海外ETFへの毎月手動積立投資。 米国バンガードのVT&VWOを買い付けておりますが、   今月の積立分から頻度を変更してみちゃいます!!

NISA 確定拠出年金

50歳代からのiDeCo、積立NISAの活用をどう考えるべきか?

コメント欄にて、「50歳代からのNISAの活用をどう考えるべきか?」という質問が寄せられましたので、回答させて頂きたいと思います。 まずは質問原文をご紹介。 はじめまして。投資初心者です。こちらのサイトを頼りに、遅まきながらイデコを始めたと ...

ETF 投資

新興国株式クラスは依然バンガード・FTSEエマージング・マーケッツETF(VWO)の圧勝!

前回記事へWATANKOさんからコメント頂きました。 三井住友DCとニッセイ「購入・換金手数料なし」シリーズの攻防。いよいよ海外ETFいらなくなる!?https://www.money-motto.com/smam-nissay/事件です。 ...

ETF

VT、VWO、VGT、VYM!保有するバンガード海外ETFからの分配金を集計。

現在4つの海外ETFを保有しています。 いずれも米国バンガードのETFで、 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT) バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF (VWO) バンガード・米国情報技術セクターETF(V ...

ETF 投資

海外ETF VYMから楽天全米株式インデックスファンド(楽天VTI)に乗り換え!

eMAXIS Slim新興国株式登場を受けて、長らく手動積み立て投資を行ってきた新興国株式ETF(VWO)への積み立てを止めたことは以前お伝えしました。 その後、噂の楽天バンガードシリーズに楽天米国高配当インデックス(楽天VYM)が新規設定 ...

ETF

バンガードVYMとVGT。海外ETF定期積立を行いました。

現在の積立アセット・アロケーションの中核を担う米国株式クラスに於いて、2つのETFへ定期積立買付けを行いました。 VGT 米国情報技術セクターETF VYM 米国高配当株式ETF VYMは最近楽天バンガードシリーズ入りした、米国の高配当株式 ...

ETF 投資

新興国株式の積み立ては海外ETFじゃなくeMAXIS Slimに任せる。

つみたてNISAのスタートに合わせて、各インデックスファンドが軒並み信託報酬を引き下げる展開が続いています。 まずは先進国株式や日本株式クラスにおいて低コスト化が進み、米国株式や新興国株式のコスト低下はまだまだ時間が掛かると踏んでいましたが ...

ETF

手動積立開始!SBI証券での海外ETF買付け手順をまとめ。

ついに僕の投資歴史上初の海外ETFへの手動積立投資が開始しました! ドキドキわくわくの初買付け。   その手順をまとめておきたいと思います。

-ETF, NISA

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2018 All Rights Reserved.