もっとお金の話がしたい

30代の資産形成、投資、家計管理をお届けするブログ

ETF

VT&VWOへの海外ETF手動積立を3ヶ月に1度、年4回に変更!

投稿日:

4月からスタートした海外ETFへの毎月手動積立投資。

米国バンガードのVT&VWOを買い付けておりますが、

 

今月の積立分から頻度を変更してみちゃいます!!

 SPONSORED LINK

忘れたように投資をしたい。

PAK86_namatamago15173604-thumb-1000xauto-18609

やっぱりさ、なんていうかさ。。

 

4月からスタートした海外ETF毎月積立投資も今月で4ヶ月目。

毎月半ば頃に住信SBIネット銀行で円からドルに両替

それをSBI証券に入金して買い付け。

という流れで手動積立を実行していました。

 

当初積立を開始した時から感じていましたが、毎月自動積立投資の快適さを知っているとたとえ月1回の作業と言えどもなんだか煩わしく感じちゃうんですよねぇ・・・

 

ていうか、積立投資の良さって忘れたように投資が淡々と実行されていく所にあると思うんです。

その分自分の生活や本業に集中することが出来る。

 

つい先日も相互リンク先して頂いているエルさんのブログにてこんな記事がありました。

投資のことを考えたらQOLが大幅にダウン(レバレッジ投資実践日記)

クオリティー・オブ・ライフ。

大事だと思うんです。

 

多くの人にとって投資は本業ではないはず。

本業ではない分、出来るだけ投資のことは忘れながら手間や時間もかけないけれど、でも淡々粛々と積立が実行されていく。

ほったらかして忘れていてもちゃんと投資資産は積み上がっていく。

そんな距離感が人生と投資とのバランスをとる上では大事なんじゃないかな。と思うんですよねぇ。

 

出来るだけ普段の生活の中で投資の事を考える時間を減らしたい。減らしても支障ない仕組みを考えたい。

積立頻度を減らしてみる

と、言うわけでまあ端的に言っちゃうと「めんどくさかった」訳なんですけどね。。

 

1年間に12回、海外ETFを手動積立買い付けをするのはどうもめんどくさい。

インデックスファンドの自動積立に慣れきっていただけに余計にめんどくさい。

 

ってな訳で積立頻度を減らしてみようと思います!

年間12回の積立頻度を→年4回。つまり3ヶ月に1度に変更してみようと思います。

 

具体的には・・

現在の毎月積立金額がこのように↓

  • VT  ¥14,200
  • VWO ¥19,400

なってますので、単純にこの3倍の金額を3ヶ月に1回、一括投資する。てな具合です。

 

つまり・・・

  • VT  ¥42,600
  • VWO ¥58,200

の計¥100,800を7月、10月、1月、4月に一括投資していく。3ヶ月おきの積立投資。という感じですね。

 

こうなるとドルコスト平均法的にどうなんだ?という疑問は当然自分の中にもありますが、

「まぁ、そんな細かく気にすんなよ」ってくらいの気持ちでいきたいと思います。

 

長い目で見れば3ヶ月に1度の積立でも充分に時間分散されているはず。

 

ちょうど前回の記事で海外ETFの低コスト優位性も証明されたことだし、コツコツ淡々と長期投資していくぞー!

という所存。

 

 SPONSORED LINK



関連記事

ETF

手動積立開始!SBI証券での海外ETF買付け手順をまとめ。

ついに僕の投資歴史上初の海外ETFへの手動積立投資が開始しました! ドキドキわくわくの初買付け。   その手順をまとめておきたいと思います。

ETF

海外ETFおすすめバンガードのリターン・コスト・配当利回りランキング!

VTやらVGTやらVYMやらVOOやらと、先進国株式クラスで買い付けるべきETFを模索中のわたくしモッティ。 今まではVT一本で済ませていた訳ですが、「VOOかVTIでいいんじゃないか」「いやVGTとかVYMも面白いぞ」とバンガードのETF ...

ETF

バンガードVYMとVGT。海外ETF定期積立を行いました。

現在の積立アセット・アロケーションの中核を担う米国株式クラスに於いて、2つのETFへ定期積立買付けを行いました。 VGT 米国情報技術セクターETF VYM 米国高配当株式ETF VYMは最近楽天バンガードシリーズ入りした、米国の高配当株式 ...

ETF 投資

新興国株式の積み立ては海外ETFじゃなくeMAXIS Slimに任せる。

つみたてNISAのスタートに合わせて、各インデックスファンドが軒並み信託報酬を引き下げる展開が続いています。 まずは先進国株式や日本株式クラスにおいて低コスト化が進み、米国株式や新興国株式のコスト低下はまだまだ時間が掛かると踏んでいましたが ...

ETF

やっぱり気になる憧れの海外ETF。ハードルは徐々に下がってきているぞ。

現状、僕が保有している投資資産は全て通常の投資信託=ファンドです。   インデックスファンドを中心に一部ひふみ投信(ひふみプラス)も保有しています。 積立投資の利便性や税務面での管理のしやすさ等を理由に「よし!ずっとファンド積立で ...

ETF 投資

米国セクターETFと高配当ETF。気になるVGTとVYM。

こんにちは。 以前、「VTに投資するよりアメリカ株ETFであるVTIやVOOに投資した方が良いのではないか」という主旨の記事を書いたのですが、 今回もその続報です。   先進国株式クラスとしてバンガード®・トータル・ワールド・スト ...

ETF

全世界株式より米国株式。VTからVOO、VTIへの乗り換え検討中。

現在、先進国株式クラスへはバンガード®・トータル・ワールド・ストックETF(VT)を用いて投資をしています。 言わずと知れた海外ETFで米国をはじめとする各先進国と日本・新興国も含み、さらに大中小型株式へと広く分散投資されている全世界型のE ...

ETF 投資

海外ETF VYMから楽天全米株式インデックスファンド(楽天VTI)に乗り換え!

eMAXIS Slim新興国株式登場を受けて、長らく手動積み立て投資を行ってきた新興国株式ETF(VWO)への積み立てを止めたことは以前お伝えしました。 その後、噂の楽天バンガードシリーズに楽天米国高配当インデックス(楽天VYM)が新規設定 ...

ETF NISA

NISA口座のファンドを初売却!バンガードETFにリレー投資しました。

初めての売却! 気が向いた時にアップしている保有ファンドの月末パフォーマンス記事。   4月から海外ETF、米国バンガードのVT&VWOへの積立もスタートしたことで5月末時点での保有ファンドは計18ファンドにもなりました(!) & ...

-ETF

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2018 All Rights Reserved.