もっとお金の話がしたい

30代の資産形成、投資、家計管理をお届けするブログ

保険 費用

自動車保険をソニー損保からSBI損保に変更しました!

更新日:

wallpaper

こんなリッチな車には乗ってませんので。念のため。 来年2月の満期まで2ヶ月を切った所で自動車保険の契約先を変更しました。契約先はSBI損保。 これでNISA、確定拠出年金、銀行、自動車保険に至るまで全部SBIになってしまいましたね〜

 SPONSORED LINK

今のところSBI損保が最安か。

現在はソニー損保

現在はソニー損保を利用してますが、来年2月の満期の前にあれこれ見積もりを出してみるとどうもSBI損保が安い。 同じような補償内容でロードサービスも一応付いて、しかも距離区分がない。そして安い。   距離区分がない。のは自分的に結構重要なポイントだったりします。 現在のソニー損保はご承知のように距離によって保険料が変わるシステム。でも、実は「こえても安心サービス」なるものがあって、 年間の走行距離が契約距離を超えてしまっても追加保険料かかりませんよ!っていう一見安心なサービスを提供しています↓ スクリーンショット 2014-12-10 11.01.36

が、しかし。 その契約年度中の追加保険料はありませんが、次年度も継続する場合には前年度の実質走行距離区分での契約になるのです。

つまり、翌年の保険料が高くなる。走行距離超過分が加算されるようなイメージなんです。。   んー、、、。 どこが「こえても安心」なんだ?   そんなこんなで距離区分がある保険は年間の走行距離が気になってしまうので、どうも嫌いです。 走行距離が圧倒的に少ない場合は別として、自分の場合はいまいち安さを実感できないソニー損保です。 ま、あんだけ広告やCMを打ってる訳ですからね。その分が保険料に乗っかっているはずです。

一括見積もりサイトは・・

保険料の比較についてはよくある自動車保険見積もりサイトを利用しました。

自動車保険一括見積もりサイト

SBI損保やチューリッヒなどのネット通販型自動車保険や、東京海上日動、三井住友海上といった大手、全労済と言った共済系までを網羅する自動車保険の一括見積もりサイト。

各保険会社の公式ページでの見積もりとは価格が違う場合もあり、保険の乗り換え時には一度試しておきたい。SBI損保が最安で出てくる事が多く圧倒的に低コスト。しかし、実際の事故対応時には不安も多く、管理人は事故を契機に解約した経緯がある。

ひとまず

  • 対人対物無制限
  • 人身傷害3000万円
  • 搭乗者傷害なし
  • 車両保険なし
  • ファミリーバイク特約あり
  • 20等級

で一括見積りを掛けると、、

スクリーンショット 2014-12-04 11.04.33

おお。確かに。すぐ出てきた! ってSBI損保安っ!!! セゾンや損保ジャパンの半額以下じゃん。。

というわけで早速SBI損保のサイトに移動して更に細かい条件を詰める。

保険への考え方

基本的に保険というものは

「万一それが起きた時に自分の資産では到底まかなえない程の出費が発生する可能性がある」

場合に対してのみ必要だと僕は考えています。

その点から例えば医療保険は不要だと思ってますし、独身に生命保険なんて無意味です。   ただ自動車で言えば、事故って他人を死なせてしまったとか、家屋につっこんで破壊してしまったとか、自分は助かったけど同乗者を死なせてしまったとか。 そういう場合には到底自分の資産では払えない程の賠償金を請求されることになるわけで、、 その瞬間に家計は破綻です。一生その賠償を背負って生きていくことになります。人生も終わりです。

なので、こういうリスクに対してはしっかりと保険を掛ける意味がある。必要がある。というか掛けなきゃ絶対ダメ。 何十億もの資産があるなら別ですけどね・・・。   逆に言うと自動車保険でも家計破綻につながらない程度の軽微なリスクについてはあえて保険を掛けなくても良いのではないか。と考えています。

代表的な例で言うと車両保険。 事故って自分の車が廃車になったとしても、安い中古の軽でも探して乗ればそれでいいし、それなら預貯金で充分に対応できる。 それに車がなくなったとしても、対応の仕方はいくらでもある。 少なくとも人生に影響を与える程の金銭的・精神的損失につながる恐れはほぼ無いんじゃないだろうか。   そう考えると、高い保険料を追加してまでいつ訪れるかわからない機会に備える必要は無いと思う。 (でも新車でローンもまだ残ってたら別。多分車両保険つける 笑)

それに最近保険の等級制度変更も変わって、ますます車両保険のメリットが薄れつつある昨今です。

補償内容は?

そんなこんなで、補償内容は出来るだけ必要最低限に。 大体こんな感じになってます↓

スクリーンショット 2014-12-10 11.56.04

対人・対物・人身傷害は無制限。これで事故の相手・モノ・同乗者への補償が完了です。

あとは125ccのスクーターの為にファミリーバイク特約。

対物差額修理補償特約と弁護士費用特約は、、、まあ必要最低限の部類では無いですね 笑 保険料も安いし、おまけです!笑

これで保険料は、、 23,340円

中々安いんじゃないでしょうか。   どうしても削れない出費である自動車保険。 だからこそ補償の中身までしっかり吟味して無駄の無い契約内容にしたいものですね。 多少のおまけは付けちゃいましたが・・

 SPONSORED LINK



関連記事

交通事故 保険

交通事故で医療費が自腹だった場合は高額療養費制度or限度額適用認定証!

交通事故に関するお金シリーズ。 今回も医療費関連。というか、交通事故に限らずケガや病気で病院を利用して医療費が高額になった時に必ず利用した方がいい制度、絶対知っておいた方がいい制度のご紹介。   過去記事はこちら↓ 人生何があるか ...

保険

モンベルの「野外活動保険」で個人賠償責任と救援者費用をカバー。

実はわたくし。 冬はスノーボード、夏は登山に自転車と意外と(?)多趣味なんです。 しかも意外にアウトドア志向。 はい、よく「意外だね〜」とか「似合わない 笑」とか言われます。。 登山を始めたのは3年位前。 何せ山が近いもんで、天気と休日が上 ...

保険

明治安田生命「じぶんの積立」掛金を月5,000円に。減額手続きが最高に面倒くさい!

今年7月に生命保険料控除狙いで、明治安田生命「じぶんの積立」という定期預金のような生命保険に加入しました。毎月の掛金は1万円。年間で12万円です。 少し足が出ますが、生命保険料控除上限満額の年間8万円枠をフルに活用する掛金設定でした。 &n ...

交通事故 保険

弁護士費用特約は絶対必要!交通事故慰謝料が2倍になった実体験。

自動車保険は対人対物補償や人身傷害補償、車両保険などがその機能のメインになりますが、「特約」としてオプション的に機能を追加することができます。 中でもどの保険にも必ず存在する特約と言えば「弁護士費用特約」ですが、これは必須です。 と言うのも ...

保険 節約

賃貸住宅の火災保険を超割安な県民共済にチェンジ。

以前のエントリーで話した、我が賃貸住宅の火災保険を「住宅保障共済会」という訳もわからん所から県民共済へいよいよチェンジしました。

保険 税関係

個人年金保険料控除の活用にはJA共済「ライフロード」がベスト。

税の割引券=所得控除の中に、生命保険料控除という項目があります。 前回記事で書いたように生命保険料控除は更に 一般生命保険料控除 個人年金保険料控除 介護医療保険料控除 という3つの「子」控除を内包する仕組みです。   ひとつ目、 ...

交通事故 保険

交通事故で10日間入院の医療費は誰が払う?健康保険は使う?

交通事故のお金シリーズ。 あまり、というか全く嬉しくないシリーズですが起きてしまったもんは仕方ないんで粛々と書いていきます。   過去記事はこちらから↓ 人生何があるかわからない!バイク交通事故で入院、手術、休業中です。https ...

保険

2015年より高額療養費制度改正。やったぜ低所得者は3万円以上の負担減。

2015年1月に予定されている「高額療養費制度」改正。 我ら低所得者にとっては大変ありがたい改正になるみたいです。

保険 税関係

生命保険料控除の活用は年間保険料8万円以下に抑えたほうが効率がいい!?

意外な盲点でした。   生命保険料控除という税金の割引券を獲得すべく、過去2記事にわたって一般生命保険料控除と個人年金保険料控除を受けられる保険商品を紹介しましたが、大変興味深いコメントを頂きましたので検討してみます。 年間の掛金 ...

-保険, 費用

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2018 All Rights Reserved.