資産配分・ポートフォリオ 運用パフォーマンス

月間投資パフォーマンスを測定。2019年1月は140万円プラス!

更新日:

昨年6月からスタートした投資パフォーマンス測定。前月1月分を集計しました。

集計にあたっては「修正ディーツ法」という統計方法を使いエクセルにて算出。

ついでにこのエクセルツールもダウンロード可能となっています。

投資パフォーマンス計算のエクセルツール(修正ディーツ法)作りました!

興味のある方は是非ご利用ください。

 SPONSORED LINK

2019年1月の運用パフォーマンス測定。ジワジワと回復中。

それでは今月の概要です。

2019年1月運用パフォーマンス

  • 運用総額 22,696,132円
  • 収益額 1,396,700円
  • パフォーマンス 6.61%

いかんせん、12月の結果が悪すぎたことで大幅増になっているものの、昨年10月以降の累計で見れば回復とは程遠い現状です。

1月単月の収益額は139.6万円、利回りは6.61%で、測定開始以来の高水準にはなっていますが、累計でみれば依然として厳しい状況であることは変わりません。

累計では−15.4%、トータル110万円ほどの含み損状態です。

振り返ってみるとやはり10月と12月の下げが大打撃でしたね。株式100%資産配分である限り、逃れられない結果です。

来月以降、徐々に回復し、なんとか累計もプラスに転じることを願いますが、同時にここ数ヶ月の相場は資産の積み立てチャンス!

愚直に積み立てを続けるのみ。

各アセットごとのパフォーマンス

米国株

資産額 11,237,342円

収益 838,856円

パフォーマンス 8.11%

日本株

資産額 5,225,969円

収益 359,557円

パフォーマンス 7.57%

新興国株

資産額 6,179,615円

収益 198,635円

パフォーマンス 3.33%

現在保有している各資産クラスごとのパフォーマンス。全アセットがプラスです。

全保有銘柄の内パフォーマンス上位トップ5を並べてみるとこのようになりました↓

トップ5

  1. メルカリ(4385) 26.76%
  2. DirexionデイリーS&P500ブル3倍ETF(SPXL) 22.41%
  3. アリババ(BABA) 20.88%
  4. IBM(IBM) 16.29%
  5. アマゾン(AMZN) 12.53%

個別株に加えてレバレッジETFのSPXLがランクイン。どれもこれも12月の下げに対する反動、といった感じですがまあ良しとしましょう。

資産配分&ポートフォリオ

今月の結果を踏まえた資産配分とポートフォリオ。

目標資産配分は先進国株式と言う名の米国株式50%:日本株25%:新興国株25%です。

米国株式はほぼ50%ですが、新興国と日本株のバランスが少々崩れ気味です。この辺りはゆっくりとリバランス兼ね、日本株クラスへのスポット買いで対応していく予定です。

定期の積み立て投資は

  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)50%
  • ひふみプラス 12.5%
  • SBI中小型割安成長株ジェイリバイブ 12.5%
  • eMAXIS Slim新興国株式 25%

の配分で実行中です。積み立ては投資信託、スポット買いはETFも利用。

マイポートフォリオ対インデックス

さて、常に負け続けている対インデックス戦績ですが・・・

今月もしっかり負けました。

  • S&P500 50%
  • TOPIX 25%
  • FTSEエマージング・マーケット 25%

の比率で投資した場合の純インデックス投資リターンは7.61%、マイポートフォリオは6.61%とちょうど1%のアンダーパフォーム。

ほんっっとインデックス強い。全然勝てません。

ということで今月も終わります。

 SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-資産配分・ポートフォリオ, 運用パフォーマンス

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2019 All Rights Reserved.