もっとお金の話がしたい

30代の資産形成、投資、家計管理をお届けするブログ

毎月家計簿

2014年の家計を総括。年間貯蓄率は42.8%に!

更新日:

DSC_1913

(↑この写真自前だよ〜・v・)

ようやく正月休みも終了ですか。

世の中的に9連休の方もいたのかもしれませんが、、、僕は9連勤です。

ふぅ。ようやく年末年始の忙しさも一段落な今日この頃、正月らしいことはなーんもしてませんがとりあえずブログは書きます。

 

今回は2014年、1年間の家計を総括したいと思いますのでお付き合いを。

 SPONSORED LINK

我ながらよく頑張ったと思う。

「自分で自分を褒めてあげたい・・」とはさすがに言い過ぎですが、まあでも家計的には中々良い1年だったんじゃないかな?

今年は積立投資を始めた影響か、はたまたブログで家計記事を書いているからか、前年2013年よりだいぶ支出削減できたように思います。

 

では早速、2014年のマイ家計簿シート全体を公開しちゃいます。かなり見づらいですが興味ある方は拡大して見て下さいね。↓(スマホは特に見づらくてゴメンナサイ)

スクリーンショット 2015-01-03 22.16.04

ババンと。

これが僕の家計の全て。

なんと言いますか、ひとつひとつの数字に1年間生活してきた「リアル」が込められてる感じがします。

成績表みたいなもんですかね。

年間収支まとめ

さて、上記の表だとちょっと見難いのでこちらに年間の収支項目をまとめました↓

スクリーンショット 2015-01-03 22.01.13

給与収入は所得税と雇用保険天引き後の金額です。

天引き前、総支給金額でいうと298万円です。

年収300万弱ってとこですね。。少なっ。いや、31歳独身男子としてマズイだろってつくづく思うので、転職することにしましたけどね。

参考転職内定で年収50万アップ!になるかな?? 

 

こうして年間の合計額で見ると色々と考えさせられますねしかし。

「家賃て年間51万も払ってるのか!」とか「31万円位あれば1年間食べ物には困らないのか」とか。

逆に考えると月単位では数千円の出費も、年間で考えると結構無視できない金額になったりしますよね。

1日あたりにしてみた。

でもって、上記各項目の金額を365日で割って、1日あたりに換算してみました↓

スクリーンショット 2015-01-03 22.01.33

うわ!なんかすごい実感増す!

一年間の収支を1日単位にならしてみると、

  • 毎日8,900円稼いで、
  • 8,093円使って(積立投資含む)
  • 812円残る。

そんな日々。

 

てか、毎日8,000円強。遊興費と投資分を差し引くと5,400円位のコストがただ生活するだけで発生しているんですね。

家賃も1日あたり1,414円かぁ。。てことは1泊2日で2,828円。格安素泊まり宿だったら充分ありそうな金額だな!^^;

 

税金関係も1日あたり1,933円。

2014年は年金の追納・後納もしたとは言え、やはりバカに出来ない金額。

 

1日あたりに直したところでどうにもならないんですけど、なんだかより実感が湧いてくる感じがありますね。不思議と。

貯蓄率は

さて貯蓄率。

貯蓄率とは収入から税・社会保障費を引いたいわゆる手取り額(可処分所得)に対する貯蓄割合のことを言います。

僕の場合、国民年金や健康保険、住民税は自分で払っているのでこの分を収入から差し引いた額が手取り額になります。

 

そして、貯蓄は

  • 積立投資分
  • 貯金分

をカウント。

 

2014年の年間貯蓄率は・・・どどん。

スクリーンショット 2015-01-03 22.01.22

内訳はこんな感じです↓

スクリーンショット 2015-01-03 23.36.30

手取り収入の内49.7%が生活費に消え、

7.5%が遊興費に消え、

42.8%が貯蓄に回った。

ということですね。

 

ちなみに月単位ではこんな感じでした↓

スクリーンショット 2015-01-03 23.42.03

4月は国民年金1年分前納の影響でちょっとわけわからん数値になってますが・・・。

下半期は常に50%超えをキープ。

 

年間トータルで40%超えは我ながら中々良かったのでは?と思います。

ちなみに過去3年の年間貯蓄率は、

  • 2013年  8.5%
  • 2012年  12.9%
  • 2011年  −9.9%

でした。・・・・いや過去3年酷すぎでしょ!!!!

成長したな。自分。

2013年と比較

さてその酷い貯蓄率だった2013年と今回2014年の各項目比較です。

グラフはこんな感じ↓

スクリーンショット 2015-01-03 22.02.42

年間の合計値で表示しています。

家賃は全く同じ、そして水光熱費もなんだかんだでほぼ同じですね。

税金・社会保障費は国民年金の追納・後納をした分、2014年の方が多いです。

参考するべきか否か!?国民年金追納。お金がないからこそ追納した!

 

その次。食費、通信費、車関係、必要経費、遊興費すべての支出が2013年を下回ることが出来ました。

通信費は固定ネット回線をやめてテザリングに切り替えたのがかなり効いてますね。

参考家のネット回線と携帯回線合わせて1700円くらいって話。

 

食費に関しては外食費も減ってるし、食料品費も減ってます。

外食が減ったのは外出を控えたから? 食料品費が減ったのは・・・なんでだろう。

余計なこだわりが無くなったから?笑

 

車関係費、これは単純に車検の有無ですね。僕は奇数年に車検があります・・・・ってことは今年2015年は車検だ(-"-)

ちっ、あんなのただ税金徴収するためのシステムじゃねーか。くそっ

 

日用品費・医療美容費・教養費・交際費が含まれる「必要経費項目」。

前年2013年と比べて結婚式等の出席がなかった為と、

散髪を美容院ではなくセルフでやるようになったので支出が減っています。

参考これからは自分で髪を切ってみようと思います。

あと、高価な(SHISEIDO MENね)洗顔料やら化粧品やらをヤメたから。かな。

 

遊興費については単純に買い物を控えたから。ですかね!

2013年のショッピング費 約39万円、

2014年のショッピング費 約14万円。

およそ25万円の差。

何かが欲しいと思った時に「必要・必須なものを買おうとしてるのか、ただの贅沢をしようとしてるのか」を自分自身に問いただすと、ものは買わなくなりますね。

ま、でもそりゃたまにはね、買い物もしますけど。

ビルケンシュトック買ったし。

ところで理想的な家計割合は?

さてさて、ここまで色々と僕の家計について書いてきましたが、そもそも理想的な(適切な)家計の割合ってあるのかな?

と思ったので色々調べてみました。

実は以前のエントリーでも使ったんですが、横山光昭氏が書いている「家計再生コンサルティング:理想的な支出の割合を知ってしっかり貯蓄できる家計になろう!」という記事に「ひとり暮らし単身者の理想的な家計割合」というのがありますので再掲します↓

↑この表の数値を僕の家計項目と同じように分類し「理想とされる家計割合」グラフを作成。

そのグラフと僕の2014年実績値「マイ家計割合」と比較しました↓

スクリーンショット 2015-01-04 16.40.37

おお、だいぶいい感じ。

ほとんどの支出項目が理想値を下回ってます。

しかしよ〜く見ると水光熱費は理想値6%、僕は7.4%。なぬ!?

あ、これ多分プロパンガスのせいだな。いや絶対そうだ。水光熱費はどうにかしたいと常々思ってはいるものの、こればかりはどうしようも出来ないですからね。。寒さに耐えるわけにもいかないし。

 

この「理想的な割合」がほんとに理想的かどうかは人それぞれだとは思うけど、ひとまずその数値を概ねクリア出来て満足ですってことで。

まとめ

ご覧の様に2014年の年間家計については大体こんな感じでした。

この家計簿をつけ始めたのは2011年から。収入も今より更に少なくて、振り返って見るとかなり破滅的な内容でした。

もちろん2011年当時は積立投資やインデックス投資なんて全く知りません。

ではなんで家計簿をつけ始めたのかと言うと、、、

クレジットカードを多用するようになったから。

「現金で払うよりポイント分得だよね〜」というノリで、日常生活での支出を可能な限りカードで支払いにしたのがちょうど2010年頃。

その結果、それまで単純に現金の残りで把握していた毎月の収支が全くわからなくなったんですよね。

ま、当然なんですけどね。

現金主義ならば、毎月いくら使っていくら残ったのかが一目瞭然。でもカードを多用すると支払いが翌月、翌々月にズレて月ごとの収支が見えなくなりますよね。

 

そこで、「あ、やべ。家計簿でもつけるか」と2011年1月から現在のような家計簿をつけ始めた訳です。

 

2014年は僕が家計簿をつけ始めて最もまともな(?)成績を残すことが出来たと思っております。

冒頭にも書きましたが、その理由は多分2点。

  • 積立投資を始めたから
  • ブログで公開するようになったから

だと思います。

やはり積立投資というカタチで毎月自動的に一定額を引き抜かれると、当然その残りで収支を合わせようと無意識に努力するので財布の引き締めには一役買った思います。

また、積立投資を始めたことで20年後30年後の自分を真剣に考える機会が増えて、

「あ、こんなとこで散財してる場合じゃないな」と自戒する機会も増えたように思います。

 

2つ目の理由、「ブログで公開するようになったから」

例えば、経営者は株主に会社の収支を報告する義務があって、そして出来るだけ良い内容を報告したいと考えますよね。

多分それと同じです。笑

 

ブログで発表する以上「赤字垂れ流しの家計にする訳にはいかない!!」みたいな変な意地というか責任感?笑 のような感覚があります。

僕は自分自身を運営・経営していて、毎月みなさんに報告する義務がある。(と勝手に思っている)つまり見に来てくれる方々は株主様。そんな感覚。

 

なので、疑問や不満がありましたら是非追求をお願いします。でもお手柔らかに・・

 

そんなこんなで以上2014年の家計総括と致します。

 

さて2015年はどうなるでしょうか。

また別途、年間予算的な記事も書ければ。と思っておりますので また是非お付き合いを。

 

それでは、あけましておめでとうございました〜

 SPONSORED LINK



関連記事

毎月家計簿

【2016年9月の家計簿】貯蓄率60%超えで引き続き上々です。

2016年9月度のふたり暮らし家計簿!   今月の主要トピックとしては・・・ 交通事故の物損示談金が支払われた。です。 バイク交通事故の物損示談成立しました。過失割合は1:9です。https://www.money-motto.c ...

家計 毎月家計簿

2016年は貯蓄額220万円、貯蓄率40%の予定!世帯として一元管理します。

婚約に伴い、今年1月から家計管理も2人分をまとめた「世帯家計」制に移行します。   昨年7月からの同棲後も家計は僕個人の収入、支出を元に集計していましたが、2016年1月分からは2人分の収入をまとめたものを「世帯収入」に。 同じく ...

毎月家計簿

宮古島行ったけどちゃんと黒字!2017年1月のふたり暮らし家計簿。

我ながらかなりお金にシビアな人間だと思います。例え100円だろうと価値を感じなければ一銭も使いたくないし、逆に価値を感じれば多少高くてもそっちにお金を使いたい。「お金を使う」という行為にかなり敏感です。だって汗水たらして稼いだお金ですからね ...

家計 毎月家計簿

家計の見える化!夫婦の家計管理はZaimのアカウント共有機能が便利。

自他共に認める家計簿おたく、モッティです。   当ブログでもお馴染みですが僕は約5年前から家計簿を付けています。 結婚したことで ボクの家計簿→ウチの家計簿 というように個人から世帯を管理する家計簿へと変化しています。 &nbsp ...

毎月家計簿

2016年4月のふたり暮らし世帯家計簿報告。過去最高貯蓄額!

色々あって書くのを忘れていた2016年4月の家計簿をアップ! 今月の主要トピックは・・・特に無し。かな。   特に目立つ支出もないおかげで貯蓄額・率ともにかなりの高水準になりました〜

毎月家計簿

2017年4月のDINKS家計簿。順当に貯蓄できました。

GWのどたばたでだいぶ遅れましたが先月2017年4月のDINKS家計簿を報告します。 Dual Income No Kids:子無しダブル収入 直訳するとこうなりますが、共働き夫婦ふたり暮らし世帯の事をDINKS(ディンクス)と呼称するよう ...

毎月家計簿

年収600万円世帯のふたり暮らし家計簿2017年9月。

2017年9月期の家計簿を取りまとめます。 収入面では特筆すべき点は特に無く。9月はまだまだ本業が繁忙期につき、月間で220時間も働かせられましたが、給与が変わらないのが繁忙期の痛い所です。 支出面では兄弟の婚約者との会食や引越し祝い等々で ...

毎月家計簿

年収600万円世帯の家計簿2018年2月。貯蓄率60%超えを回復。

2018年2月期の家計簿報告です。 今月は特にこれと言った外出もなく、大きな買い物もなく。特に意識してそうなった訳でもありませんが、平月どおりの淡々とした暮らしでした。 至極当たり前の事ですが、お金を使わなければその分手元に残るわけで。結果 ...

毎月家計簿

年収600万円世帯のふたり暮らし家計簿2017年8月。

9月になりました。居住地がら空調費が全く掛からない8月は毎年最も高い貯蓄率を記録するのが恒例ですが、今年はちょっと違います。 ワタシ個人としては、仕事が繁忙期につき休日も激減。トータル3日ほどしか休みがなくお金を使う間もありませんでしたが、 ...

-毎月家計簿

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2018 All Rights Reserved.