【不動産投資】民泊やりたい。ひとまず信用組合に行って相談するの巻。

公開日: 不動産投資

前回「不動産投資がしたい!!!」という主旨の記事を書きました。

不動産投資を始めて給与所得依存を下げたい!!さもなくば死だ。
不動産投資がやりたい。いや、やらねばいけない。 ここ数日、数ヶ月、悶々と考え続けている事があります。それは・・ こ...

有り難いことに色んな反響があり、改めて不動産投資の難しさや怖さを感じています。

 

引き続き「不動産投資をやりたい!」と思ってますが、にしてもまだ情報も知識も少なすぎ。一体何をどう学んでどう始めればいいのか皆目検討がつかないですが、まずは行動あるのみ!と、早速地元の金融機関に行ってみました。

信用組合で融資相談!

実は以前、とある本に影響されて地元の信用組合に口座を開設したことがありました。

いつかは賃貸併用住宅か!?コツコツ信用を作るために信用組合に口座を開設&給与受取口座に。
いやはや久々の更新になってしまいました。 なんてったって仕事が忙しい! 今日でやっと8月2回目の休日だぞ! 毎日9時から...

信用組合・信用金庫というのは中小企業や個人事業主などの零細企業専門?の金融機関だそうで。例えばメガバンクや大手地銀なんかでお金を借りるのは至難の技。メガバンクや地銀は基本的にかなり大口の資金を持たない限り相手にされない所。我々一般庶民がお金を借りるのは信用組合がベターで、いつかお金を借りる時のために、コツコツと信用を築け!

というのがその本の主旨でした。すっかり影響されて光速で口座を開設しに行ったワタクシ。その当時はお金を借りるイメージなんて全くありませんでしたが、今になってその行動が報われる時が・・・なんて言っても給与振込口座に指定してるだけで、すぐ引き出して証券口座に入金しちゃうから残高は今現在40万円しかありませんが。。。いかん。もうちょっと入金しておかないと。。

信用組合でお話

そんなこんなでその信用組合へ。「融資相談」なんて書きましたが、いきなりそんな大それたものでは無く、「はて?今の自分は一体いくらのお金を借りれるのだろうか?」という疑問を率直に聞いてみようと思って訪問。

結論から言うと、当然その場で「〇〇万円です」と教えてくれるものでは無く、まずは自己紹介兼ね現在の収入環境やバックボーン、「こんなことがしたい」、という話をさせてもらってお開きとなりました。

ノーアポで行ったにも関わらず、しっかりと相談ブースで話をする時間を取ってくれて有り難い限り。こちらの話もしっかり聞いて頂き、また的確なアドバイスもして頂き、地元ならではなの投資環境情報もいくらか教えていただいてとっても有意義な時間だった。

特に何か話が決まったとか、計画をたてたとかそんな段階では無いけど、いざ自分がお金を借りるという段になった時に相談できる所を確保できたような。前段階としては充分な成果だったように思う。

民泊がしたい

じつは「不動産投資がしたい」と思ったきっかけは民泊でした。

airbnbで有名な民泊。

単純に物件を賃貸にだして家賃収入を得る大家業的な不動産投資、というよりは、自分自身で創意工夫する余地が多そうな民泊の方がより「事業を営む」感覚が強くて面白そう。というのがその理由です。リターンを得たいのも目的ですが、自分自身で事業を営む楽しさを得たい。というのも大きな目的ひとつ。

となると、必然的に居住地近くの物件、ということになるけども、そうなると今度は需要的にどうなんだろうか。確かに場所柄、格安(200万円〜500万円)の中古物件は山ほどある。そこに手を入れて付加価値を載せる事が出来るだろうか。冬が厳しい地域にあってやはり季節変動が大きくなるだろうか。となると、本業の繁忙期と重ることになって、掃除やメンテナンスに割く時間はどうするんだ。などなど。そんなことをぼーんやり考えているのが今の状態。

 

とにもかくにも、もっと勉強しないと「やる・やらない」の判断ポイントも明確にならないので、情報収集と正しい知識の習得が今やるべきことか。

とりあえず本を2冊購入!

不動産投資の基礎の基礎と、民泊関連の最新法改正も盛り込んだ新しい本。不動産投資というのがどういうものか、民泊経営がどういうものかをまずは知ることから。

引き続き勉強勉強・・・・

SPONSORED LINK




オススメ関連記事はこちら↓

Comment

  1. scotchman より:

    興味のある話なので、ついつい書き込んでしまいました。

    民泊って本当にオイシイビジネスなんでしょうか?
    どうにも私には面倒でリスクの高いビジネスに思えてならないのです。合法的に民泊ビジネスを営むことはかなり難しいのではないかと・・・ また、事業計画をどう評価して良いのかもわかりません。

    現在、金融庁の意向を忖度し、銀行は不動産投資向けの融資にかなり慎重になっています。ハシゴ外されないよう、気を付けてください。

    ネガティブなことを書いてしまい申し訳ありません。

    • モッティー より:

      ありがとうございます。
      なんか調べれば調べるほど、不動産投資も民泊も旨味が少ない気がしてきますよね。結局証券投資が一番楽でリターンもそこそこいい、割にあった投資なのかもしれません。

      んー、難しいですなぁ。

  2. ハイパ より:

    「都内の投資用ワンルームマンションは儲かりますよ!」的な、「あなたも民泊で○百万稼げますよ!」ノウハウ本やblogは沢山出回っていますが、場所やニーズがズレていると全然参考になりません。
    Airbnbは元々は、自宅の空き部屋を旅行者に安く貸し出して、win-winの関係になれたり、交流も楽しめるという趣旨が、最近はホテルや旅館やラブホの登録も許可しています。そうなると、リゾート地に近いのなら、リゾートホテルよりも強みを売りにしないと、わざわざ泊まってくれる客は多くないでしょう。
    価格をすごく安く設定するか、送迎して食事も提供するのは当然、室内も冷暖房完備で設備もマシにしないと、相手にされません。
    客が来ない店が潰れるように、撤退後の転換も考えないと、売れない使えない焦げ付き物なっちゃいます。
    2年前なら思い付きで初めても損しませんでしたが、今は飽和状態です。
    私自身は三軒目は断念し、もし撤退してもフツーの賃貸や、シェアハウスの逃げ道は作っています。
    来年施行される法律も、実際運用してみないとどうなるかわかりません。
    今まではグレーだったので、善良なホストは問題が起こらないように気をつけていましたが、存在が認められてしまうと、外国人投資家ばかりで無法地帯、挙げ句に禁止になるかもしれません。
    とまあ、いろいろ書きましたが、ものは試しに泊まってみるといいですよ。

  3. 匿名 より:

    民泊って合法(というか脱法しないようにすると)だと儲からないイメージある。
    結局何かしら法律違反(軽微なものふくめて)して儲けてるような……。

  4. キャサリン より:

    奥様はどう思っていらっしゃるのでしょうか。投資のお金は資産ですが、現金化するまでは資金とはいえません。旦那が使うから、私も体メンテ費を使うわー、にならないよう、お気をつけあそばせ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL

google+ twitter facebook

follow us in feedly
PAGE TOP ↑