生活防衛資金とリスク許容度って密接に関係してる気がする。

公開日: : 最終更新日:2015/02/23 守りについて

fc8bc498029a8eaaabdcdf7a1c4d5736_s

引き続き読み進めております「投資戦略の発想法〈2010〉」。

 

個人投資家の間ではバイブルと言われるような名著であります。

そもそもなんでこの本を読もうと思ったかと言うと、「生活防衛資金」をどうするか悩んだことがキッカケでした。

 

「生活防衛資金は生活費×6ヶ月分もあれば充分さ!尚且つ無リスク資産の一部として捉えてさ〜!」などど軽々しく発言したところ、、

 

「甘い!!! そんなんで投資が続けられると思うなよ!!」

位のツッコミを頂くハメに。

 

いや、確かにそう。甘かったんです。

というのも、積立投資を始めて約1年。「攻めるお金」「守るお金」で言えば今までは攻めるお金の方を重点的に考えて来たんです。

本来ならば「どう守るか」という部分を固めた上で攻めに転ずるのがセオリー。

 

でも僕はまず「どう攻めるか、何で攻めるか、どこから攻めるか」と、攻撃面から重点的に考えていったわけです。

こう書くと一見守りを全く無視しているようにも見えますが、そもそも積立投資を始めるまでは全財産が預貯金でした。言い換えれば全てが守りの資産だった訳です。だ〜れも攻めてない。そんな状態。

で、気づいた。

「おいっ!ちょww誰か攻めに回らないとヤバイんじゃないの!?」

そう、ヤバい。このまま預貯金一辺倒で行ったら絶対ヤバイ。

じゃどうしよう。

とりあえず今まで築いた守りの資産(少ないけどね・・)はそのまま置いといて、新たに入ってくる新入り=収入を「積立投資」という攻めに転じさせて行こうと考えた訳なんです。

 

そういうスタートだったんで「攻め」優先で進めてきたんですが・・・・色々と知識も広がってきた所で最近は「守りをどう整えようか」という部分にシフトしております。

攻めは一旦完了。置いといて、守りの人員や配置を考える。そういう段階に来ております。

 

って何度も言いますが、

本来は「守りを固めてから攻め」です。

僕は逆行してますんでそこんところ了承を。

  SPONSORED LINK

リスク許容度について考える

PAK26_suitekitex20140209500

リスクの想定

今さらかよ!ってツッコミもあるでしょうが・・・

 

いや、もちろんリスク許容度という言葉の意味・考え方は理解しているつもりです。

理解した上で自分のアセットアロケーションも設定したつもりです。

具体的には

自分が「ここまでなら耐えられる」とする年率最大損失%÷2

までのリスクに自分のアセットアロケーション=資産配分が収まるようにする。

※本来は年率の期待リターンを差し引きますが、より多めにリスクを想定する意味で引いてません。

 

例えば1年間で自分の資産が50%まで落ち込む。という事態まで許容範囲なら50%÷2=25%。25%までのリスクを取った配分にしてもOK。

逆から言うと「想定リスク20%」という資産配分にしたならば、1年でその2倍、最大40%の損失までを見込む。

 

これは「年間平均リターンの上下2標準偏差内に95.4%の確率で収まる」という統計学の考え方から来るもので、投資におけるリスクを考える時にも良く使われる指標。

参考All Aboutマネー:投資信託のリスクは標準偏差でわかる!

何のためのリスク許容?

上記の標準偏差を用いたリスク想定、リスクの許容度に対する考え方はわかるんです。

でもふと疑問。

「何のために自分の許容範囲を知るの??」

 

言い換えると、

「なんで自身のリスク許容範囲の中でしか投資をしちゃいけないの?」ということ。

何か子供みたいな屁理屈。。と自分でも思いながら。。。でもずっと疑問に思ってたんです。

 

で、「投資戦略の発想法」です。基本的にこの本では個別株投資を想定して話が進んでいきますが、考え方自体はインデックス投資にも当てはまると思います。以下抜粋。

  • 個人投資家が投資をする際にはあたふたと短期売買をするのではなく、じっくり長期的に育てるように運用することが求められる。何故ならその方が安定した収益・運用ができるから。
  • そのためには、一時的な変動で投資スタンス自体がブレるようではいけない。苦しい時も耐えられるか、一貫した運用を維持できるか。失敗しても耐えられる範囲のリスクにとどめなくてはならない。

要点をまとめるとこんな感じ。

つまり、

「長期投資を淡々と実行していくために」自分の許容範囲内に収める必要がある。

ということ。

頻繁に売買せず長期的に保有し続けることこそ投資の醍醐味であり、「最も成功確率が高まる方法」と説かれています。その長期投資をブレなく進めるために、大きな損失を含んでしまっても狼狽せず淡々と保有し続ける為に自身が耐えられる許容範囲内で投資を行わないといけない。ということですね。

 

うむ、納得。

リスクの許容度って刻々と変化する気が

で、更に思った。

その自分自身の「リスク許容度」って一度「こうだ!」って決めたらそのまま変わらず動かず、固定されるものじゃない気がする。

特に、「大きな含み損を抱えていても耐えられるか、続けられるか」なんて部分は各人の心の強さが多分に影響する部分だと思うし、心の強さなんて一定じゃないからね、、。

 

極端な話、日々揺れ動いているものだと思う訳で。燦々と暖かい陽射しが降り注ぐ日と、どんより冷たい雨が降り続く日と。それだけでもだいぶ心の強さって変わるよね。と繊細な心の僕は思うのです 笑

 

そういう不安てじゃあどこから来るのか、って考えると多分

「自分は(家族は)変わらず生活していけるのか」という部分に行き着くと思うんですよね。

生活していけるのか。

そこに自信・安心を得られるかどうかで心の強さも変わると思うし、すなわちリスクの許容度も変わるよな〜と思ったんです。

生活に影響がないことでリスク許容度は拡大する

損失を抱えた時にも耐えられるか、そのまま投資を続けられるか否かというリスクの許容度は、

生活にどの程度影響を及ぼすかどうかで変化する。

と考えると、、、、あれ?生活?、、、生活防衛資金!?

 

そう、生活防衛資金に行き着くように思うんです。

読み進めてみるとしっかり書いてありました。

  • 個人投資家は自分の人生や家族を守るために保守的な投資スタンスをとるべき。この点に関しては、生活防衛資金がポイント。生活防衛資金を確保できるか否かが重要になる。
  • 生活防衛資金がない状況下でいくらリスク許容度があると思っていても、それは単なる蛮勇。
  • 生活防衛資金を確保してリスクを充分に許容できるようになってから、積極的な資産運用を考えるべき。

うむうむ。確かに。

そうですよね。ホント生活防衛資金て大事なんだな〜と再認識。

 

つまり生活防衛資金が有るか無いか、はたまたそのによってもリスク許容度って変わるんだな。と読み取れます。

生活費3ヶ月分の生活防衛資金を確保している状態と2年分確保している状態、想像してみるとそれだけでリスクに対する心の強さって変わる気がしますよね。

 

生活防衛資金が無いのは論外として、多ければ多いほどリスクに対する許容度も変化するんじゃないかと感じます。

 

もちろんその他の要素、例えば収入体系、家族構成、年齢等々。各人の置かれた状況もかなりリスク許容度に影響を及ぼすことは然り。ただ、それも元をたどれば投資のリスクが「生活にどれくらい影響するか」に行き着くように思います。

そう考えるとやはり生活防衛資金が多ければ多いほどリスク許容度も拡大していく。そんな気がします。

 

じゃあ生活費の5年分でも10年分でも生活防衛資金用意してさ、ガッツリリスク取って行けばいいじゃ〜ん!!

となるのかと言うと、、いや、それはまた違う気がする(-“-)

そーいう事を言いたい訳ではないので悪しからず・・・って何だか新たな疑問が浮かびつつあるな。。

 

若干頭の中がグルグルしてきた所で今日のところはお開きです。

関連記事

SPONSORED LINK



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL

google+ twitter facebook

follow us in feedly
PAGE TOP ↑