気になる新規ファンド「SMTインデックスバランス・オープン」を比較。

公開日: : 最終更新日:2014/12/03 ファンドあれこれ , ,

ERY81_shibahuhiki20131224500

既に多くのブロガーさんが記事にされていますが、日本を代表する低コストインデックスファンドシリーズ、「SMTインデックスシリーズ」より新規ファンドが登場するらしいです。

ひとつ目は「SMT新興国REITインデックスオープン」

既にemaxisシリーズにはありましたからね、満を持してSMTでも取り扱い開始です。

 

そしてもうひとつ、新型バランスファンドの登場です。

その名も「SMTインデックスバランス・オープン」

何だかテニスかゴルフの大会名みたいだな〜(-“-)

と、どうでもいい感想は置いといて、、、

バランスファンドマニア、と言うかバランスファンドのアセットアロケーションマニアを自称する私モッティーとしては放っておけないので最近気になるこの新型バランスファンドを見てみたいと思います。

  SPONSORED LINK

資産配分ツールで見てみよう!

当ブログではちょいちょいマイ資産配分ツールが登場しておりますが、このツールは絶賛(?)ダウンロード中ですので興味のある方は是非使って見て下さい。

参考アセットアロケーション(資産配分)ツールをExcel(エクセル)で作りました。※ダウンロード可

 

さて今回もこの自作ツールを使いまして、SMTインデックスバランスオープンを見てみたいと思います。

  • リスク・リターン
  • コスト
  • アセットアロケーション

がメインになりますが、当記事のリスク・リターンについては以下の数値を用いて計算しています。

スクリーンショット 2014-08-22 7.53.40

リスクについては主に過去数年のデータを参考に入れてますのでこんな感じかと思いますが、リターンに関してはいわゆる期待リターンてやつです。

期待リターンの推計なんて素人が出来るもんじゃないので、僕が様々なブログやコラム、書物等を見て回った結果「んーこんなもんかなぁ」位の感覚で入れてますのでその辺りはご了承下さい。

ちなみにマイ資産配分ツール上ではこの辺の数値は自由に変えれますので興味のある方はいじってみてくださいね。。

では早速。

SMTインデックスバランス・オープン

同じマザーファンドを使っているのになぜか「SMT」という名が入らない世界経済インデックスファンドを差し置いて、、ついに「SMT」の名を冠したバランスファンドが出ますね。

何でしょう。「SMT謹製」みたいなカッコよさがありますね〜

 

そして、、ついに入りましたね。

そうなんです、このバランスファンドは日本で初めて(だと思います、違ったらごめんなさい)新興国REITクラスが入ったバランスファンドになります。

そもそも「新興国REITって必要なの?」という難しい質問疑問は置いといて、、このバランスファンドを1本買うだけで9資産に分散投資出来るというのは何とも素晴らしいことです。

僕がインデックス投資を初めてまだ1年たってませんが、この1年でもインデックス投資の環境はますます良くなっているように感じます。

 

手間を掛けず、可能な限りのほったらかし投資を実践するとなれば、

恐らくインデックス投資をバランスファンドで行うのが一番ではないでしょうか。

9資産に分散投資出来るバランスファンドが登場したことにより、これから投資を始めようとする人のハードルより一層下げてくれる様な、、そんな役割を担えるのでは?と思います。

資産配分

スクリーンショット 2014-11-16 15.27.49

おぉ色とりどり。幕の内弁当ばりの全部入りって感じです。

資産の配分は世界経済インデックスファンドと同様にGDP(国内総生産)総額の比率を元に決定されているようです。

セゾンバンガードグローバルバランスファンドなんかは時価総額比率で配分を決めているようで、その辺がファンドごとの考え方の違いや個性を感じますね。

 

ちなみに地域比率、資産比率がどうなっているかと言うと・・

スクリーンショット 2014-11-16 15.27.59

こんな感じです。

GDP比率で配分するとなるとやはり日本単体では10%位にしかならないんでしょうね。ちと寂しい。

そして資産比はやはりREITが20%も入っているのが特徴ですね。 他にREITが20%も入るバランスファンドと言うと・・

スクリーンショット 2014-08-22 16.55.53

こちらSBI資産設計オープン、通称スゴ6。

 

更に25%も入っちゃうバランスファンドはこちら↓

スクリーンショット 2014-08-22 17.00.35

eMAXIS8資産均等型。ただどちらも承知の通り新興国REITは入りません。

 

そして同じマザーファンドで運用されている世界経済インデックスファンドにはそもそもREITクラスが入りません↓

スクリーンショット 2014-08-22 16.30.59

こうして見ると、今回新たに設定されるSMTインデックスバランスファンドは、かゆい所に手が届いたような、すき間を上手く突いたようなそんなバランスファンドの様に思えますね。ぬかりない。

リスク・リターン

上記、他のバランスファンドのリスク・リターンも今回と同じ条件で測定しています。よろしければ以前の記事も↓

参考悩み多きアセットアロケーション。バランスファンドも参考になるのでは?

 

SMTインデックスバランスオープンと前回紹介した他の主なバランスファンドのリスク・リターンを並べてみると以下のようになります。

スクリーンショット 2014-11-16 16.49.18

リスク・リターン共に中の上?くらいですかね。

株式・債券・REITの配分で言うと実はSBIのスゴ6と同じです。ただ、スゴ6には新興国クラスが一切入らない分SMTインデックスバランスの方がリスク・リターン共に高くなってます。

コスト

こちらも他のファンドと比較すると、、

スクリーンショット 2014-11-16 17.14.43

こんな感じ。

他のファンドが実質コスト表示なのに対してSMTインデックスバランスは信託報酬ベースの表示につき赤文字です。

 

こればかりは実質コストが出てこないと比較出来ませんね。ただやはり新興国REITが入っている分恐らく結構高くなるんじゃなかろうか。と推測。。

それでもどうでしょう、、0.6%台には収まるんでしょうか。。収まれば上々ですね!

まとめ

いやはやしかし、これはもうバランスファンド1本でほとんど事足りるのでは?という位の充実ぶりですね!

特にこれから投資をスタートさせよう、という人には充分検討に値するファンドだと思います。

 

ただ、個人的な感想を言うと、

  • もうちょっと日本資産入れたい。
  • REIT20%も無くていいかなぁ。
  • 債券比率高いなぁ。。

という所です。ま、これは完璧に個人個人の好みや事情の問題になりますけどね。

僕自身は引き続き自分が定めたアセットアロケーションで行こうと思います。

ちなみにこんな感じです↓

スクリーンショット 2014-10-06 12.02.35

ではでは今回はこの辺で。

SPONSORED LINK



Comment

  1. 匿名希望 より:

    先日、メールした者です。(職場からメールしています)

    早速の作成ありがとうございます。
    カラフルでとても美しく、センスのよさが際立っています。

    各ファンドを比較した一覧表が、とてもありがたいです。

    今、グーグルで「SMTインデックスバランスオープン」で検索すると、
    この記事が2番目に位置していました。
    きっと相当多くの人が、この記事をご覧になると思います。

    money-motto さんのますますのご活躍を願ってます。
    このたびは誠にありがとうございました。

    • money-motto より:

      返信ありがとうございます!

      やはり、リクエストがあるとやる気が俄然出ますからね 笑
      お役に立てたようで良かったです!

      え、2位ですか!?!?
      それは嬉しいっすねぇ
      ありがとうございます!

      これからもよろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL

google+ twitter facebook

follow us in feedly
PAGE TOP ↑