財布を長財布に買い換えました。この機会にお金との接し方を考える。

公開日: : 最終更新日:2014/06/18 お金の話

blog_import_5368fc056a2d3

「財布の購入額の200倍がその人の年収になる」とか、
「お金持ちは必ず長財布だ!」とか、
「財布の賞味期限は3年」とか聞いたことありませんか?

  SPONSORED LINK

こういう話、今までは都市伝説や迷信の類ぐらいにしか思っていませんでした。
でも投資を始めたり、こうしてブログを書いたりする中で「お金」について考える機会が増えたせいか、
財布にまつわる諸説がこの頃何となく気になっていました。

 

つい最近も、きれい丁寧にお札がしまわれている長財布をたまたま拝見して
「二つ折財布はお札が窮屈だからよくない!」説がやたら気になっていたりもしました。

ファイナンシャルプランナーや税理士、会計士などお金を商売とする方々は決まって綺麗な長財布を使うそうです。
それだけお金の扱いに気を使っているんでしょうね。

確かによれよれの二つ折り財布なんか使ってるファイナンシャルプランナーに
自分の資産相談なんかしたくないですよね 笑

そろそろなので

そしてそんな私の財布は ヨレヨレの二つ折り財布。
買ったのは3年程前。汚れも目立ってきていました。

いい機会なので長財布に買い換えることにしました。

今の財布は15000円程で購入したものなので、
200倍ルールに当てはめると年収300万円までの効力があったのでしょうか。
じゃあ次は年収400万目指して2万円位の財布にしよう!
と思ったのですが、、25000円(税抜)の長財布を購入しちゃいました。

つまり、もしかすると、ひょっとすると
年収を500万にまで引き上げるパワーがあるのかもしれませんね。

  • 財布をキレイな長財布にする。
  • 定期的に買い換える。
  • 財布の中身は常に整理整頓する。

お守りやゲン担ぎみたいなものかもしれませんが、気持ちもなんだかスッキリしました。
私は特に風水信仰などないですが、
多少なりとも金運が向上するような気もします 笑

買い方を気にしてみる

そして、この財布購入に際して、もうひとつこだわった点があります。

それは、

  • ネットではなく店頭で購入すること。
  • クレジットカードじゃなく現金で支払うこと。

普段の買い物はほとんどがネット購入です。

クリックひとつ、あとは登録されてるクレジットカードから自動引き落とし、
数日後に届く。という流れです。

確かにネット購入はこの上なく便利で、しかも店頭よりお得な値段で買えることが多々あります。
でも一度もお札や硬貨に触れず、人と一度も接触せず、なんだか自分の中だけで完結しちゃう。

そんな違和感が些細ですが毎回あるんです。
当然支払いもカードを使った方が更にカードポイント分得する事もあるし、違和感を感じながらも、こうした買い物の仕方をしてしまうのが常です。

ですがいい機会なので今回は
店頭で店員さんとあれこれ話して、支払いも現金にしようと決めてました。

お金のチカラ?

紙幣には不思議なチカラがあって、
自分の手から相手に渡る瞬間に、お金を支払った実感と、
お金を使ってしまったことによる小さな痛みを残してくれるように感じます。
その痛みと引き換えに何かを得られる分、
買い物をした快感と満足感、そしてその記憶がしっかり残るような気がします。

クレジットカードではこの実感と痛みを感じず麻痺するような感覚があります。
そのために金額が更に大きくなってもラクに、気軽に、払えてしまう。
買い物をした快感や記憶もあまり残らない。
だからカード破産のような事が起こるのかもしれません。
もしかしたら今回の買い物、
ネットで買えば10%は安く買えたかもしれません。
でも、その差額に見合うだけの付加価値はある気がしました。この便利な世の中、お金に触れずに暮らす事は充分に可能です。
給与も銀行振込だったり、預金も資産もオンライン確認できたり。
スーパーやコンビニでは電子マネーを使えたり。
でもお金とそういう接し方を続けていると
次第にお金の存在を見誤るような気がしてなりません。

画面上で確認する残高や入出金明細がただの数字の並びの様に思えてきて、
その数字をただ増やしたり減らしたりすることに意識が向いてしまったり。

そうは言ってもそういうシステムはやっぱり便利で、
不可欠なものだとも思っています。
クレジットカードだって使い方を間違えなければ
節約にも一役買う有力なツール。
私自身も全てを現金支払いにする気などないですし、
可能なものは今後もカードで支払うと思います。
でも、たまにこうしてお金にしっかり触れて、
自分の感覚をリセットするような、お金の価値を再確認するような。

そんな体験や機会を今後も定期的に、意図的に作っていくことで、
自分自身のお金との接し方をより良いものにしていけたらと思います。

SPONSORED LINK



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL

google+ twitter facebook

follow us in feedly
PAGE TOP ↑