「ねんきん定期便」が届いた。国民年金も毎月積立投資のひとつかな。

公開日: : 最終更新日:2014/06/14 国民年金 ,

blog_import_5368fe3741f36

日本年金機構から「ねんきん定期便」が届きました。

毎年誕生月に日本年金機構から届くハガキ。
これまでの加入期間や、これまでの加入実績から計算した現時点での年金額、これまでの保険料納付額、最近の月別状況が書かれています。

  SPONSORED LINK

早速チェック

僕のねんきん定期便の内容はこちら。
blog_import_5368fe38561c8

blog_import_5368fe406e33d

パッと見て「ふーーん。」位にしか思いませんでしたが 笑

でもいくつか思ったことを書きたいと思います。

すでに年金受給資格ゲット。

将来、老齢基礎年金をもらうには保険料を払っていなければ当然もらえません。

そしてその保険料も決められた月数分は最低支払っていないと年金の受給資格を得られません=1円ももらえません。

この受給資格をゲットできる保険料の最低支払い月数は現在25年=300月です。

つまり例え保険料を299月分納付していたとしても、300月に満たない場合は将来1円足りとも年金をもらうことは出来ません。

保険料をざっくり毎月15000円とすると、299月分は4485000円。
448万円も保険料を払っていようが300月に達していないので受給資格無し。
大損です。恐ろしい・・。

が、しかし!来年平成27年10月からは「年金機能強化法」という、何とも強そうな名前の法律によりその期間が
10年=120月に短縮されるらしいのです。

ここで僕のねんきん定期便を見て頂きたいのですが、

blog_import_5368fe428c105

「これまでの年金加入期間」の合計は127月となっています。

つまり来年予定通り「年金機能機能強化法」が施行されれば
僕はすでに年金受給資格をゲットすることに!!祝

なんだか嬉しい。笑

といっても受給資格は受給資格。
年金をもらえる資格が発生しただけで、現時点での保険料納付実績から算出した年金額はまだ雀の涙ほどです。

blog_import_5368fe437c22f

年額207500円なので月当たり17291円。

今後もちゃんと保険料を支払って満額に近付けたいと思います。

金融商品として考えてみる

国民年金にまつわるネガティブな情報や噂は嫌というほど耳にしますし、
実際に周囲に保険料を払わない人もチラホラいます。

確定拠出年金の掛金拠出条件に「国民年金保険料を払っていること」とあったり、
支払った保険料は全額所得控除=節税になることから、
僕自身は国民年金の保険料はしっかり納めていこうと思ってます。

さらに出来れば過去免除されていた分や未納分も後納・追納して可能な限り満額受給に近づけていきたいと思っています。
参考:するべきか否か!?国民年金追納。お金がないからこそ追納した!

僕は国民年金も自分の資産運用の一部、毎月積立投資商品のひとつと考えた方がいいんじゃないかと思っています。

確定拠出年金や投資信託を利用した資産運用と違って
運用のコントロールも毎月積立額の設定も資金を引き出すことにも全て制約があり、自由度が「低い」というか「まったく無い」商品であることは間違いないですが。。

全額所得控除で節税効果もある。
現行法では約10年受給で元本回収出来る。
長生きしても死ぬまでもらえる。

と言った具合に派手さはないものの、そこそこのメリットがあると僕は思ってます。

資産運用の一部という視点でねんきん定期便を見ると
blog_import_5368fe3da8fb6

現時点での総納付額148万円も自分の資産の一部として見えてきます。

「年金なんてもらえるかわからない」「僕達の世代は年金はあてにならない」
と言ったリスク面だけがやたら強調されたりしますが、
投資信託を使った先進国株式や新興国株式への投資にもリスクはあるがリターンの期待の方が大きいから投資をする。

それと同じ感覚で日本国の年金制度に投資をしてるんだと思っています。

ねんきんネットは利用すべし。

厚生年金や国民年金も老後費用のための資産運用の一部と考えると、
ねんきん定期便のようにその中身を把握するのも重要な事と感じます。

ねんきん定期便が毎月郵送されてくるならばいいのですが、あいにく年1回。

そこで利用すべきは「ねんきんネット」
ねんきん定期便の内容はもちろんのこと、将来の年金受給見込み額を試算できたりなかなか充実したサービスです。

僕も自分の将来年金見込み額を試算して、年金以外に準備しなくてはいけない金額を考えたり結構利用しています。
参考: 年金受取見込み額、861600円という結果に。

不思議なもんで具体的な金額を示されると一気に実感が湧くんですよね。。

過去の未納期間なんかも見れたりして後悔したり。。

SPONSORED LINK



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL

google+ twitter facebook

follow us in feedly
PAGE TOP ↑