気になる!SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(jrevive)でいいんじゃないか?

7e0f9019e93f14ad124085b6a75ffaf3_m

久々に投資ネタですね〜。

 

先月、SBI証券確定拠出年金プランの運用商品ラインナップが大幅に拡充されました。

-shared-img-thumb-OZPA88_winner20130707170749_TP_Vいいね!SBI証券確定拠出年金の新運用商品20個をチェック!第一部
4月21日付でSBI証券確定拠出年金口座に新規運用商品が追加されました。 takachanさんのツイッターで知りました。 SBI証券...
-shared-img-thumb-OZPA88_seikenduki120130707170613_TP_V使える!SBI証券確定拠出年金の新運用商品20個をチェック!第二部
2016年4月22日にSBI証券個人型確定拠出年金に追加された新ファンド20個を独断と偏見でチェックしています。 今回はその第2部...
cbefa5a71c2c7f59c80156ae48c00745_m改めて。SBI証券確定拠出年金口座の全商品ラインナップ!
SBI証券の確定拠出年金口座に新たに20ものファンドが追加され、一気にラインナップが充実しました。 新たなファンドの中...

実はこの新規追加ファンドの中に個人的にものすごく気になるファンドがありました。

SBI中小型割安成長株ファンド。

愛称、ジェイリバイブ

 

こてこてのアクテイブファンドですが、

数少ない「存在価値のあるアクティブファンド」

(堀田さんのノーロード投資信託徹底ガイドより拝借)であると思います。

 

このファンドがDC用として新たに設定されたのでちょっと本気で検討してみます。

  SPONSORED LINK

過去は過去。未来のパフォーマンスを保証するものではないが・・・

このファンド、以前日本株のアクティブファンド探しでひふみプラスと共に候補に上がったひとつでありまして、、、、

aaa3d5db5501e7d79edbeabdb2e060db_s日本株アクティブファンド選びはひふみ投信で決まり!?
前回記事「コアサテライト戦略がしたいんです。」の続きです。 さて、前回記事でポートフォリオ全体の20%程をアクティブファンド...

結果ひふみプラスを買うことにしたんですが、その時にジェイリバイブを選ばなかった理由というのが、、

  • NISA非対応
  • 口数買付しか出来ない(積立買付不可)
  • インデックスに負けている期間あり

大体こんな所。

その後ジェイリバイブⅡ(jrevive 2)がでて最初の2つの弱点は無くなった訳ですが・・

「まあひふみプラスでいいでしょ」と思ってスルーしていました。

 

が、ここにきてまさかのDC版が新規設定。

これはこれは。「再検討せよ」という神様のお示しでしょうか。なんだか異様に気になったので調べてみます。

コスト比較

インデックスファンド間の比較であればコスト差がほぼ確実にリターン差となって返ってきますが、アクティブファンドはコストよりもどれだけベンチマークを上回るリターンを叩き出せるかにかかっていると思います。

投資する側の目線で言えば、同じ資産クラスに分類されるインデックスファンドのリターンをどれだけ上回れるか。とも言えるでしょう。

今回の場合で言えば、TOPIXインデックスファンドをどれだけ上回れるか。尚且つひふみ投信との比較も焦点です。

 

なのであまりコストの比較は意味が無いような気もしますが一応チェック。

  • ジェイリバイブ  2.11%
  • ひふみプラス   1.40%
  • SBI TOPIX100  0.30%

インデックスファンド代表として同じSBI確定拠出年金プランにラインナップされているTOPIXインデックスファンドをチョイスしました。いずれも税込み&実質コストです。

しかし2.11%だなんて!

まあいい。問題はどれだけリターンが出せるかだっ。

5年リターン

では3ファンドの5年リターンをどうぞ。

スクリーンショット 2016-04-25 8.53.50

  • ジェイリバイブ  156.78%
  • ひふみ投信    108.89%
  • SBI TOPIX100  51.71%

という結果になっています。

もちろんリターンの数値はコストを含めた数字。

高いコストに負けてリターンが伸び悩むアクティブファンドが星の数ほど有る中で、この数字は優秀。

ひふみをも簡単に上回ってますね。

10年リターン

ひふみはまだ運用開始から10年経ってないので外れますが、2ファンドの10年リターンはこちら。

スクリーンショット 2016-04-25 9.14.07

ジェイリバイブはほぼ新規設定時からの比較になります。

最初の5年位はまあ酷いですね。高いコストも手伝って新規設定からしばらくは運用が上手くいってなかった。と言われても仕方ない位の成績。

が、その5年間の仕込みが上手く行ったのかアベノミクスに乗って一気にインデックスファンドを置き去りに。

10年リターンの結果は

  • ジェイリバイブ  120.04%
  • SBI TOPIX100  18.16%

 

ちなみにDC版ジェイリバイブは信託報酬が通常版に比べて0.2%低くなってます。通常版が税込みで1.83%のところ、DC版は1.62%

通常版の運用報告書を元にDC版の実質コストを仮計算してみると1.86%となりました。

約0.25%低コストになるわけで、その分リターンが向上するのは確実です。

実はシャープレシオが良い

いままでのデータも含めて3ファンドのスペックまとめです。

 ジェイリバイブひふみ投信SBI TOPIX100
純資産128.58億円1124.78億円41.85億円
実質コスト2.11%1.40%0.30%
償還日無期限無期限無期限
運用年数9年7年13年
リターン1年10.50%6.82%-17.19%
リターン3年95.99%66.28%32.05%
リターン5年156.78%108.89%51.71%
リスク1年21.0218.3422.00
リスク3年16.3115.1116.93
リスク5年17.1315.4119.18
シャープレシオ1年0.500.37-0.78%
シャープレシオ3年1.671.160.30
シャープレシオ5年1.921.350.51

純資産額は系列ファンドの資産も合算しています。規模で言うと圧倒的にひふみですね。これはすごい。

「リスク」は上がったり下がったりの振れ幅。もちろん数字が小さい方がイイ。

リスク自体を見ればひふみ投信の方が低く抑えられていて優秀です。これはひふみの機動的に現金資産を増減させる運用手法が大きく影響しているのでしょう。

次に「シャープレシオ」という項目。

これは「リスク1辺りのリターン」というか、どれだけ効率よくリターンが得れているか。という数字。

数字が大きい方が良くて、大きければ大きいほどリスクに対してより効率的にリターンを取れている。ということ。

ジェイリバイブの注目すべき点はここ。

リスクに対してのリターンが大きい=効率よく運用が出来ている

ということ。

信じて託す価値はある

と、ここまで述べて来たことはファンドの実績の話。つまりそれは全部過去のこと。

過去の実績があるからと言ってこれからの未来も同じような成績を出せるとは限らない。

出せるとは限らないが、その力を信じてみようかなと思わせるには充分な実績でもある。と思います。

 

実は前記事に対して相互リンク先「インデックス投資で億万長者」のAKIさんよりコメントもありました↓

長期的な資産運用にアクティブファンドは不向きだと思います。
ジェイリバイブが好調である理由はご存知でしょうか?
私は知らないんですが、もしファンドマネージャーの優秀さがその理由であるのなら、投資は見合わせた方がいいんじゃないかと考えます。

ファンドマネージャーの氏名はご存知ですか?
自らファンドの説明をしてくれますか?
ずっとジェイリバイブを運用してくれるんでしょうか?

ひふみ投信の良いところは、ファンドマネージャーの顔が見えていて、その人が会社の責任ある立場にいることだと考えています。

アクティブファンドを購入する=ファンドマネージャーに託す
ことなので、目先のパフォーマンスに吊られて、よく分からないファンドに手を出すのはハイリスクだと思います。

まあ確かにそうなんですよねぇ。。

ファンドマネージャーの名前は知らないし顔も知らない。エンジェルジャパン・アセットマネジメントという会社が運用助言を行っている。という位は知ってますがそれ以外の事はあまり・・というのが実際の所。

でも顔が見えるから安心。という訳でもない気もします。

こればかりはもう「信じるか信じないか」

そこに行き着く気がしますね。どうでしょう。

SPONSORED LINK



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL

google+ twitter facebook

follow us in feedly
PAGE TOP ↑