DNA解析サービスと医療保険に興味大。

公開日: : お金の話, 保険

スクリーンショット 2014-08-14 16.15.12

最近ちょっと気になる記事があったので取り上げてみようと思います。

  SPONSORED LINK

その記事とはこちら↓

Engadget日本版:DeNAがDNA解析サービスを開始、9800円からの個人向け。

 

DNA解析サービスなるものが世の中に存在するのはもちろん知っていたし、

最近ではそのDNA解析サービスを使ってアンジェリーナ・ジョリーが将来の乳がんリスクを考慮して乳房切除した。なんてニュースも記憶に新しい。

 

でもそーゆーのは一部のお金持ちの成せる技で、どーせ庶民には手の届かない莫大な金額が掛かるんだろうなんて思ってた。

そんなDNA解析サービスが9800円からとは!!

医療や健康、保険との付き合い方が変わるかも

DNA解析サービスとはその名の通り自身の唾液等のサンプルからその遺伝子情報を解析してくれるサービス。

その項目は各社のプランで異なるが、例えば

2型糖尿病 / B型肝炎 / C型肝炎誘発肝硬変 / HIV感染症 / 花粉症(IgEの感受性) / アトピー / 円形脱毛症 / 加齢黄斑変性 / 花粉症アレルギー性鼻炎 / 関節リウマチ / 屈折異常 / 群発頭痛 / 高血圧症 / 骨粗鬆症 / 十二指腸潰瘍 / 腎臓結石 / 腎臓病 / 男性型脱毛症 / 潰瘍性大腸炎 / 脳卒中 / 脳動脈瘤 / 肺癌 / 肺気腫 / 肥満 ・・・

といった病気リスク。

 

それに加え、

BMI / 腰のくびれ / カルシウム値 / 飲酒量 / テロメア長 / ニコチン依存 / 血中尿酸値 / 運動習慣 / 胸囲(胸の大きさ) / 血圧 / カフェイン摂取量 / 高トリグリセリド血症 / 骨密度 / 除脂肪体重 / 身長 / ヘモグロビン値 / 血中鉄分濃度 / 頭囲 / 髪の色 / 眼の色 / 運動の効果 / 性ホルモン制御 / 歯の発達 / 食事習慣 / 寿命 / 匂いの感知 / 痛みの感じやすさ / 試行錯誤学習(学習能力)/ アルコール赤面反応 / 苦味の感じやすさ / 耳垢のタイプ / 髪のカール / 乳糖耐性 / 筋力 / ノロウイルス耐性・・・

といった体質に関する解析もしてくれるらしい。

 

この項目数が増えれば料金も上がる様で、DeNAの最上位プランの場合は260項目解析で29,800円だそう。

ちなみに「日本初」を自称するGeneQuestは約200項目で49,800円。

 

そもそも人間の全遺伝情報「ヒトゲノム」が全て解読されたのが14年前、2000年のこと。

その翌年、2001年時点でのこのヒトゲノム解読に伴うコストはなんと約99億3000万円!!

技術の進歩でこの解読コストが2012年には約66万1800円まで低下。

そして2013年、アメリカでついに1万円を切る金額でのDNA解析サービスがスタートしたそうで。

遅れること1年、ついに日本でも庶民に手が届く金額でDNA解析サービスを利用出来るようになったんですね〜。

保険の入り方変わる?

ところでこのニュースを聞いて真っ先に思ったのは、

「より的を絞って無駄なく医療保険に入れるようになるんじゃない?」

ということ。

DNA解析サービスがどれくらいの精度なのか今のところ不明ではあるけど、

自分が将来どんな病に冒される可能性が高いのか。と言う事がわかれば、その結果を元に健康対策なり医療保険対策なり出来るようになるんじゃないだろうか。

 

例えば、「全体的に疾病リスクが低い」という解析結果が出る様な優秀なDNAをお持ちの方は、解析の結果を受けて「医療保険は不要」という判断を自信を持って下せるようになるし、

他方、疾病リスク有りと解析された場合でも、その疾病に的を絞って保険加入すれば余計な掛金を払わずに必要な保険金を将来受けることが出来るかもしれない。

 

また、リスクが高い疾病が特に先進医療を必要とするものではなく、公的医療保険適用の治療法で充分対処できるのならば同じく「医療保険は不要」という判断が出来ると思う。(高額療養費制度を使い預貯金で対応)

 

つまり、今までは

「もしかしたらいつか病気になるかもしれないから」

「将来の健康が心配だから」

という明確な根拠なく医療保険に加入していたのが、

今後はDNA解析サービスで疾病リスクが判明したから医療保険に加入する。という時代になるのかもしれない。

保険会社戦々恐々?

今後も技術革新が進み、解析精度の向上によってより確実に将来かかる病気が判る、コストの低減によって誰もが解析サービスを利用するようになる。

そんな日が来るとして一番困るのは多分保険会社だろう。

 

よく、「保険は宝くじみたいなもんだ」と言われる事がある。

当たる人より当たらない人の方が圧倒的に多いから宝くじはビジネスとして成立している。

同じように保険金を貰う人より、貰わずに契約を終了する人の方が多い。という大前提で医療保険も成り立っている。

 

前述の通り、多くの人がDNA解析の結果を根拠により的確に医療保険に加入するようになれば当然保険金支払率は格段に上昇することが考えられるし、そうなれば医療保険自体がビジネスとして成り立たず存続出来なくなる様な状況が訪れるかもしれない。

僕個人は、医療保険不要派なのでそれでも全く構わないが、でももし自分のDNA解析で思わぬ疾病リスクが判明したら医療保険に頼ることもあるかもしれない。

そう考えると、さすがに医療保険自体が消滅するような状況は多くの人にとって大きな不利益となってしまう。

求められる新たなサービス

DNA解析という性格上、やはり医療や保険との結びつきをどうしても強く意識してしまう。

当然このサービスを利用しようとする人は、将来の健康や医療や保険とどう向き合うか。という事を深く考えるはずだ。

 

ならばいっその事DNA解析とセットにして提供すれば魅力的なんじゃないだろうか。

さすがに既存の大手保険会社が自らの首を締めるような事には取り組まないだろうが、今DNA解析サービスを開始した企業、参入する企業は是非医療保険の販売も視野に入れてみたらどうだろうか。

DNA解析でしっかりと収益を上げ、副業的に(つまりこちらではあまり収益性を追求せずに)保険商品を販売する。

「まずは当社のDNA解析サービスを受けて下さい。その上で適格な医療保険を提案します」という謳い文句で。

どうだろうか。

近い内に利用したい

と、色々と希望も交えて書いてみましたが僕自身はDNA解析サービスにかなり興味津々な状態です。

DeNAに続いてYahoo!も2014年10月に同じくサービスを開始する模様。同額、もしくは若干下回る価格で出してくることが予想されるので、ひとまずYahoo!のサービス詳細を見てから考えたいと思っています。

 

そのYahoo!のDNA解析サービスですが現在先行無料モニターを募集中です。

Yahoo!のIDを持っている国内在住日本国籍、18歳以上の方が対象。僕は早速応募しました。

募集人数は5000人との事ですが、これが多いのか少ないのかは正直わかりませんが。。当選を願うばかり。

 

興味のある方は是非。

Yahoo! HealthData Labプロジェクト

→DeNA DNA解析サービス「MY CODE」

SPONSORED LINK



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL

google+ twitter facebook

follow us in feedly
PAGE TOP ↑