漢方スタイルクラブカードの改悪を受けて、リクルートカードプラスに乗り換え!

高還元率カードで名を馳せた漢方スタイルクラブカード。

 

しかし2015年6月から残念ながら一部サービスのポイント付与率が改定。

これを受けて私モッティーは約1年弱利用してきた漢方スタイルクラブカードに見切りをつけてリクルートカードプラスに鞍替えしましたのでご報告。

  SPONSORED LINK

1年弱お世話になりました漢方スタイル・・・

169ac5aea2e0b653a94298f28572df4c_s

漢方スタイルクラブカードの改定内容

漢方スタイルクラブカードと言えば還元率1.75%を誇り、数ある高還元率カードの中でもかなり突出した存在でした。

そして更にnanacoへのチャージもポイント付与対象である。という点が同じく還元率1.75%を打ち出すライバルREX CARDとの最大の差別化要因でもあった訳です。

 

しかし、今回2015年6月からの改定ではこのnanacoチャージ分へのポイント付与率が改定。残念な還元率となってしまうようです。

(※通常のカード利用に関しては今まで通りの還元率1.75%)

 

既に多くの方が記事にされています。

僕自身もJACCSカードからハガキが届く前に上記ブログ記事にて知りました。 情報早い。。

 

自宅に届いたハガキにもありましたが、今までnanacoチャージに対しても1.75%の還元率に相当するポイントを付与していたものが2015年6月からなんと0.25%へと大幅ダウンするとの事。

影響はわずかだが・・・・

なにーーーー!!! 

0.25%だとぉ!?!?

と、少し大げさに騒いでみましたが、、でも中々の改悪です。

 

実は僕、つい最近まで各種社会保険料を自ら収める立場にありました。国民年金&国民健康保険。

年間約30万円以上にもなる支払いを少しでも節約出来ないか。還元率の高いクレジットカードで支払えないか。という事から「クレジットチャージしたnanacoで支払う」という手を利用していた訳なんです。

 

この点について、ワタクシ事ではありますが間もなく通常の社会保険加入者となるため、今までnanacoチャージによるポイント獲得の大部分占めていた社会保険料支払いは無くなります。

つまり今後は

  • 毎月の水道料
  • 年1回の自動車税

上記2点くらいしかnanacoで支払いを済ます公金はありません。

 

毎月の水道料2,000円として1年で24,000円、自動車税が約40,000円、計64,000円として、今回の改定による取りこぼし分1.5%は年間960円

人によって感じ方はあるでしょうが、、、まあ、たったの960円です。

年会費が無料のうちに。そして実は・・・

たかが960円、されど960円ではありますが、その為にカードを変更し各種支払い情報を変更する手間も考えたら正直微妙です。

が、しかし。

 

僕が漢方スタイルクラブカードに加入したのが2014年3月。初年度は年会費無料なので2015年3月中に解約すれば年会費0でオサラバです。

 

そして実はもう一点気になる点も。

漢方スタイルクラブカードのポイントは毎月の合計利用額2,000円毎に7ポイント。 という付与単位です。

例えば月間合計利用額12,000円ならば12,000円÷2,000円=6、×7ポイント=42ポイント。という事になります。

 

が、しかし例えば11,999円の利用だった場合は5ポイントしか付与されません。極端な話、1円ズレただけで毎月最大2,000円弱分には還元がない事になります。

 

対してリクルートカードは単純に毎月の合計利用額に対してリクルートカードプラスなら2.0%、リクルートカードなら1.2%分のポイントを付与するシステム。つまり還元の取りこぼしが無い。

最悪に運が無い場合、漢方スタイルクラブカードでは年間に約24,000円程も還元の取りこぼしが発生するかもしれません。(ま、これはかなり大げさな表現ではあるが・・)

さすがに24,000円は無いとしても軽く10,000円分位は取りこぼしているかもしれませんよね。

リクルートカードプラスへ乗り換えます。

何だか重箱の隅をつつくような細かい話にもなってしまいましたが、、、加えて

  • 僕の年間利用額では漢方スタイルクラブカードもリクルートカードプラスでもほぼ同じ還元率

という事実も手伝ってリクルートカードプラスへ乗り換える事にしました。

 

還元率もほぼ同等、更にnanacoチャージ分もちゃんと還元されて、還元の取りこぼしも無い。

ポイントはPontaポイントと同率交換も出来る事で、ポイントの利便性も充分。

そして変えるなら漢方スタイルクラブカードの年会費が発生しないうちに。

 

 

以上、諸々考慮して乗り換えを決断致しました。

 

クレジットカードを高還元率なものに変更することは完全ノーストレスの節約術だと理解しています。もちろん、還元を受けたいが為に不要な支払いが増えるようでは本末転倒ですが・・・

 

必要な支出を出来るだけカード払いに変更するだけで1年間で見れば無視出来ない金額になってきます。

ただ一点、カードの支払いは小さな借金である点には注意が必要です。

 

支払いが1〜2ヶ月ズレる分、支出の把握がややこしくなります。月にいくら使ったのか、という把握が曖昧になると小さな借金が大きな借金に繋がることも。いわゆるカード破産てやつですよね。

もしこれからカード支払い多用による節約を実行しようとしている方、合わせて毎月家計簿とセットでの導入をオススメします。

リクルートカードプラス

SPONSORED LINK



Comment

  1. なお より:

    > さすがに24,000円は無いとしても軽く10,000円分位は
    > 取りこぼしているかもしれませんよね。

    年間利用額10,000円の還元1,75%=Jデポ175円に過ぎないので。

  2. まこ より:

    私も変更を検討しましたが、結局「漢方」に残ることにしました。
    リクルートカードプラスはさらに高還元率(2.0%)ですが、使用用途が限定されますよね。
    Pontaが使えるようになってまだ良くなりましたが、私はPontaをあまり使わないので(なんせnanacoですので)、Jデポの方がいいですね。
    nanacoは今後、楽天カードでチャージしようと思います。
    年間利用20万円×(1.75%-1.00%)=1,500円の損失ですかね。
    まあ、仕方ありません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL

google+ twitter facebook

follow us in feedly
PAGE TOP ↑