VT&VWOへの海外ETF手動積立を3ヶ月に1度、年4回に変更!

公開日: : ETF

4月からスタートした海外ETFへの毎月手動積立投資。

米国バンガードのVT&VWOを買い付けておりますが、

 

今月の積立分から頻度を変更してみちゃいます!!

  SPONSORED LINK

忘れたように投資をしたい。

PAK86_namatamago15173604-thumb-1000xauto-18609

やっぱりさ、なんていうかさ。。

 

4月からスタートした海外ETF毎月積立投資も今月で4ヶ月目。

毎月半ば頃に住信SBIネット銀行で円からドルに両替

それをSBI証券に入金して買い付け。

という流れで手動積立を実行していました。

 

当初積立を開始した時から感じていましたが、毎月自動積立投資の快適さを知っているとたとえ月1回の作業と言えどもなんだか煩わしく感じちゃうんですよねぇ・・・

 

ていうか、積立投資の良さって忘れたように投資が淡々と実行されていく所にあると思うんです。

その分自分の生活や本業に集中することが出来る。

 

つい先日も相互リンク先して頂いているエルさんのブログにてこんな記事がありました。

投資のことを考えたらQOLが大幅にダウン(レバレッジ投資実践日記)

クオリティー・オブ・ライフ。

大事だと思うんです。

 

多くの人にとって投資は本業ではないはず。

本業ではない分、出来るだけ投資のことは忘れながら手間や時間もかけないけれど、でも淡々粛々と積立が実行されていく。

ほったらかして忘れていてもちゃんと投資資産は積み上がっていく。

そんな距離感が人生と投資とのバランスをとる上では大事なんじゃないかな。と思うんですよねぇ。

 

出来るだけ普段の生活の中で投資の事を考える時間を減らしたい。減らしても支障ない仕組みを考えたい。

積立頻度を減らしてみる

と、言うわけでまあ端的に言っちゃうと「めんどくさかった」訳なんですけどね。。

 

1年間に12回、海外ETFを手動積立買い付けをするのはどうもめんどくさい。

インデックスファンドの自動積立に慣れきっていただけに余計にめんどくさい。

 

ってな訳で積立頻度を減らしてみようと思います!

年間12回の積立頻度を→年4回。つまり3ヶ月に1度に変更してみようと思います。

 

具体的には・・

現在の毎月積立金額がこのように↓

  • VT  ¥14,200
  • VWO ¥19,400

なってますので、単純にこの3倍の金額を3ヶ月に1回、一括投資する。てな具合です。

 

つまり・・・

  • VT  ¥42,600
  • VWO ¥58,200

の計¥100,800を7月、10月、1月、4月に一括投資していく。3ヶ月おきの積立投資。という感じですね。

 

こうなるとドルコスト平均法的にどうなんだ?という疑問は当然自分の中にもありますが、

「まぁ、そんな細かく気にすんなよ」ってくらいの気持ちでいきたいと思います。

 

長い目で見れば3ヶ月に1度の積立でも充分に時間分散されているはず。

 

ちょうど前回の記事で海外ETFの低コスト優位性も証明されたことだし、コツコツ淡々と長期投資していくぞー!

という所存。

 

SPONSORED LINK



Comment

  1. しゅら より:

    ・相互リンクのお願い

    「投資信託ガイド ー初心者向けに徹底解説!」というサイトを運営している「しゅら」といいます。
    今日は、相互リンクのお願いにあがりました。
    今後もどんどん更新していくつもりですので、相互リンクをしていただけると嬉しいです。

    こちらからのリンクは、
    http://teiiyone.com/blog/2014/02/post_158.html
    に設置してあります。よろしければご確認ください。

    ご検討よろしくお願い致します。

    以下が、依頼サイトの情報です。
    ――――――――――――――――――――
    サイト名:投資信託ガイド ー初心者向けに徹底解説!
    URL:http://teiiyone.com/blog/
    紹介文:投資信託を、初心者の方にもわかりやすいように図解入りで解説したガイドサイトです。
    ――――――――――――――――――――

    • モッティー より:

      初めましてリンク掲載ありがとうございます。

      すごい情報量ですね!

      検討させて頂きたいと思いますので何卒よろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL

google+ twitter facebook

follow us in feedly
PAGE TOP ↑