もっとお金の話がしたい

30代男の家計・投資・資産形成・仕事。お金のこと全部。

試乗記

【新型CX-5試乗】詳細レビュー。快適性はピカイチなSUVだがハンドリングは・・・

投稿日:

近隣のマツダ販売店で「2days試乗」なるキャンペーンを行っていたので、現在国産車で最も気になるマツダ新型CX-5を2日間借りて試乗してみました。

以前、営業マンと共に20分程度の店頭試乗をしたことはあったんですが、、やっぱりそんな短時間の試乗じゃあ車の良し悪しはわからんよね!初対面の営業さんと二人っきりで緊張するし。

てな訳で2日間みっちり乗り倒しました。

  SPONSORED LINK

新型CX-5のエクステリア、装備、インテリア!

エクステリア

ソウルレッドクリスタルメタリック

まずは何と言ってもエクステリア。見た目からです。試乗車はXD PROACTIVE、色はご覧の新色「ソウルレッドクリスタルメタリック」今までのソウルレッドよりも更に深みと艶とコク(?)が増した実に味わい深いレッドです。

BMWやAUDIのようなペタッと張り付いたような赤ではなく、光のあたり具合で陰影が強調されるような、実にかっこいい、高級感溢れる赤です。ドイツ車の赤ってどうも似合わないですよね。やっぱりフェラーリに始まりアルファロメオ、フィアット等、イタリア車は赤が格段に映える。そして国産で赤が似合うのはやっぱり最近のマツダ。広告・CMで積極的に強調する影響もあるのでしょうか。マツダと言えばソウルレッドというイメージが定着しつつあります。

マツダ魂動デザイン

まず見惚れるのは全体のプロポーションの良さ。先代より若干、僅かにロングノーズ化したことでよりスポーティな、「走るぜ!」的なフォルムになりました。重心が後ろに乗ったように(見える)スタイリング。レクサスやトヨタみたいに奇をてらわず、シンプルでオーソドックスにまとめつつ色気を失わない。そんなスタイリングですね。マツダは全車にこうした共通のスタイリング思想を持たせて、ブランドイメージが一気に上がりましたよね。AUDIなんかのヨーロッパ車が得意な手法。国産で言ったらレクサスよりイメージ良いですね。レクサスは・・・やり過ぎ・・・。

しかしいい塗装ですね〜。のっぺりしてなくて陰影がよく強調されてます。キュラキュラしてます。

先代と比べると僅かに全高が低くなり、全長が伸びた程度でスペック上はほとんど同じサイズ感。ですが、この顔の押し出しの強さで先代よりも迫力が増して随分大きく感じるのは気のせいでしょうか。↓

それにしても見れば見るほど、近づけば近づくほど面と面のつなぎ、うねりは複雑ながらもひとつの造形物としてよく出来ている。ひとつの塊として良く造られているという気がします。こちらがグリルとヘッドライト付近↓

ボンネットでヘッドライトを押さえ込んで少し潰したようなデザイン。

このショットだけ見るとなんかジャガーみたいじゃない?

真横から↓

ボンネット先端とグリル下部が実は繋がっていない。という凝った構成です。で、そうなると毎度気になるのがボンネット先端の切れめ。

ここからボンネットが開く訳ですが、キレイな面構成を分断するように横線一蹴。せっかくボンネット先端とグリルが繋がってないデザインならここに境目を作らず、ボンネットまるごと持ち上がるようにする訳にはいかんのかいな。こんな感じに↓

最近だとBMWとかスバルなんかもそうですね。

なんで??

ま、それは置いといて。ともかく見た目はヨーロッパ車と並んでも恥ずかしくない位の出来。

ワールドクラスのスタイリングです。

PROACTIVEとL-PACKAGEの違いと装備

試乗車はディーゼルエンジンXDのPROACTIVEというちょうど中間のグレード。エンジン、安全性能、足回り等走りに関わる部分は上位のL-PACKAGEと同等。主に内装の装飾や便利装備を1ランク落としたグレード。といった所でしょうか。

L-PACKAGEに標準装備でPROACTIVEではオプション扱いの装備と、装飾の違いを一覧にしました↓

  PROACTIVEL-PACKAGE
エクステリアフロントフォグランプ
ピラーガーニッシュ(ピアノブラック)
パワーリフトゲート
インテリアインパネ・リアドアトリムデコレーションガンメタメタルウッド・クロームメッキ
パワーウィンドウ・ドアミラースイッチブラッククロームメッキ
合成皮革ステッチ付きニーレスト・アームレストパッド
ステッチ付きコンソール
ステアリングヒーター
グローブボックス植毛加工
シート10Wayパワーシート
レザーシート
運転席&助手席シートヒータ
助手席6Wayパワーシート
リアシートヒーター

△はオプションで装備可能、✕はオプションでも不可の装備です。コクピット周りの装飾と便利・快適機能の有無が大きな違いです。

更にL-PACKAGEにも標準装備されないオプションは

  • 電動スライドサンルーフ
  • ステアリングシフトスイッチ
  • CD/DVD+地デジTV
  • BOSE®サウンドシステム
  • ナビ

の5つです。

どのグレードでもCDはオプション扱い、BluetoothかUSB接続でスマホの音楽を再生して下さい。ということらしいです。時代の流れですね。

今回試乗したXD PROACTIVEには実はこれでもかと以下のオプションが装備されていました。

  • パワーリフトゲート
  • ステアリングヒータ
  • 10Wayパワーシート
  • 運転席&助手席シートヒータ
  • CD/DVD+地デジTV
  • BOSE®サウンドシステム
  • ナビ

フロントフォグランプとサンルーフ、ステアリングシフトスイッチ以外は全部付けた豪華装備。

その他にも標準装備の

  • 全車速(0km〜)追従クルーズコントロール
  • オートホールド付電動Pブレーキ
  • アダプティブLEDヘッドライト

等、地味に便利な機能はもちろん装備。

パワーリフトゲート

ステアリング右、エアコン吹き出し下あたりにあるスイッチを押すだけでリアトランクの開閉が出来る機能。

これと同じスイッチが開いたリアゲート断面にもあって荷物を積んだあと、あるいは下ろしたあとに押せば自動的に閉まる。という便利装備。

あったら便利。が、無くてもまあ別に困らない贅沢装備ではある。

ステアリング・シートヒーター

エアコンスイッチの上に並ぶのが助手席・運転席のシートヒータースイッチとステアリングヒータースイッチ。シートヒーターは3段階、ステアリングヒーターは調節なし。−10℃を超えるような真冬にはとっても嬉しいのはステアリングヒーター。現愛車レガシィでは暖まるまで手袋して運転してますからこれは嬉しい装備。シートヒーターはマックスにするとちょっと熱すぎる。低温やけどになりそう。蒸しタオルかなんか当ててる?って位熱い。

10Wayパワーシート

  • シート前後
  • 背もたれ前後
  • シート高低
  • シート角度
  • ランバーサポート

で計10Way調整です。これもあったら便利。無くても同じくらい手動で調整出来るなら事足りる。

BOSE®サウンドシステム

試乗車なんでビニールが・・・

このAピラー埋め込みのツィーター始め、ダッシュボード上のセンタースピーカやトランクルームしたのサブウーファー等で計10個のスピーカーで構成されるBOSE®サウンドシステム。

音質は・・・まあ良い。が、鳥肌が立つような、感動を伴うものでは無い。

「なんか音いいね」くらいのレベル。正直あってもなくてもいいかなぁ。というくらいのレベルです。スピーカーは良くてもメインユニットが貧弱なのかいまいち物足りない音質でした。

ロードノイズを(多分ノイズキャンセリング的な技術で)低減させる「BOSE®AUDIOPILOT™2」なるシステムも付いているけど、この効果は全然わからなかった。走行中、この機能をONにしたりOFFにしたりしてノイズの変化を感じ取ろうと努力したけど全くわからず。

アダプティブLEDヘッドライト

いわゆる「マトリクスLED」的なヘッドライトもかなり便利。オートモードでハイビームにしておけば先行車、対向車がいない局面ではハイビーム、対向車がくれば反対車線側だけロービーム。先行車がいれば全体的にロービーム。とフレキシブルにオート制御してくれていた。いや〜便利。

オートホールド付電動パーキングブレーキ

オートホールド機能をONにしておけばDモードのまま信号待ち等でブレーキを離しても電動パーキングブレーキが作動して保持してくれる。発進時にアクセルを踏めばホールドは自動解除。

地味に便利!

価格

これらPROACTIVE+オプション盛盛セットで車両本体価格は税込

¥3,466,800

同装備でL-PACKAGEにすると

¥3,645,400

17.8万円の価格差となる。ちなみに両車オプション付けず標準装備のみの価格差は29.7万円だから、PROACTIVEにオプションもりもりにした分価格差が縮まった。という感じでしょうか。

ちなみにL-PACKAGEにして付けれるオプションを全て付けた「フル装備車」のお値段は

車両価格税込¥3,731,400

となります。

インテリア

試乗車なのでビニールやらフィルムやらテープやらが見受けられるのはご愛嬌。

ご覧のとおりPROACTIVEのインテリアはこざっぱり。別段安っぽい訳でもないが、かと言って高級感が漂う訳でもない。このインテリアしか知らなければ全然問題無いけど、L-PACKAGEのそれを知ってしまうと明らかに見劣りする。

L-PACKAGEはレザーシートになるし、コクピット周りのあらゆる部分にステッチを施した合成皮革があしらわれる。スイッチ類にもクロームメッキ装飾が付いてグッグッと質感が向上する。いずれL-PACKAGEにも試乗できれば写真をばしばし撮りたいけど・・・とにかく高級感がまるで違うのは確か。あれを知ってしまうとどうしてもL-PACKAGEに惹かれてしまいますね。

視界

視界は極めて良好。普段レガシィに乗っている身としては、アイポイントが高くて見晴らし最高、気持ちいいい。サイドミラーをピラー付け根じゃなくドアに付けて、左右の視界を邪魔しない配慮も素晴らしい↑

後方視界もまずまず良好。バックでの駐車も特段問題なし。

後席はゆったり

助手席・運転席を過不足無いポジションにしてもまだこの余裕。大人4人でも随分ゆったりできる。

全車にリクライニング機構とセンターアームレストに充電用USB端子を2つ装備。これは後席には嬉しい機能。

L-PACKAGEにはリアシートヒーターも付く。

静粛性高し!

そして感心するのが静粛性の高さ。ドアを開けたままエンジンをかければもちろんディーゼル特有のガラガラ音を含んだエンジン音が聞こえる訳だけど、ドアを閉めればこの静けさ↓

今乗っているレガシィやこの前試乗したBMWの1シリーズなんかよりも明らかに一段上の静けさ。これだけで車格が1ランクも2ランクも上がったような上質感を得られる。いやはや素晴らしい。

そしてドアの閉まる音がなんだかとても上品。バタン!としないんだよね。こればかりは伝えるのが難しいけどシュタッ。と言うかコシュっと言うか。すんごく心地よく上品な音。思わず無駄に4、5回開け閉めしてしまう位、実に良く作られている。

洗練された見た目と、上質なインテリア、しつらえ良く取り付けられたドア。ううむ。いい車だ。

新型CX-5の走り・ハンドリング・足回り

エンジン

搭載するエンジンは2.2Lのディーゼルエンジン。

  • 175ps/4,500rpm
  • 42.8kgm/2,000rpm

というスペック。さすがはディーゼルだけあってトルクフルな加速です。特に登り坂では勾配をもろともせず駆け上がる感触は充分快感。平地での加速は必要にして充分だけど、言うほど刺激的ではない。ベタ踏みすると一瞬の間をおいてけたたましいエンジン音を響かせながら加速するものの、「くぅぅぅ!!!!たまらん!!」という程では無い。ディーゼル特有で後半の伸びはやはり無い。ポルシェ・マカンでもあるまいし、まあここはこれくらいで充分でしょう。

乗り心地

タイヤはノーマルで19インチのホイールを履く強気仕様です。

乗り心地は・・・正直いまひとつ。

「よく締まって硬めながらも、上質なサスペンションが硬さを充分にいなし路面に吸い付くように走る」という勝手な、しかもハイレベルなイメージを抱いたのが良くなかったのかもしれません。

SUVだからサスペンションストロークはあるはずだし、19インチから来る乗り心地の悪さはほとんど無いだろうと思っていたらこれが意外とある。やっぱり路面の凹凸をゴツゴツ、とはいかないまでもゴツコツ、くらいには拾う。ガタガタゴリっという程ではないが、カタガタコリッという位には感じる。

じゃあその分19インチのタイヤが路面に吸い付くように走るのかと言われるとそうでもなく。

まだ馴染んでないせいもあるのか、サスペンションが随分ハネるというか活きが良すぎるというか・・路面の細かい起伏にいちいち弾かれるように車体をゆさゆさ揺らしてくる。ひとりで乗っていたからだろうか。と思って試しにふたりで乗ってみると・・・なんかちょっと落ち着くような・・

ってことはもしかしたら大人4人乗って走ったらちょうどよく落ち着いて乗り心地もしっとり上品になるかもしれない。って程ひとり乗りだとハネるハネる・・。

ちなみにシートのホールド性もいまいちで、尚且つちょっと柔らかすぎるから車体が揺れる度に体がずれたり沈み込んだり。こんな調子で峠道を右に左に激しく運転してたらランバーサポートとの相性も悪かったのか腰痛になってしまった。。。

ハンドリング

んー重たい。ステアリング自体は程よい重さだけど、重たい。

車検証を調べてみると前後重量配分はフロント1020kgリア660kgで約61:39というフロントヘビー配分。

その影響なのか、右に左に細かいカーブが連続する峠道ではやっぱり重さを感じる。スイスイという感じはお世辞にもなくて、巨体をユッサユッサ揺らしながらグワグワと曲がっていく感じ。

もちろんロールもする。ぐいっと切り込むと外側にグワッとロールするけど、サスペンションの反発がいいのかカーブを曲がりきる前に姿勢を安定させようとロールが戻って来るからなんだかちぐはぐして気持ちよくカーブが終わらない。

そもそもそういう車じゃないけど、「走り」を売りにするだけにもう少し気持ちよく曲がれるかと思ってた。

いや、でもこの走りに対するネガティブな感想は先々週に試乗したBMW 1シリーズの素晴らしいハンドリングを体が覚えてしまったのが原因です。

FRコンパクトとFFベース4WDのSUVをそもそも比較するのがおかしいし、全く別ジャンルの車。がしかしBMWの前後50:50の優れた重量バランスによる並外れたハンドリングを体験してしまったお陰で、ハンドリングに対するベンチマークが相当高いところにいってしまったのは事実。

てな訳で、ついBMWのハンドリングと比較してしまって。。。

攻めの走り(!)

そんな印象だから攻め気味にスピードを上げて細かいカーブに入るのは気が引けるし、なんだか怖さも感じるの遠慮してしまったけど、せっかくなのでちょっと試してみる・・・・

と、、これが意外といいではないか!

中途半端な速度で走ろうとすると、ロールの戻りとカーブの終わりが合わずにちぐはぐするけど、かなり攻め気味に入ってロールが戻る余地の無いくらいねじ伏せながらカーブをこなすと意外。リズムが合ってきた!ここまでGを掛けると腰砕けになるかな、と思いきやそこは優れた電子制御と19インチのタイヤに助けられて寸分もタイヤがズレずに踏ん張ってついてくる。

緩い登り勾配で細かいカーブが連続する山道だったけど、ある一定の速度域を超えるとSUVとは思えぬグリップとハンドリングを見せた。「おおっ!やるではないか!」という意外な運動能力をみせた。

その代わり車内は右に左に激しく揺れ、その度に体も激しく揺さぶられたから、半ばシートにしがみつくように運転。同乗者がいればたちまち大クレームの最悪の乗り心地だっただろう。腰も痛くなったし・・・。レザーシートならいくらかましなのだろうか。

G-ベクタリングコントロールすごい!!

噂のG-ベクタリングコントロール(以下GVC)の効果を体感しようとあれこれ試してみて、恐らくその効果が最も出ていた(比較できないからわからないけど・・)のが直進時。

例えばきれいに舗装された高速道路を80km〜100kmくらいで直進巡航した時の「まっすぐ走る感」はちょっと体験したコトが無い。たいていの車はまっすぐ走ろうとしても細かいステアリング修正を伴うはずだけど、CX-5はその修正が極めて少ない。勝手にずいーーーっとまっすぐ走る。これがGVCの効果なのか。気持ちいい!

そしてインターチェンジやジャンクションの大きく緩いカーブでの走行も、たぶんGVCの効果であろう、スイーーーっと挙動変化なくきれいに曲がれた。一般道でもRの大きいゆる〜いカーブの曲がり具合はなんだか不思議なくらいスムーズ。快適。

てなわけで高速道路を長距離走るシチュエーションなんかには持って来いの車かもしれない。全車速追従型のクルーズコントロールと合わせればかなり楽に運転できる。

クルーズコントロール全車速追従機能付き

現在では特に目新しい機能でもないけど、これほんと便利。先行車がいればその動きに合わせて減速加速しながら、追従走行していく。全車速、つまり0kmから使えるから渋滞時に止まったり動いたりしてもそのまま追従してくれる。もちろん一般道でも使用可だから試しに通勤中まるまるクルーズコントロールで走行してみたけど、混雑した1車線のノロノロ地帯もストレス無く通過。

うーむこれは是非欲しい。

そしてその設定内容等はフロントガラスに照射される「アクティブドライビングディスプレイ」にも表示。これがなかなか面白くてまるで道路に書かれてるかのような焦点感覚と自然さ。

燃費

2日間の試乗でかれこれ300kmも走ってしまって、尚且つ本来ガソリン満タンで返すべき所、うっかりそのままディーラーに戻してしまった。。「全然だいじょうぶっすよ!!!」って言ってくれたけどホントごめんなさい。でもめっちゃ楽しかった。

で、燃費はメーター表示で12.0kmでした。

山道を上り下りして峠を攻めたり高速道路をかっ飛ばしたり、アクセルも激しくベタ踏みして「燃費などクソ食らえ」走行して12.0kmだからまあ良い方だろうか。とは言えディーゼルだしもうちょっと良いかな?と思っていた。でもまあ燃費走行に勤しめば15kmくらいは走るだろうか。

欲しい?買いか?

僕の個人的な結論から言わせてもらうと、

「買わない。」

ただ、それは求めるものが違うからであって、車自体が悪い、というコトでは無い。

がっしりとした殻に守られるような高剛性のボディも良かったし、数々の先進機能はそれだけで車自体の魅力を一段上げる位使いやすく便利。高級車に乗っているような静粛性も素晴らしいし、高速道路の安定感はすごい。SUVにしては良く走るしディーゼルのトルク感もいい。

が、やっぱりハンドリングにこだわる車に乗りたいかな。というのが率直な感想。CX-5は運転の快適さはかなり高いレベルにある。攻めた走りをしようなんて思わない、必要ない。となれば、この上なく快適で大きな船でクルージングしてるような安心感がある。が、「運転の楽しさ」を存分に味わいたい!という自分のような輩にはやっぱり少しもの足りない。

試乗が終わって愛車のレガシィに納まって走ると「あーやっぱこれ好き」と素直に感じてしまった。色々ガタはきてるけど、どっしり低く構えた硬めの乗り心地。カーブを曲がっても体が揺すられない接地感。やっぱSUVだからしょうがないけどロールが気になったのかな。その点は車高が低い車が有利だし、クイックイッと曲がる車にどうやら乗りたいらしい。

走れるSUVとして国産車で最も気になった車、マツダCX-5。試乗完了!

SPONSORED LINK

関連記事はこちら↓

-試乗記

Copyright© もっとお金の話がしたい , 2017 All Rights Reserved.