2016年は貯蓄額220万円、貯蓄率40%の予定!世帯として一元管理します。

公開日: : 最終更新日:2016/01/28 家計, 毎月家計簿

6db4b8860e01a7f4e6575e4f0073aa88_m

婚約に伴い、今年1月から家計管理も2人分をまとめた「世帯家計」制に移行します。

 

昨年7月からの同棲後も家計は僕個人の収入、支出を元に集計していましたが、2016年1月分からは2人分の収入をまとめたものを「世帯収入」に。

同じく2人分の支出を「世帯支出」として管理していこうと思います。

 

2人合わせていくら稼いで、いくら使って、いくら残ったか。

世帯としていくら貯蓄できたか。

 

というカタチにしたいと思います。

  SPONSORED LINK

ライフイベント含めた年間家計計画

前回お伝えした通り、今年結婚することになりました。

よって、2016年家計的には「結婚式」という一大イベントによって支出が大幅に増える予定です。

加えて2月にはプレ新婚旅行と称してオーストラリア旅行を計画中。

この2大支出が大きくのしかかることになりそうです。

 

逆にプラス要素はこちら。

家計プラス要素① ダブルインカム

言わずもがな、ダブルインカム世帯となります。

 

が、相方は都合上フルタイムではなくパートタイムで仕事をしていますので、手取り収入は概算で月12万円前後。

僕の手取りが23万円前後+その他収入。

 

これが我が世帯の基本収入パターンになります。

家計ブラス要素② 住宅手当

こちらはかなりの朗報。

4月前後より、住宅手当が付与される見込みです。上限額も高く、今の家賃ならば全額カバーされる算段です。

 

これはまさかのラッキーパンチ。家賃がまるまる浮けば年間の支出は大きく圧縮されます。

現在52520円が毎月の家賃。年間だと63万円ちょっと。

年間家計計画

スクリーンショット 2016-01-25 13.55.55

↑昨年の実績を元に、予定される収入・支出・毎月積立額等を入力し概算しました。

 

以下予定値です。

世帯収入¥6,523,214(税引き前)

世帯貯蓄¥2,261,068(積立投資含む)

世帯貯蓄率 40.4%

 

海外旅行と結婚式を考慮しても貯蓄率40.4%、貯蓄額約220万円は可能と見ています。

 

上記数字は現時点での最低限達成されるであろう数値です。堅い数字です。

この数字を元に目指すべき数値は貯蓄率45%、貯蓄額250万円といったところでしょうか。

支出・貯蓄割合

スクリーンショット 2016-01-25 14.07.25

貯蓄率40.4%を想定した場合の支出と貯蓄の割合です。

旅行、結婚式費用はまとめて遊興費に算入。結果全体の3割が遊興費となっています。

 

貯蓄40.4%の内訳は

  • 積立投資 168万円
  • 現金残   58万円

となっています。

 

その現金残額の年間見通しはこちら↓

スクリーンショット 2016-01-25 14.12.01

全て予定値です。

緑の棒グラフが月間の残高を、青い線グラフがその累計を示します。

2月、6月は支出増で月間はマイナスです。その分を他の月で取り返して10月に累計が黒字化の予定。

年間トータルで¥581,000という試算です。

初の世帯管理。2人で共通の意識を。

概ね以上の様な予定で今年2016年の家計を進めていきたいと思います。

 

もちろん僕自身も世帯として家計を管理していくのは初めての経験なので、探り探りの部分が色々と出てきそうです。

が、相方と認識を共有しつつ、「2人でいくら貯める」という心づもりでいければと思います。

 

毎月末には各々の月間支出を取りまとめて、「今月はいくら使っていくら貯蓄できたのか」という話を意識的にするようにしています。

あまり家計管理自体に縛られないように緩める所は緩めていこうと思いますが、どうやらこの先も家計を取り仕切る役目はわたくしモッティが担うことになりそうです。

 

相方はいわゆるマネーリテラシーがあまり高くなく、今まで家計簿というものにも無縁だったそう。

「ひとりなら良いけど、これからはそういう訳にもいかないよね〜。」

という訳で日々の支出をしっかり把握してもらうことにしました。

 

日々→月間→年間と貯蓄の意識も高める方向で再教育中です(笑)

今年はライフイベント費が多大であまり貯蓄が出来ないですが、2017年以降は年間貯蓄400万円、貯蓄率50%以上をひとつの目標にやっていきたいと思います。

ひとまず今年はできる所からコツコツと。

SPONSORED LINK



Comment

  1. ステファン より:

    奥さまが、これまで家計簿とは無縁な自由気ままライフだったということで、
    急にあれこれやっちゃうと「窮屈さ」を感じないか心配です!

    同棲期間中にマネーリテラシーがある程度高まっていればよいのですが…

    • モッティー より:

      こんにちは!
      そうなんです、その辺りのさじ加減には気をつけるようにしています。

      徐々にでいいと思っているのでゆっくりやろうと思います。
      今のところ、、、いいペースだと思います。

  2. へすすなばす より:

    奥さまの収入は年間144万円くらい?
    それなら130万以下にして、社会保険は扶養にいれたほうがお得かも。
    すでに計算されててら、失礼しましたぁー。

    • モッティー より:

      そうですね、単純に年収計算するとそうなるのですが、、、色々と諸事情がありましてですね、、扶養には入れずにやっていくことになると思います。

      ともあれ、ご指摘ありがとうございます!!

  3. はやし より:

    初めまして、コメントっせて頂きます。
    自分の投資信託を始めていたものの、あまりに適当にやっていたのを、
    今年はしっかりと勉強をして計画的に・・・と思っていろんな方のHP、ブログを見ていたところで、
    こちらのブログを拝見させて頂きました。
    そして、ご結婚ということで初のコメントも恐れながら書き込みさせていただいています。
    おめでとうございます。
    自分と同じ世代であり、そして業種は違うものの、同じような労働環境の下での日々の家計のやりくり。。
    勉強になることばかりです。
    これからもぜひとも勉強させていただきたいと思います。
    また、ブログの相互リンクに関しては何か基準など設けていらっしゃいますか?

    • モッティー より:

      初めまして、コメントありがとうございます!!

      当ブログが少しでもその勉強のお役に立てたのなら・・・大変うれしく思います。
      他のブログを見ているともっと厳密にしっかりやっている方もいて、僕自身も割りと適当な方なんだなと感じたりします。
      でもまあ、探り探り自分に合うやり方でいいと思うんですよね。

      日々の家計のやりくりはすぐに結果が出ないし、地味な作業の繰り返しです。
      でも年単位で続けていくと徐々に目に見えるカタチになっていきますよね。
      何事もコツコツやることは大事なんだと痛感します。
      相互リンクの基準は特に設けていませんよ。しいて言うならば、、、直感?ファーストインプレッション??でしょうか (笑)
      完璧に独断です。

  4. DA より:

    お義母さまの夢ならば結婚式の資金は
    相当援助があってもおかしくないとおもうのですが
    ないのですかね?

    口だけはだす??

    • モッティー より:

      もしかしたらそうかもしれませんが、ハナからそれを当てにして動くのもおかしな話ですから。

      お祝いとして頂いたらありがたく頂戴しますが、
      自分たちの資金でやる心づもりでいきたいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL

google+ twitter facebook

follow us in feedly
PAGE TOP ↑