2016年1月の2人暮らし家計簿。今月は「貯める月」貯蓄率は50%突破!

公開日: : 毎月家計簿

-shared-img-thumb-ELFA_45IIMG_1521_TP_V

2016年1月度の家計簿です。

今年から各々別管理だった家計を世帯として一括管理しています。

 

2人でいくら稼いで、いくら使って、いくら残ったか。

という事を把握出来るようにしていこうと思います。

  SPONSORED LINK

今月はしっかりと黒字を残す月

今年は大きなライフイベントが2つほどあります。

2月のオーストラリア旅行と6月の結婚です。この2つでどうでしょう、、160万円程の支出になるでしょうか。

 

ひぃ!!!

 

年間の家計計画でも2月・6月は大赤字の予定です。

それでも1年通して220万円ほどの貯蓄(貯蓄率40%)以上は見込めると判断しています。

6db4b8860e01a7f4e6575e4f0073aa88_m2016年は貯蓄額220万円、貯蓄率40%の予定!世帯として一元管理します。
婚約に伴い、今年1月から家計管理も2人分をまとめた「世帯家計」制に移行します。 昨年7月からの同棲後も家計は僕個人の収入...

 

そのためにはそれ以外の平月でどれだけしっかりと黒字を叩き出せるかがキーポイント。

「貯める月」「使う月」のメリハリをつけていかなければなりません。

 

と、いう訳で1月の家計簿にいってみましょう。

 

まずは一覧↓

スクリーンショット 2016-02-05 10.44.18

こんな感じになりました。

 

一応最初に断っておきますが、相方は実家の家業にて勤務をしています。

その関係で支出の一部(携帯代・ガソリン代等)が会社の経費となっており、それらについては当然モッティ1人分の支出となります。

極一般的な世帯とは若干違う部分もありますので、その辺り考慮して頂ければと思います。

 

ではでは、いってみましょう。

収入 ¥555,090

  • 給与  ¥418,000
  • ブログ ¥137,090

給与は僕の分が総支給額、相方分は手取りで合算しています。

内訳は総支給額290,000円+手取り128,000円で計418,000円。ややこしくてすみません。。

 

ブログ収入はこの時期が1年で一番良い時期です。

これから春〜夏に向けて徐々に下がってくると予想されます。

年末調整の記事がね、だいぶGoogleさんから評価頂けたみたいでしてね。

11月〜1月頃まではアクセスが伸びました。

水光熱 ¥23,734

  • 電気 ¥9,662
  • ガス ¥14,072

水道代は今月はありません。隔月請求です。

ガス代。とうとう14,000円を突破してしまいました・・・。暖房代ですね。

電気代も同じく。バルミューダのスマートヒーター使ってます。

税・社会保障 ¥46,855

  • 厚生年金  ¥24,959
  • 所得税   ¥6,540
  • 雇用保険  ¥1,482
  • 健康保険  ¥13,874

こちらは前述の通り、モッティ分のみの記載です。

前々からの名残で税社会保障費にも経費感覚を持つべく毎月記載しています。

相方の分は入ってません。ややこしいので。

食費 ¥65,244

  • 外食 ¥12,642
  • 食品 ¥52,602

体感よりもいってしまいましたね。「外食12,000円!?そんなに行ったっけ?」という会話があり、振り返ってみましたが確かに3回程外食していました。

もうちょっと抑えられそうですね。

食料品費、2人で52,000円。これは多いのか少ないのか。

調べてみると平均は3万〜5万だそうで。平均よりだいぶオーバーしていますがまあ良しとしましょう。

 

食べることは生きること。ここをカツカツにしていいことはあまり無いと思います。

通信費 ¥1,211

  • 携帯代 ¥1,211

こちらがモッティのみの部分。相変わらず1000円台前半です。

7GB までの通信量でテザリングもしてますが、なんとか毎月この中に収まっています。安い!!

ちなみにSoftBankのiPhone6です。

車関係 ¥3,757

  • ガソリン代 ¥3,757

今月は2月の旅行を鑑みて、遠出を自粛。ほぼ生活に必要な分のガソリン代しか使ってませんね。

にしても原油価格が下がってきて先日はハイオク110円で入れました。

 

一時200円に迫る時期もあっただけに助かりますね〜

 

原油価格の下落とともに株式市場も下落していますがそれは全然OK。安く仕込める時期と割りきって淡々と積立投資です。

必要経費 ¥65,539

  • 日用品 ¥1,729
  • 保険  ¥27,050
  • 体   ¥36,760

今月のトップ支出項目がこの「必要経費」部門でした。

 

まずは保険。契約しているSBI損保の自動車保険が満期を迎えましたので、同内容で継続契約をしました。

契約内容については下記参照↓

wallpaper自動車保険を一括見積もりしてソニー損保からSBI損保に変更!
こんなリッチな車には乗ってませんので。念のため。 来年2月の満期まで2ヶ月を切った所で自動車保険の契約先を変更しました。契...
  • 対人対物無制限
  • 人身傷害無制限
  • 車両保険無し
  • ファミリーバイク特約
  • 弁護士費用特約

ポイントとしてはこんな感じです。前回とまったく同じ契約内容にも関わらず保険料は4,000円ほど上がりました。値上げですね。

 

そして「体」費用。

医療費とかマッサージとか、体のメンテナンスに関わる支出はこの項目。美容院代もここに入ります。

今月は相方のコンタクト代と2人分のインフルエンザ予防接種費が入っています。

予防接種は2人で7,000円ちょっと。

 

旅行前後にインフルエンザに掛かったら大事ですからね。受けました。

積立投資 ¥140,000

  • NISA    ¥117,000
  • 確定拠出年金 ¥23,000

1月分から積立額を増額しました。いつまでこの額を継続出来るかわかりませんが、出来る内に。というつもりです。

毎月の貯蓄額・貯蓄率はこの積立投資分の14万円と現金の残額を合わせた金額で計算しています。

 

積立投資は毎月変わらず実施するので、家計が赤字だろうと変わらず続けていきます。

「貯める月」の任務完了

さて気になる今月の貯蓄率ですが、、、

スクリーンショット 2016-02-05 9.51.31

となりました!

 

その割合↓

スクリーンショット 2016-02-05 9.51.42

生活費支出が全体の41.7%。やはり食費・必要経費が大部分を占めています。

これ、別に無理しなくてももうちょっと抑えられるはず。

とは言え、食費はまず外食を少なくすること。それだけでだいぶ変わるはずです。

 

貯蓄額は、、

¥283,576

 

まずまずですね。

コンタクト代&車の保険代が少々足を引っ張りましたが、貯蓄額が単月で50%を超えれば概ねOKと思います。

 

平月で大体これくらいの金額は貯めれる訳で、これを12ヶ月続けられれば年間330万円にもなります。

今年はムリですが、来年はその金額を目標にしたいですね。

 

という訳で1月の世帯家計報告を終わります。

SPONSORED LINK



Comment

  1. ステファン より:

    更新待ってました!
    やっぱ食費は削れませんよね。同意です。
    2人でも貯蓄50%越えっすか、いいなー。

    • モッティー より:

      コメントありがとうございます。

      食費って節約の苦労とその効果が全く見合わないと思うんですよね。費用対効果が低い。
      外食を少なくするのは有効ですが、食料品を削っても大した効果はなし、むしろそこで節約出来た気になって「ご褒美」と称して他で使ってしまう気がして・・・

      来年は年間で50%超えを目指します〜

  2. ハヤシ より:

    凄い貯蓄率ですね。。。

    自分も今年は家計簿つけて、しっかり把握しようと思います。(今更ながら)
    なんとなくつけてただけだったのですが、しっかり内容も吟味しないとな、、と感じました。

    プレ新婚旅行楽しみですね!
    自分もおととしの2月、新婚旅行でトルコに行きました。
    夏のオーストラリア!職業柄、オーストラリアと聞くと、ダイビングをオススメしてしまいます(笑)
    もしよければ、ぜひ体験してみてください!

    • モッティー より:

      こんにちは!

      やはりマネープランをたてる上で家計簿は基礎の基礎だと思っています。
      この基礎をどれだけしっかり出来るかが全ての始まりです。
      今年は色々厳しいですけど、来年は年間通して50%以上の貯蓄率を狙います!!

      いや〜、ダイビングは間違いなさそうですよね!!
      真夏のオーストラリア、やっぱ海ですね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL

google+ twitter facebook

follow us in feedly
PAGE TOP ↑