2014年上半期家計。通算¥−23万円の大幅赤字

公開日: : 家計, 毎月家計簿 ,

HIR93_sofa-deneteiruneko500

あぁ。。なんてこった。。

 

あっという間に2014年も半分終わりました。

これを機に2014年上半期の家計を総括したいと思います。

  SPONSORED LINK

とはいえ想定内です。

タイトルにあるように2014年1月〜6月までの上半期は約23万円の赤字です。

※手元に残らないお金ということで投資分も支出としてカウントしてます。

 

ちょっと見難いかもしれませんが半年分の家計内訳を御覧ください。

スクリーンショット 2014-07-07 17.26.35

1月・4月・6月のマイナスが大きく、今年1月からの現金の累計は¥−230,766。

つまり貯金を取り崩している状態ということです。

 

が、しかし。これ。一応予定通りの内容です。

支出の大部分は国民年金・税金

この半年間の支出内訳はこちら。

スクリーンショット 2014-07-07 17.35.23

 

※繰り返しになるが手元に残らないお金ということで投資分も支出としてカウント。

ご覧のように支出のおよそ50%を税金・社会保障が占めています。

通信費は1.4%、投資が15.5%、

生活上不可欠ではない娯楽費や買い物費に当たる「遊興費」は2.2%と、

中身を見てみると至って良好(?)な内容です。

国民年金、追納後納前納。

スクリーンショット 2014-07-07 17.46.01

この表はこの6ヶ月間の税金・社会保障費の内訳。

一番左、1月の国民年金費が147,860円ですね。これは昔、払ってなかった・免除されていた分を後納・追納した分。

参考: するべきか否か!?国民年金追納。お金がないからこそ追納した!

 

そして4月の国民年金184,460円は来年3月分までの1年前納分。

参考: 国民年金は前納&クレジットカード払いでしょ!通知書が届きましたよ。

住民税3期分

そんでもって6月には住民税の納税。

年税額12万円を4期に分けて支払うスケジュールで納付書が添付されて来ましたが、

年内に支払い期限がある3期分=90,000円をまとめて支払っちゃいました。

参考: 年収293万円。住民税額は12万円ぴったりでした。

2014年下半期、巻き返します。

国民年金の追納分と前納分合わせて332,320円

住民税90,000円

2つ合わせて422,320円の支出が上半期に集中したと同時に、

この6ヶ月で428,000円の投資も行っています。

 

その上で現金約23万円のマイナスに留まったということは、

まあ、なかなか良い。ではないでしょうかね。

2014年末には+12万目標。

今年の住民税、国民年金の支払いはほぼ終わってるので下半期には税金、年金関係の支払いは一切なし。

もちろん毎月60,000円の積立投資も行いながら、

2014年末には最終的に120,000円のプラスに持っていく予定、いや、持っていきます。

年間投資額788,000円と合わせれば資産的には約90万円のプラスになる予定です。

 

まあ、万が一現金がマイナスで終わっても投資分があるから資産的にはプラスなんでしょうけど

それじゃあなんだかねぇ。。

 

手元に120万円くらい生活防衛資金として確保した上でバンバン投資に回していきたいんですよね。

低所得者。まだまだ先は長いです。

 

SPONSORED LINK



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL

google+ twitter facebook

follow us in feedly
PAGE TOP ↑