2014年9月、31歳独身の家計簿。貯蓄率62%。

公開日: : 最終更新日:2014/10/05 家計, 毎月家計簿 ,

EFL_jellybeans500

9月終了。恒例の家計簿記事になります〜

貯蓄率は約62%、生活コストは101,303円と、中々の数字になりました。

  SPONSORED LINK

家計簿はやった方がいい

家計簿。

と聞くと、毎晩レシートを机に並べて電卓叩いてノートに記入するようなイメージを持たれるかもしれません。

「続かないんだよね〜」という声も聞こえそうですが、、そんな手間の掛かるやり方ではやってないので随分継続して出来ています。

 

僕の家計簿スタイルは、、、

まず、普段「お金を使う度に」スマホアプリに記録をすることから始まります。

その記録方法も例えば

  • 食料品
  • 日用品
  • 娯楽費
  • ガソリン代
  • 外食代・・・

という様に大項目で分類しています。

※あまり細かくし過ぎないのが良い

blog_import_5368fc0ef313f

↑アプリのキャプチャ。

 

この「お金を使う度に記録」というのがミソで、1日の終りにまとめて記入する場合に比べて遥かに負担が軽い。

コンビニでなんか買ったらアプリに入力。

スーパーで買い物したらアプリに入力。

という様に一度習慣化してしまえば、全く苦になりません。

 

そうして蓄積された1ヶ月分の支出データをエクセルシートに入力。月末に眺めてざっくり分析する。というスタイルです。

エクセルシートは1年分の支出がズラッと並べて見れるようにしてあるので、年間の支出予想だったり貯蓄見込み額、あるいは時期ごとの傾向を予想するのにも重宝しています。

こんな感じ↓blog_import_5368fbbadd5c6

このスタイルで家計簿を始めたのは2011年なのでもう4年目ですね〜。

家計簿のきっかけ

「家計簿やろう!」

と思ったきっかけはクレジットカードを多様するようになったから。です。

カードのポイント還元を狙って、可能なものは全てカード経由での支払いに切り替えたのがちょうどその頃。案の定ポイントはよく貯まるようになって、その還元でいくらかの節約をすることにも成功しました。しかしその反面、「毎月の収支がわからない」という状態に陥りました。

 

そりゃそうです。カード利用分の引き落としは1ヶ月〜2ヶ月後に行われるのが常なので、当月が赤字だったのか黒字だったのかが全くわからない。

「ちょっとこれはまずいな」と直感的に思い、月ごとの収支を見える化しよう!と家計簿をスタートさせました。

 

この見える化が実は大事で、実際に数字を露わにすることでより深く反省できたり支出にブレーキを掛けてくれる効果を発揮するようになります。

特にひとり暮らしは要注意ですね〜

支出にブレーキを掛けてくれる人がいませんからね。アクセルもブレーキも自分でコントロールせねばなりません。

アクセル踏みすぎちゃってガス欠・・・ みたいな事にならないようにまず家計の把握をして見える化、をオススメします。

2014年9月家計簿

前置きが長くなっちゃいましたね。。では早速スタート。

まず始めに9月の収支一覧表を↓

スクリーンショット 2014-10-03 9.51.57

9月は以上の様な結果となりました。

※「現金をいくら残せるか」というスタンスで家計簿を作成しているので積立投資分の60,000円も支出の一部としてカウントしています。

 

ちなみにこの表も含めた「家計簿エクセルツール」は当サイトにてダウンロード公開中です。興味のある方はダウンロード後、自分仕様にカスタマイズするなり自由に使って頂ければと思います。

 

そして前年同月比較↓

スクリーンショット 2014-10-03 9.52.29

通信費と遊興費以外は前年同月を下回っていますね。

それでは各項目をざっと見ていきましょう。

収入 ¥336,944

9月に貰う給料は通常月(24万円)に比べて10万円プラスの34万円です。

これはボーナスではなく、悲しいかな単なる残業代です。というのも、毎年8月は超繁忙期につき1ヶ月間マジで休みゼロで働いています。正確には7月末から9月初めまでの35日間程を連続で勤務していました。 っていうか休みゼロでたった10万のプラスかよって言うのがホンネです。。全く。ブツブツ(-“-)

まいいや。

その他収入は物販によるもの。オークションからの収益ですね。

水光熱 ¥11,600

ひとり暮らしなのでこれくらいが普通? どうなんでしょう。

ただ、ガスはプロパンのため年間でもっともガス代が低くなるこの時期でも5,000円弱。これから冬に向けてぐんぐん上がり、真冬には恐らく7000円オーバーの予定。これはもうどうしようもないですね。最近は使ってませんが備え付けのガスヒーターを使用したシーズンは月のガス代14,000円なんて時もありました。都市ガスに比べかなり割高です。

夏は冷房を一切使わないので毎年この時期がもっとも水光熱費が低くなっています。

税・社会保障 ¥16,000

僕の職場には社会保険がありません。社会保険に加入しないということには従業員に対する経営者の考え方そのものが反映されている様な気がしますね。ブツブツ(-“-)。。

その関係で所得税以外は全て自分で支払っていますが、4月に1年分の国民年金保険料前納済、6月に今年分の住民税納付済みのため、国民健康保険料以外の支払いはありません。

民間の医療保険、生命保険等の加入は無し。高額療養費制度を使える国民健康保険だけで充分です。

食費 ¥31,414

外食をほぼせず、自炊オンリーで過ごした割に久々に3万円オーバーとなりました。あまり飲まない方ですがスーパーでたまに買う酒代等も食料品項目に含まれています。そう考えると1日あたり1000円はまあ妥当な数字かもしれませんが、個人的には3万円は切っていたい。

と言いながらも食費に関して節約する意思はほとんどありません。外食を減らすのは確かに有効な節約手段だと思います。が、食料品費の節約は努力やそれに伴うストレスが大きいのに対して、肝心の節約効果はかなり薄いと思います。割に合わない。

ので、まあさほど気にしてません。

通信費 ¥3,815

現在固定インターネット回線は無し!iPhoneのテザリングでパソコンの通信もまかない中です。

当のiPhoneは一括0円にて購入したので7GBまでのパケット定額を付けて毎月3,500円以内には収まってます。だいたい毎月末には7GBを超えて速度制限くらってますが、AUの制限は「使いもんにならん!」様なひどいものではなく特に不自由は感じません。

各携帯会社は必死に「実質0円」をアピールしますが、実質0円と一括0円のお得度は雲泥の差です。一括0円を実質なんちゃらに置き換えれば「実質−7万円」みたいなもんです。

かしこく使い倒しましょう。

遊興費 ¥19,600

先日もお伝えしたパスポート更新料が16,000円、よく行く温泉の回数券購入が3,000円といった内訳です。

パスポート更新料をどの項目に入れるべきか悩みましたが、とりあえず遊興費にぶっこんでおきました。

生活に関わらない遊興費は実は支出の大部分を占めてしまうことが多々あります。去年、一昨年あたりは酷かった!

極端な対策としての「買わない、遊ばない、出かけない」3ない作戦はかなりの効力を発揮。

ま、かなりしんどいですけどね。効果は大きいですよ。

年間現金残高

スクリーンショット 2014-10-03 9.52.42

上記グラフは2014年各月の現金残高(緑棒グラフ)とその累計推移(青線)を表したものです。

9月までは実績値、10月以降は予想値です。

 

1月・4月の年金前納&追納と、6月の住民税支払いによって長らく赤字経営が続いていた2014年もやっとこさ9月で黒字転換できました!!!予定通り!!

※毎月投資分6万円も支出としてカウントしてます

あとは年末に累計現金残高をいくらに出来るかですね。6月の時点では12万円と目標設定していましたが、現在のところ16万円くらいには出来そうなので上方修正中。

貯蓄率

さて今月の貯蓄率は、、、

スクリーンショット 2014-10-03 11.51.02

2ヶ月連続の60%超えとなりました!

ちなみにこの貯蓄率は、収入から税・社会保障費を差し引いた「手取り額」に対する現金残高と投資額合計の割合です。

 

そして年間推移と各年比較↓

スクリーンショット 2014-10-03 9.52.58

 

やはり夏は生活コストが低く(9月は¥101,303)貯蓄率が最も高くなる傾向にあります。過去2年も概ねその傾向。

問題はここから冬に向けての3ヶ月ですね。恐らくこのまま行けば年間トータルでも過去2年を上回る成績を残せる見込みですが、油断禁物。

60%台は、無理だとしても40%台で推移出来ればと思います。

それでは今月はこのへんで。

SPONSORED LINK



Comment

  1. 素晴らしい貯蓄率ですね!

    確かにクレジットカードで支払うと、今月の収支が見えにくくなりますよね。
    そして、現金で支払うときよりも痛みをあまり感じない気がします。
    財布から現金を出して支払うときは「あ~お金が去っていく~」と思ってしまうのに、カードだとお金を勘定する作業がないためか、あまり痛みを感じないんですよね。

    • money-motto より:

      ありがとうございます 笑 
      最近ようやく生活コスト節約の効果がでてきました 笑

      そうなんです、現金支払に比べて電子マネーとかクレジットでの支払いは実際よりも低く体感してしまうらしいですよ。 NHKの番組でこの辺りの話しをしていて興味深かったのでブログでも取り上げてみました。

      そう考えるとクレジットカードって怖いですよね。。。

  2. 矢向 より:

    初めまして。貯蓄率高いですね。

    クレジットカードを使っています。どうしても通信販売でいろいろ買ってしまうと着払いよりもカード払いになってしまいます。

    • money-motto より:

      初めまして、コメントありがとうございます。

      おかげさまで中々の貯蓄率になりました!
      ネットショッピングやカード払いは圧倒的に便利な反面、金銭感覚を狂わせる怖さがありますよね。。 

      ただ、しっかり管理しながら使えば節約にも効果を発揮する代物だと思っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL

google+ twitter facebook

follow us in feedly
PAGE TOP ↑