2014年8月、ひとり暮らしの家計簿。貯蓄率58%!

公開日: : 最終更新日:2014/09/03 家計, 毎月家計簿

ELL89_ookinahimawari20140812500

長い長い8月が終わりました。。。

 

僕の本業は飲食店従業員であります。

その飲食店。場所柄8月が大繁忙期につき、1ヶ月間無休で営業しておりました。

すなわち、従業員も無休なわけです。

7月末から9月初めまで約35日間の連続勤務。この1ヶ月間はブラック企業ですわまじで〜

  SPONSORED LINK

2014年8月度家計簿。貯蓄率高。

そんなこんなで8月の家計簿ですが、毎日生活&仕事しかしてないので大変優秀な内容となっています。

支出は生活に直結するような最低限のものばかり、貯蓄率も60%に迫る勢い!

 

ある意味、「生活&仕事する以外に何もしなければこれ位に支出は抑えられる」という模範的内容になっております。

それではスタート。まずはざっと一覧を。。

スクリーンショット 2014-09-01 16.48.32

スマホの方、見難くてスミマセン。↑クリックで画像表示されますので拡大してチェックしてみて下さいね。。

 

では、詳細を見て行きませう。

収入 ¥244,903

給与収入はいつもどおり。24万円から所得税&雇用保険料のみ天引きされて支給されています。

その他収入内訳は、

  • Googleアドセンス   9,469円
  • 県民共済割戻金    1,844円
  • 口座開設キャンペーン 1,000円

以上です。

Googleアドセンスについてはこちらを。

 初めてのgoogleアドセンス収入を得て快感。

 

県民共済割戻金は、昨年12月から今年5月まで約半年加入していた県民共済医療保障の割戻金です。

毎年8月に振り込まれるみたいです。

 

マネックス証券で口座開設したら1000円もらえました。

家賃 ¥43,000

変動なし。間取り1LDK、57㎡。

税・社会保障 ¥16,000

国民年金は4月に1年分を前納済。

住民税も6月に今年分を一括支払い済。

あとは国民健康保険料を毎月払っていくのみです。

食費 ¥24,759

当然外食はゼロでした。

食欲が無かろうがとにかく食べないと35連勤は乗り越えられないぞと、食料品は買いたいもの食べたいものを躊躇せずに購入。

3食しっかり食べることを心がけていましたが、その割には25,000円以下に収まって満足です。

ただ、相互リンク先のブログで「毎月9,000円程度に収まっている。」なんていうエントリー発見。

衝撃。

外食無しで25,000円は使いすぎかな〜と悩む日々。。

通信費 ¥3,230

こちらも変動なし。

AUのiPhone5c、そのテザリングを活用してPCのネットも賄ってます。

つまり携帯代&インターネット代合わせて3,230円です。

 

都度iPhoneをPCに接続する手間&月間7GBまでのデータ量(超えると速度低下)は気にしなくてはなりませんが、LTEの速度も充分だし何と言っても低コスト!

車関係 ¥2,295

通勤と生活必需品買い出しにしか車を使っていないのでガソリン代はこんなもんですね。

 

ちなみに現在のガソリン単価175円で割ると消費量は13L。高いな相変わらず。。。

必要経費 ¥2,263

こちらも生活必需品支出。

特筆すべきことはありません!

現金残 ¥81,723

積立投資に計6万円回した上でのこの現金残は上々ですね。

積立投資&現金残を貯蓄とすれば計14万円程にもなります。

 

最低限の支出に抑えればこれだけ残すことが出来るんですね。感激。

 

当然ながら遊興費支出はなしでした。

前年同月比

支出が最低限必要なものしかなくてコンテンツ的に何だかつまらない・・・ので次は前年同月比較。

スクリーンショット 2014-09-01 16.48.41

ちなみに去年の8月も同じように連続35日勤務の休みなし生活でした。

条件的には同じなので良い比較になるかと思います。

 

去年は国民年金が毎月支払いだった上、8月に住民税2期分の支払い、そして放置違反金の支払い(詳しくはこちらの記事を)があったので税・社会保障費が大きく跳ねています。

その他も微減ではありますが、今年の方が抑えられていますね。

水光熱費も食費も、消費増税に負けじと支出減。なかなかですな。

 

全体的な支出は前年より抑えつつ、投資もして尚且つ現金残は大きく伸びる。最近はこの傾向が続いています。

いい状態ですね。

現金残の年間推移

スクリーンショット 2014-09-01 16.50.15

 

さて前月7月にもお伝えしましたがこちら2014年1年間の毎月現金残と年間累計のグラフ。

8月分までは実績、9月以降は予想です。

上記青線グラフの通り8月現在、まだ累計で−82,000円程の赤字です。

 

これは国民年金の前納・追納、住民税の支払いによる所が大きいので仕方ないと言えば仕方ないんですが、それでもやっぱり年間では黒字に持って行きたい所。

※積立投資分も支出としてカウントしてます。あくまで現金の残りという意味で。

 

ただ7月からの下半期は毎月黒字化。

来月9月末には累計でも黒字に転じ、年末には+15万円程の見込み。

先月7月末時点では年末で+12万程としていたのでこちら上方修正です。

貯蓄率の推移

今月2014年8月の貯蓄率は

スクリーンショット 2014-09-02 8.30.08

なんと60%弱。

8月は支出が年間で一番低い月。我ながら見事な数字です。

 

貯蓄率とは、

可処分所得に対する貯蓄額の割合のことです。

「可処分所得」とは「給料から税金や社会保障費等の必ず支払うべき支出を引いた額」です。

いわゆる手取り額のことですね。

貯蓄額は僕の場合だと毎月の現金残+積立投資分を合わせた額になります。

 

ところで僕は国民年金・住民税・国民健康保険料は自分で支払っています。

そして前述のとおり年金・住民税はすでに今年分を一括支払いした関係でここ数ヶ月の手取り額は必然的に多くなっています。

逆に支払いがまとまっている時期は手取り額が激減しています。

これから出てくる貯蓄率推移はにはこの前提がありますので一応ご注意を。。

 

スクリーンショット 2014-09-01 16.50.37

緑の実線が今年2014年、赤点線が2012年、青点線が2013年です。

 

上記グラフを見ると年金1年分を前納した4月は−120%に迫っていますが、その他は概ね過去2年の実績を上回る状況です。

このまま行くと年間トータルでは40%前後になる見通し。

 

ちなみに過去2年の年間トータル貯蓄率は

  • 2012年  12.9%
  • 2013年  8.5%

でした。

 

2014年は過去最高の貯蓄率となりそうです。

 

以上、独身ひとり暮らし31歳オトコの2014年8月家計簿でした!

SPONSORED LINK



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL

google+ twitter facebook

follow us in feedly
PAGE TOP ↑