2014年5月末のNISA資産状況&アセットアロケーション。

公開日: : 最終更新日:2014/12/02 資産状況 , , , ,

9c43ddf0f7c93d6bfa0eef39cc2806be_s

確定拠出年金に引き続き5月末のNISA資産状況も。

NISAがスタートした2014年1月からの積立スタートです。

つい最近はNISA制度の拡充に関するニュースも流れてきましたね。

 

僕個人的にはいずれ恒久化するんではなかろうかと勝手に期待&推測しています。

 

ちなみに、僕自身の積立投資がスタートしたのも2014年1月。

現在確定拠出年金とNISAのみで積立をしており、それ以外の口座はありません。

すなわち全ての保有資産が非課税口座内にあることになります。

もっと早くに積立を始めれば良かったと日々反省していますが、この点に関しては遅く始めたメリットでしょうか。

それでは本題に入ります。

  SPONSORED LINK

NISA2014年5月末状況

このようになっています。

スクリーンショット 2014-06-03 13.52.36

全体のリターンは3.96%、

総資産は90451円です!少なっ

現在の毎月積立額は20000円、まだ5ヶ月目なのでこんなもんですね。少しさみしいですが。

アセットアロケーションは

blog_import_5368fdbed95fb

より低コストなファンドを選択した結果、確定拠出年金内では株式偏重なアセットアロケーションになりましたので、

NISAでは債券比率が50%と高めです。

このアセットアロケーションで

リターン  6.19%

リスク   10.7%

と見積もっています。

 

確定拠出年金、NISA両方合わせてこんな感じのアセットアロケーションになるようにNISAでも各株式クラスをちょこっと積立ています。

ポートフォリオはこちら

  • ニッセイ外国株式インデックス
  • SMT新興国債券インデックス
  • SMT TOPIXインデックス
  • SMT国内債券インデックス
  • SMT新興国株インデックス
  • SMT J-REITインデックス
  • ニッセイグローバルREITインデックス

の7つを積立ています。

 

確定拠出年金内での積立ファンドもそうですが、各ファンドの選択基準はコストです。

コストを基準に選んだ結果、全てインデックスファンドとなりました。

 

すなわち僕が現在保有しているファンドは全てインデックスファンド。

ということになります。

 

「様々な投資手法を試してきたが上手く行かず、最終的にインデックス投資に落ち着いた」という流れでインデックス投資を実践されている方が多くいるように思いますが、これからは僕のように「いきなりインデックス投資」で投資を始める人も多くなるのではないかと推測します。

 

低コストなインデックスファンドへの毎月積立でほったらかし運用するのは、手間がかからないし何より自分自身に合っていると思うので無理なく続けられる気がします。

 

コツコツ頑張ります。

SPONSORED LINK



Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事のトラックバック用URL

google+ twitter facebook

follow us in feedly
PAGE TOP ↑